ポラールのフラッグシップモデルが大幅進化!新作スポーツウォッチ「Polar Vantage V2」が登場

アスリート向けの心拍数計や活動量計を開発するフィンランドのブランド「ポラール」より、マルチスポーツウォッチの新作「Polar Vantage V2」が登場。11月5日(木)に発売される予定です。今回登場する新作は、ポラールの展開するスポーツウォッチの中でも、最上位の位置付けとなるフラッグシップモデル。前作とは何が進化したのか、詳しく解説します。また、ポラール契約アスリートの宮崎喜美乃さんによる使用レポートも併せて紹介します。

記事の目次

  • 何が変わった?「Polar Vantage V2」の進化をチェック!
  • アスリートが実際に使って性能の高さを実感!
  • ランニングの質を高めるプレミアムモデルを手に入れよう

何が変わった?「Polar Vantage V2」の進化をチェック!

ポラールのマルチスポーツウォッチ「Polar Vantage V2」が発表され、2020年11月5日(木)に発売される予定です。今回の新作は2018年に発売された「Polar Vantage V」の後継となるフラッグシップモデルで、前作から大きな進化を遂げて登場します。どんな機能が加わったのか、詳しく紹介していきます。

軽量化されたのにバッテリーは大幅アップ!

Polar Vantage V2

重さはリストバンドも含めて、52g。前モデルよりも14gも軽くなり、トレーニングでも気にならない軽量性を実現しました。

 

さらに驚きなのが、軽量化しつつも、バッテリーの容量がアップしていること。GPSや心拍などの全機能をフル活用した場合は最大40時間、省電力設定にした場合は最大100時間の連続使用が可能です。

 

また、ボディ素材に採用された新設計のアルミニウム合金素材は、軽量化に貢献しているだけでなく、より安定したGPSの受信を可能し、精度が向上しています。100mの防水にも対応し、高い堅牢性(耐衝撃、防水、防塵など)を持った、ミルスペック「MIL-STD-810G」準拠の高規格ボディです。

改良された「高精度心拍センサー」で正確な計測が可能に

心拍センサー

Vantage V2には、最新型の「Polar Precision Prime」を搭載した高精度心拍センサーが採用されています。グリーン、レッド、オレンジの3色のLEDを計10個使用して、手首の血管の状態をより正確に把握することができます。

 

もともと、心拍数の計測で高い実績を持つポラールですが、「接触型センサー」や「3D加速度センサー(手の動きで発生する誤差を補正)」も組み合わせ、新開発のアルゴリズムを活用することで、より精度の高い計測が可能になりました。

「パフォーマンステスト」で自分の力を把握しよう

ランニングパフォーマンステストの結果表示

「Vantage V2」には、新たな機能として、自分の力を数値化してくれる「ランニングパフォーマンステスト」が搭載されています。

 

時計の画面に表示される指示通りに徐々にスピードを上げていくビルドアップ走を行い、最大有酸素スピード(MAS)、最大有酸素パワー(MAP)、最大酸素摂取量(VO2max)を計測します。テスト結果によって、心拍ゾーン、スピード、パワーゾーンが最適化され、自分の現在の能力に合ったトレーニングを行うことができます。

「エネルギー補給アラーム」で補給のタイミングを逃さない!

エネルギー補給のタイミングを知らせる表示

長時間動き続けるランナーにとって、水分やエネルギーの補給はとても重要です。「Vantage V2」に搭載された「FuelWise」機能を使えば、エネルギーの補給回数を事前に把握することができ、適切な量の補給食を用意することができます。

 

トレーニング中には、心拍数の状況に応じて、適切なタイミングでエネルギー補給のアラート通知をしてくれます。トレランでは補給のタイミングを決めるのが難しく、途中でエネルギー不足により走れなってしまう方もいるので、時計が通知してくれるのは安心ですね。

トレランや登山でも活躍!パワーアップしたアウトドア機能

Vantage V2のアウトドア機能

今年の6月に発売されたアウトドアスポーツウォッチ「Polar Grit X」から搭載されているアウトドアに役立つ機能が、「Vantage V2」にも搭載されています。

 

ルート作成アプリ「Komoot」と連携したナビゲーション機能、上りや下りの状況を記録する「Hill Splitter」機能、天気予報表示機能の3つが新たに採用。ナビ機能では、分岐地点で進む方向を知らせてくれるので、行ったことの場所でのトレランも安心ですね。走った後には「Hill Splitter」を使って区間ごとに分析を行えば、今後のトレーニングに役立てることができます。

アスリートが実際に使って性能の高さを実感!

「Polar Vantage V2」について話す宮崎喜美乃選手

2020年10月15日の製品発表会では、ポラール契約アスリートであるトレイルランナーの宮崎喜美乃さんが、事前に「Polar Vantage V2」を使い、その使用感をレポートしてくれました。アスリートも満足する充実の機能性について、一部抜粋して紹介します。

「ランニングパフォーマンステスト」の正確性

ランニングパフォーマンステスト

上記のデータは、宮崎喜美乃さんが行ったランニングパフォーマンステストの結果です。すぐ下には、専門的な計測機器を使って最大酸素摂取量(VO2max)を測りながら、トレッドミルを走った時のデータを並べています。

 

多少の誤差はありますが、ほぼ同じような計測データが取れていることがわかりますね。宮崎さんは、普段は大学の研究機関でこのような計測を行っているそうですが「外出に制限もある中で、自宅の近所でも簡単に正確なデータが取れるのは大きなメリット」と話していました。誰でも気軽に専門的な計測ができるのは嬉しいですね。

「Hill Splitter」は全てのランナーに役立つ?

Hill Splitter結果

続いて、宮崎さんは「Hill Splitter」のデータを紹介してくれました。宮崎さんは日頃から、心拍数を一定に保つというマフェトン理論をベースにトレーニングを行っているそうですが、今回はアップダウンのあるトレイルでのトレーニング結果を説明してくれました。

 

上りと下りを繰り返す場合、心拍を一定に保つのは簡単ではないですが、「Hill Splitter」を使って分析することで自分の課題を見つけることができます。上りと下りの心拍の差を揃えて、体への負担を一定にすると、長く走れるようになったり、内臓疲労が軽減されたりするそうです。

 

また宮崎さんは、トレイルランナーだけでなく、フルマラソンを目指すランナーにも活用するメリットがあると言います。「下りが弱いと、フルマラソンの後半で失速することが多いので、クロスカントリーの練習などをした際にこのようなデータを使ってトレーニングに活かすのが良い」と教えてくれました。

「Nighty Recharge」で睡眠の質を改善しよう

Nighty Recharge結果

最後に、宮崎さんは、自律神経のステータスや睡眠の質を計測できる「Nighty Recharge」の結果を説明してくれました。

 

左がお酒を飲んだ時、右は飲んでいない時のデータですが、お酒を飲むと自律神経のステータスが悪化し、睡眠の質が下がっています。もともと晩酌が好きだったという宮崎さんですが、この結果を知ったことで、お酒をやめることにしたそうです。

 

もちろん市民ランナーがそこまでストイックにする必要はないですが、睡眠はパフォーマンスに大きく影響を与えるもの。睡眠の質が悪い状態が続けば、健康にも影響が出る可能性もあるので、日頃から自分の状態をチェックできるのは良いですね。

ランニングの質を高めるプレミアムモデルを手に入れよう

Polar Vantage V2

「Polar Vantage V2」は、マルチスポーツウォッチとして、プロユースにも対応するフラッグシップモデル。ランニングやトレイルランニングはもちろん、日常生活のサポートまで、充実の機能を備えているので、スポーツを通して生活を充実させたいと思っている方にはぴったりの1本となりそうです。

 

〈商品詳細〉

■製品名:Polar Vantage V2

■カラー:ブラック、グリーン、グレー・ライム(M/L サイズ)

■バッテリー:

24 時間心拍計測使用で最大 7 日間 高精細記録によるトレーニング連続使用で最大 40 時間 (GPS1 秒毎、心拍計測オン) 省電力設定によるトレーニング連続使用で最大 100 時間 (GPS2 分毎、心拍計測オフ)

■重さ:52g(リストバンド含む)

■サイズ:直径 47mm×厚さ 13mm

■防水:100m 防水(WR100)

■価格:単体 69,800 円(税別)、H10 心拍センサーセット 75,800 円(税別)

■発売日:2020 年11月5日(木)

 

ポラールの公式HPには、さらに詳しい情報が掲載されているので、ぜひこちらもチェックしてみてください!

「Polar Vantage V2」製品ページ

   

あわせて読みたい

ラットプルダウンを行う女性
背中を効率良く鍛える「ラットプルダウン」のやり方とは?自宅で行う方法も紹介
「背中に効いている感じがしない」「腕が疲れてしまう」ラットプルダウンをしている方で、イマイチ効果を実感できない方も多いのではないで...
鈴木ハルキ
LSDをするランナー
ゆっくり走るのに効果が高い!体力アップが狙えるトレーニング「LSD」とは?
マラソンを走るための持久力を手に入れるためには「LSD(ロング・スロー・ディスタンス)」を実施するのが効果的です。LSDはランニン...
記助
駒沢公園 ランニング
短い周回コースで初心者も走りやすい!駒沢公園のランニングルート紹介
東京都内で皇居と並んで人気が高いランニングコースが「駒沢公園」です。距離表示のあるランニング専用のコースが整備されていて、電車での...
Morotsuka 51
スロージョギングをする女性
痩せる!楽しい!ゆっくり走って健康になれる「スロージョギング」ってどんな走り方?
ランニングを始めたいけれどちょっと自信がなくて・・・という方におすすめしたいのがスロージョギングです。スロージョギングとは「ゆっく...
Morotsuka 51
女性の初心者ランナー
1回のランニングで何キロ走れば良いの?目的やレベルに合わせた最適な「距離」とは
健康促進やダイエット、レース出場など、走り始める理由は人それぞれですが、今まで走った経験が少ない方や初心者の方は「どれくらい走れば...
記助
RUN HACK編集部
RUN HACK編集部

RUNHACK編集部です。ランニングを始めトレイルラン、フィットネス、筋トレ、ヨガなど、健康な体作りに関する情報を配信しています。