ジョギング初心者必見!必要なグッズやランニングとの違いって?

これからジョギングを始めようと考えている人の中には、何から始めたらよいのか分からない、ジョギングでどのようなことに気をつけたらよいのか分からないという方もいるのではないでしょうか。どのようなグッズが必要なのかも、まったくの初心者にはわからず、初めるのにハードルが高いポイントですよね。今回は、ジョギングに必要なグッズや効果的な走り方をご紹介します。ランニングとジョギング の違いについても解説しますよ。

記事の目次

  • ジョギングとランニングの違いって?
  • ジョギングを始める前に揃えておきたいグッズ
  • ジョギングをするときのポイント
  • ジョギング初心者もこれで安心!

アイキャッチ画像出典:PIXTA

ジョギングとランニングの違いって?

疑問

ジョギングとランニングでは、目的と強度に違いがあります。ジョギングとは、ウォーキングよりもやや速いペースで、息が切れない程度にゆっくりと走ることです。目安として、1キロを8分〜10分で走るくらいが良いでしょう。

 

一方のランニングは、ジョギングよりも速いペースで、息が弾む程度の速さで走ることです。目的に合わせてペースの調節をおこないましょう。

ジョギングを始める前に揃えておきたいグッズ

グッズ

出典:PIXTA

ジョギングを始める前に、ジョギングに適したアイテムを揃えておくと気持ち良く効率的にジョギングがおこなえます。では、どのようなグッズを揃えておくとよいのでしょうか。

動きやすい服

出典:PIXTA

ジョギングに着ていく服は、汗をよく吸い揮発性の高いモノを選ぶようにしましょう。ジョギングでは汗をたくさん掻きます。汗が乾かきにくいウエアを着用すると、汗の重みで足が進みにくくなるほか、不快感を覚えながらジョギングを続けなくてはなりません。場合によっては汗で身体が冷えてしまい、体調を崩してしまうことがあるので、注意が必要です。

 

また、ランニングタイツは腓腹筋やヒラメ筋の動きをサポートしてくれます。ランニングタイツと聞くと上級者ランナーが着用するイメージがありますが、ジョギングを始めたばかりの初心者にこそおすすめのアイテムです。

ITEM
スキンズ ロングタイツ DK9905001
・素材:ナイロン76%、ポリウレタン24%

ランニングシューズ

出典:PIXTA

足元を保護してくれるシューズは、どれを履いてもよいという訳ではありません。自分に適したシューズ選びをしましょう。ランニングシューズは軽い方がよいと思われがちですが、ある程度の重量も必要です。

 

特にジョギングを始めたばかりの初心者には、片足が250g~280gほどのクッション性が高いモノを選ぶようにしましょう。シューズの重量はソールの厚みに比例しますが、多少重量があってもソールが厚いモノの方が衝撃吸収性に優れるので、初心者にはおすすめです。

また、ソールの部分に横方向へのねじれを低減してくれる「シャンク」という素材が入っているものだと、足への負担を更に低減してくれます。

ITEM
アシックス タイガー CURREO II
・アッパー:合成繊維、合成皮革
・アウトソール:ゴム底
・本体重量:片足(27.5cm)で約250g
・カラー:アロエブラック、ピーコートアロエ、ブラックカーボン、カーボンホワイト、ブラックホワイト、ピーコートグレー、ミッドグレーシルバー
ITEM
ナイキ AIR ZOOM SPEED RIVAL 6
・アッパー素材:合成繊維、合成樹脂、人工皮革
・ミッドソール:合成樹脂
・本体重量:片足(26.5cm)約205g
・カラー:ブラッケンドブルー、オレンジピール、ブラック
・シャンク内蔵モデル

サングラスや帽子も必要に応じて準備しよう

出典:PIXTA

特に日差しの強い日や気温が高い日などは、必要に応じてサングラスや帽子も用意しておきましょう。紫外線が目に入ると疲労物質が体内に蓄積するほか、日焼けやシミの原因になってしまいます。しかし、サングラスを着用していれば、紫外線から目を守ってくれます。

また、帽子は直射日光から頭を守って体力が奪われるのを防いでくれるほか、掻いた汗が目に入らないようにブロックする役割を果たしてくれます。速乾性や吸収性のある帽子を選ぶのがおすすめです。

ITEM
SWANS スポーツサングラス LI SIN-0001
・フレームカラー:ダークメタリックブルー×ブラック×ブラック
・レンズカラー:スモーク
・可視光線透過率:25%
・UVカット率:99.9%以上
・重さ:32g
ITEM
オークリー サングラス OO9206-01
・フレームカラー:Polished Black
・レンズカラー:Black Iridium
・可視光線透過率:11%
・UVカット率:100%

ジョギングをするときのポイント

ジョギングをする時には、いくつか注意しておきたいポイントがあります。どのようなことに気をつけておけばよいのでしょうか。

ジョギング前後のストレッチ

ストレッチ

出典:PIXTA

怪我防止のため、そして疲労をなるべく残さないためにも、ジョギング前後のストレッチはしっかりとおこないましょう。ストレッチには「動的ストレッチ」と「静的ストレッチ」2種類があり、ジョギング前には動的ストレッチがおすすめです。動的ストレッチとは、動きながら筋肉をほぐすストレッチのことで、心拍数や体温を上昇させる効果が期待できます。

 

一方、ジョギング後には静的ストレッチがおすすめです。静的ストレッチは身体を動かさずに、一定方向へゆっくりと伸ばしていくストレッチのこと。遅れてくる筋肉痛を緩和してくれるほか、血液の循環を促す効果が期待できます。

距離、時間、ペースなどの目標を決める

目標

出典:PIXTA

ただ闇雲にジョギングをしていただけでは、思うような効果が得られません。距離や時間、ペースなどの目標を決めた上でランニングに臨みましょう。あらかじめ目標を決めておくとゴールが明確化されるので、ゴールまで集中して走ることができ、目標以上の無理をすることがなくなります。

 

また、目標は定期的に見直すことがおすすめです。継続してジョギングをおこなっていると、当初立てた目標が楽にこなせるようになります。定期的に目標を見直し、立て直すことで、ジョギングを有意義なモノにすることが可能です。

正しいフォームを意識する

ランニングをする女性

出典:PIXTA

正しいフォームで走ることも、ジョギングをする上では非常に大切なことのひとつです。猫背になってしまったり、逆に背中を反りすぎてしまうと疲れやすくなってしまいます。場合によっては、身体を痛めてしまうことがあるので注意が必要です。

 

ジョギング中は骨盤を立て、胸を張ってやや前傾姿勢になるようにして走りましょう。このとき、脚は骨盤から押し出すようにして前に出すのがおすすめです。また、着地の際は地面と平行になるようにすると疲れが溜まりにくくなります。

無理をしない

ランニング 疲労

出典:PIXTA

ジョギング中に無理をしてしまうと、息が上がってしまったりフォームが崩れてしまったりするので注意が必要です。特にフォームが崩れてしまうと、身体を変に使って走ってしまうこととなり、身体を痛めてしまう危険性があります。前の項目でも触れましたが、目標をしっかりと決めて、目標内で無理なくランニングをおこなうことが大切です。

ジョギング初心者もこれで安心!

ジョギング 女性

出典:PIXTA

ジョギングを始めるにあたっては、まず道具選びから始めましょう。ジョギングに適したものを選んで、場合によってはサングラスや帽子を着用するのがおすすめです。道具が揃ったら目標を立て、正しいフォームを意識しながらジョギングしてみましょう。

 

怪我を防止するためにも、ジョギング前後にはストレッチをすることが大事です。また、無理してジョギングをすると身体を痛めてしまうことがあるので、無理のない範囲で行うようにしましょう。ポイントをしっかり押さえて、快適なジョギングライフをお過ごしください。

1

あわせて読みたい

ランニングにおけるピッチって何?ピッチ走法のメリット・デメリットを紹介します
みなさんはランニング中に自分のピッチ数を意識して走っていますか?ピッチ数を意識して、と言われても自分のピッチ数を知らない人もいるの...
えなまる
胸は揺らさず快適に走れる!ランニングに適したオススメスポーツブラ5選
女性ランナーの皆さん、ランニング中の下着ってどうしていますか。走っているときに胸が揺れてしまうと小さくなるだけでなく、形まで崩れて...
筋肉母ちゃん
ランニング中もおしゃれに!まわりと差がつくコーデ術や、おすすめ商品を紹介
走れればウェアはなんでもいい、とか思っていませんか?お洒落なウェアで走ればランニングへのモチベーションもアップします。もちろん、普...
Morotsuka 51
ランニングと筋トレ両立のメリット多すぎ!順番や頻度を徹底解説
「速くなるためには、とにかく走ること、走れば筋肉も鍛えられるから特別な筋トレは不要」、と思っていませんか。実は筋トレを行うことで怪...
Morotsuka 51
ランニングにおすすめの服装を解説!夏や冬など季節別ポイントも
「ランニングする時の服装がわからない」「機能的なウエアは高い」「雨の日はどうすればいいの」とランニングを始める方は悩んでしまうと思...
uesugiムスコロ
kaz.hira
kaz.hira

スポーツトレーナー・インストラクター。店舗の運営や立ち上げにも携わる。ランニングやウエイトトレーニング時のフォームチェックが得意。運動習慣のない人とフィットネスを繋ぐことを理念としている。