それぞれの場所で100マイルに挑戦しよう!「Virtual UTMF」がStravaで10月19日から開催

日本最大級のトレイルランニングレース、ウルトラトレイル・マウントフジ(UTMF)のオンライン版である「Virtual UTMF」の開催が発表されました。アスリート向けのネットワークサービス「Strava(ストラバ)」を利用し、10月19日(月)〜25日(日)に実施される予定です。今回は、イベントの詳細から参加方法まで、詳しく紹介します。

記事の目次

  • 「Virtual UTMF」は10月19日スタート!参加方法は?
  • 参加するアスリートも続々!
  • 自分のペースで100マイルを楽しもう!

「Virtual UTMF」は10月19日スタート!参加方法は?

今年4月に開催を予定していた「UTMF 2020」は残念ながら中止となってしましましたが、バーチャルイベントとしての開催が決定しました。どんなイベントになるのか、詳細や参加方法を紹介します。

7日間で100マイル(160km)の完走にチャレンジ!

 

「Virtual UTMF」は、10月19日(月)~25日(日)の7日間で、累計走行距離160kmの完走を目指すチャレンジです。

 

この期間内であれば、複数回に分けて挑戦することが可能です。もちろん、1回のランニングとして160kmを走り切ってもOK!最終日までに累計で160kmを達成したらゴールです。「Virtual UTMF」完走の称号が与えられ、Stravaのプロフィールにオリジナルのデジタルバッジが付与されます。

 

また、国内の完走者であれば、同じデザインの記念ワッペンの入手にも申し込むことが可能です。さらに、The North FaceやCitroënのグッズがもらえる抽選に応募することもできますよ。

 

参加できるのは、中止となった今年の本大会にエントリーしていたランナーだけではありません。世界中の誰でも参加できる企画となっているので、ぜひチャレンジしてみましょう!

参加は「Strava」のチャレンジページから!

UTMF STRAVA

 

「Virtual UTMF」に参加するには、まず、Stravaのチャレンジから「Virtual UTMF 2020」にエントリーします。GPSデバイスやStravaのモバイルアプリでランニングを記録し、期間内にStravaに投稿することで参加することができます。ただし、Stravaの公開範囲が「全員」に設定されている記録のみがチャレンジの対象となります。

 

〈イベント概要〉

UTMFとStravaからの100 mile の挑戦状 ~「Virtual UTMF」

実施期間:2020年10月19日(月)~25日(日)

使用アプリ:Strava

チャレンジページは下記サイトをチェック!(※公開は2020年10月12日(月))

Virtual UTMF チャレンジページ

 

〈注意事項〉

・Stravaへのアカウントの登録(無料)が必要です。
・「Virtual UTMF」はウルトラトレイルにチャレンジする機会として開催します。チャレンジ達成者へのUTMF 2020のフィニッシャーベストの提供や、国際トレイルランニング協会 (ITRA) のポイントの付与はされません。
・本イベントにおいて、ランナー専用のフィールドは設けられません。参加者は、各自任意の場所と時間にて、マナーを守って走ってください。

参加するアスリートも続々!

すでに複数のアスリートが、このイベントへの参加を表明しています。どのような想いで挑戦しようとしているのか、「Virtual UTMF」に対するコメントを紹介していきます。

鬼塚 智徳 選手 (The North Face)

鬼塚 智徳 選手

 

『UTMF 2020の中止は、当時のコロナ禍の状況を考えると、 仕方ないなとすんなり受け入れました。「Virtual UTMF」については、当初ロードレースや海外のトレイルレースで開催していることを知っていましたが、正直バーチャルで楽しめるのか。。興奮するのか。。と思っていました。

実際のレースと違ってルートが自由なので、当初は楽しめるか疑問でしたが、今はどのルートを行くのか地図を眺めながら考えているのが楽しいです。人と競わない代わりに、自分なりのルールや目標を決めたりなど、バーチャルレースでしか出来ないことを楽しもうと思っています。

「Virtual UTMF」でしか味わえない想像力と、アスリートらしいチャレンジをして、特別な7日間にしたいと思います!』

鬼塚選手のStravaアカウント

宮崎 喜美乃 選手 (The North Face)

宮崎 喜美乃 選手

 

『UTMFの中止は残念ではありましたが、ライブでの記者会見を開いていただき、また次の開催に向けて気持ちを切り替えられました。

今回「Virtual UTMF」のお話をいただき、距離を稼ぐだけで無い何かをしたいなと思いました。先日1ヶ月間で100マイルを走った子供たちに会いました。コロナ禍で自由に遊べない中、自分たちで目標を作り同じ帽子を被り誇らしそうに語ってくれました。今だからこそ価値のある100マイルに挑みたいと思います。

1週間で100マイルというのは普段から走っている人でも、仕事がある中難しい目標だと思います。怪我なく事故なくできる方法を探ってみたいと思います。』

宮崎選手のStravaアカウント

自分のペースで100マイルを楽しもう!

今年はUTMFだけでなく、多くのレースが中止となりました。そのような中で「100マイルを走り切るきっかけを提供したい」という目的で開催される「Virtual UTMF」。今年エントリーしていた方だけでなく、「いつかUTMFに出場したい」と思っていたランナーにとっても、100マイルへの第一歩として、気軽に挑戦できるのは嬉しいですね。「Virtual UTMF」は、走ったスピードや距離を誰かと競うイベントではありません。自分のペースで楽しみながら、完走に向けてチャレンジしてみましょう!

   

あわせて読みたい

【2021年版】最新のランニングシューズおすすめ21選!初心者から上級者まで今履きたいシューズを紹介します
2021年版最新ランニングシューズを紹介する記事です。ランニングを始めたい人から今楽しんでいる人まで、新しいシューズを探している人...
Nissy
アシックス メタライド
アシックス「メタライド」ならランがもっとラクに!シリーズの特徴や3モデルの使い分けも解説
アシックスの技術が全て詰め込まれたランニングシューズ「メタライド」について解説します。機能性の高さから注目され、販売直後は売り切れ...
gyunyu
ホカオネオネの超人気シューズ「ボンダイ」の特徴は?最新から限定モデルまでを一挙紹介!
ホカ オネオの人気シューズ「ボンダイ(BONDI)」シリーズについて特徴などを解説します。優れた機能性とデザイン性からランナーだけ...
のだぺん
ナイキ エア ズーム ペガサス 38
【レビューあり】ナイキ エア ズーム ペガサス 38が登場!アッパーの変更で快適性が大幅アップ
「あらゆるランナーのためのシューズ」として1983年に登場したナイキ ペガサス。最新作となる「ナイキ エア ズーム ペガサス 38...
RUN HACK編集部 青木
目指すは怪我ゼロ!ナイキ リアクト インフィニティラン フライニットを徹底レビュー
ナイキの「リアクト インフィニティラン フライニット」をレビューします。ナイキといえば厚底シューズで注目を集め、トップアスリートが...
Morotsuka 51
RUN HACK編集部
RUN HACK編集部

RUNHACK編集部です。ランニングを始めトレイルラン、フィットネス、筋トレ、ヨガなど、健康な体作りに関する情報を配信しています。