HOKA ONE ONEが放つカーボン入りレーシングシューズ!「CARBON X 2」を徹底レビュー

2009年に創業、米国に本社を構えてグローバル展開をし、瞬く間にプレミアムランニングブランドとして不動の地位を確立させた「HOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)」。まるで雲の上を走っているようなクッショニングは、幅広いレベルのランナーから厚い支持を得ています。そんな同ブランドが放つ話題のレーシングシューズが「CARBON X 2(カーボン X 2)」。気になっているけど実際どうなの? 今回は数多のカーボン入りシューズを履いてきた筆写によるインプレッションをお届けします。

記事の目次

  • ホカ オネオネの秘密兵器「CARBON X 2」の進化したポイントは?
  • 気になるサイズ感はどう?
  • 【実走レビュー】ペースや距離を分けて走ってみた
  • 結論!どんな走りにオススメ?

アイキャッチ画像撮影:鈴木すず

ホカ オネオネの秘密兵器「CARBON X 2」の進化したポイントは?

2009年に創業、米国に本社を構えてグローバル展開をし、瞬く間にプレミアムランニングブランドとして不動の地位を確立させた「HOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)」。数々のアップデートを繰り返してきた「CLIFTON(クリフトン)」や「BONDI(ボンダイ)」などの人気モデルを始め、まるで雲の上を走っているようなクッショニングのシューズは、幅広いレベルのランナーから厚い支持を得ています。

 

そんなホカ オネオネが放つ話題のカーボンプレート搭載シューズ「CARBON X 2(カーボン X 2)」、気になっている方も多いのでは? 果たして本作は、ナイキ一辺倒のレーシングシューズ市場に風穴を空けられるのでしょうか。まずはそのディテールから見ていきましょう。

通気性抜群なアッパーを採用

「カーボン X 2」のアッパーの画像

撮影:鈴木すず

エンジニアードメッシュ(足の部分によって編み方を変える技術)を採用することにより、長時間のランニングでも内部が蒸れにくい通気性を確保。足の蒸れはストレスを感じるのみでなく、水膨れの原因にもなるので靴選びの重要なポイントです。

マチ付きのタン

「カーボン X 2」のシュータン
撮影:鈴木すず

タン(靴紐と足の甲の間にあるパーツ)の内側にはマチが設置されています。足首から甲にかけて優しく、しっかりとホールドしてくれるので、長時間に及ぶランでも安定した走りをアシストしてくれます。また、タンの端にはスリットが入っており、蹴り出しの際のストレスを軽減します。

アッパーと一体型のプルタブ

「カーボン X 2」のプルタブ

撮影:鈴木すず

今までのホカ オネオネのプルタブ(履き口後ろの指をひっかける部分)は、ループ型が多かったのですが、本作ではアッパーと一体になり、後ろ足首を包み込む構造に。これによりアキレス腱をガードしています。

二股に突き出したヒール

「カーボン X 2」の二股のヒール

撮影:鈴木すず

踵から反り返り、二股に突き出た踵部分は、ヒールストライクで走った際の安定感をサポートしてくれます。

気になるサイズ感はどう?

「カーボン X 2」の着用画像

撮影:鈴木すず

実店舗で試着して買う際は問題ないかと思いますが、なかなかそれも難しい昨今。ネットで買うとなると、気になるのはサイジングですよね。筆者は足指の形がギリシャ型(人差し指が一番長い)。足幅・甲高共に標準の足型で、ナイキは28.5cm、ホカ オネオネの「クリフトン 5」「ボンダイ 6」「リンコン」は全て28cmを履いているのですが、「CARBON X 2」も28cmで丁度良いサイズ感でした。つまり、同ブランドの他のロードシューズと大きな違いは無いようです。

【実走レビュー】ペースや距離を分けて走ってみた

では、実際に走ってみた感じはどうなのでしょう。一口にレースと言っても、ランナーの数だけターゲットがあり、それをクリアする為のペースがあります。そこで今回は、6分00秒/kmから4分00秒/kmまで、30秒刻みでペースを変えて3kmずつ走ってみました。また、ロング走の体感を得るべくサブ4ペースで30km走も実施してみました。

【6分00秒〜5分00秒/km】ナチュラルな推進力を体感

ゆっくり走っているイメージ

履いた時のファーストインプレッションとしては、「ホカらしくないな」と言った感じ。と言うのも、今までのホカのようなふわふわのクッショニングをほぼ感じないからです。6分00秒/km(フルマラソン4時間13分)のペースでミッドフット走法(足裏の真ん中あたりで着地)で走ってみると、もっちりと地面から押し返されるような感覚があります。しかしクッショニングが弱い分、気を抜くとペースが上がってしまうような推進力を確かに感じました。

 

続いて同じくミッドフット走法で5分30秒/km(フルマラソン3時間52分のペース)、5分00秒/km(フルマラソン3時間半のペース)とスピードを上げて3kmずつ走ってみましたが、その印象は大きくは変わりません。ナイキの厚底のように“無理やり前方に弾き出される強い推進力”と言うよりは、より優しくナチュラルに走れる感覚。脚へのダメージは少なくありつつも、まだまだスピードに乗れる感覚がありました。

【4分30秒〜4分00秒/km】カーボンプレートの本領発揮!

速いペースで走っているイメージ

さらにペースを上げて4分30秒/km(フルマラソン3時間09分のペース)、そして着地もミッドフットからフォアフット(足裏の前方で着地)に変えて走ってみました。するとソールに内蔵されたカーボンプレートが存在感を発揮し、グンッと前方に押されるような反発性を感じます。そのまま4分00秒/km(フルマラソン2時間48分のペース)までスピードを上げてみましたが、自分が思っているよりもキロ換算で10秒ほど速いスピードが出ている印象。

 

やはりこの手のシューズは、硬いカーボンプレートが着地で曲がり、それが真っ直ぐに反発する力を推進力にすると言う仕様から、フォアフット気味で走った方がよりその恩恵を受けられると感じました。

フルマラソンサブ4ペースで30km走ってみた

走っている画像

では長距離を走った時の感覚はどうなのでしょう。フルマラソンサブ4ペース(5分41秒/km)で30km走って見たところ、驚いたことに全く疲れを感じません!と言いたいところなのですが、筆者の走力で30km走ればどんなシューズを履いていてもそこそこ疲れます。しかしながら、確かに疲労感はあるものの、最後までペースは落ちず、いやむしろ最後の方は気を抜くとペースが速くなってしまったのです。フォアフットで走った時のように分かりやすい推進力は無いのですが、この長く走った時の安定感こそが「CARBON X 2」の凄さなのでしょう。

 

100kmのロードレースは過去に2度走ったことがありますが、足へのダメージを懸念していずれもソフトクッションのシューズで走りました。しかし、本作はそれらとは違ったアプローチで長距離をアシストするシューズ。ウルトラレースにおける一つの選択肢として十分な可能性を感じました。

結論!どんな走りにオススメ?

「カーボン X 2」を着用した足元

撮影:鈴木すず

ひとくちにカーボン入りシューズと言っても、そのアプローチの仕方は様々。2021年の箱根駅伝におけるナイキのシェア率が95.7%もあった事は話題になりました。しかし、ナイキが21kmをより速く走る為のシューズであるならば、「CARBON X 2」はもっと長い距離、それこそフルマラソンやそれよりも長いウルトラマラソンを安定して速く走りたい時にフィットするのかなと感じました。

 

ただ一つ、忘れてはいけないのが、カーボン入りシューズは走り方によっては諸刃になるという事。言うまでもなく、長距離走は自分の身体を前方に進めていくスポーツです。つまり、カーボンプレートの反発性のベクトルを前に持っていくのは、走る人自身に他なりません。しかしながら、本作がより速く、より長く、より失敗せずに走りたい方をアシストし得る力を持っている事は確か。次なるレースに向け、その意思をお持ちの方は是非一度お試しになってみてはいかがでしょうか。

 

〈商品詳細〉

モデル名:CARBON X 2(カーボン エックス 2)
価格:税込 27,500円
重さ:239g(27cm)
サイズ:
〔メンズ〕25.0cm – 30.0cm
〔レディース〕22.0cm – 25.0cm
ソールスペック:オフセット 5mm
カラー:3色

HOKA ONE ONE オフィシャルサイト

 

ITEM
HOKA ONE ONE / CARBON X 2【メンズ】

ITEM
HOKA ONE ONE / CARBON X 2【レディース】

紹介されたアイテム

HOKA ONE ONE / CARBO…
HOKA ONE ONE / CARBO…
サイトを見る
   

あわせて読みたい

【2021年版】最新のランニングシューズおすすめ21選!初心者から上級者まで今履きたいシューズを紹介します
2021年版最新ランニングシューズを紹介する記事です。ランニングを始めたい人から今楽しんでいる人まで、新しいシューズを探している人...
Nissy
アシックス メタライド
アシックス「メタライド」ならランがもっとラクに!シリーズの特徴や3モデルの使い分けも解説
アシックスの技術が全て詰め込まれたランニングシューズ「メタライド」について解説します。機能性の高さから注目され、販売直後は売り切れ...
gyunyu
ホカオネオネの超人気シューズ「ボンダイ」の特徴は?最新から限定モデルまでを一挙紹介!
ホカ オネオの人気シューズ「ボンダイ(BONDI)」シリーズについて特徴などを解説します。優れた機能性とデザイン性からランナーだけ...
のだぺん
ナイキ エア ズーム ペガサス 38
【レビューあり】ナイキ エア ズーム ペガサス 38が登場!アッパーの変更で快適性が大幅アップ
「あらゆるランナーのためのシューズ」として1983年に登場したナイキ ペガサス。最新作となる「ナイキ エア ズーム ペガサス 38...
RUN HACK編集部 青木
目指すは怪我ゼロ!ナイキ リアクト インフィニティラン フライニットを徹底レビュー
ナイキの「リアクト インフィニティラン フライニット」をレビューします。ナイキといえば厚底シューズで注目を集め、トップアスリートが...
Morotsuka 51
鈴木すず

猫と酒と鰻が好きなゆるふわランナーです。 フルマラソンPBは3時間17分34秒(2020勝田全国マラソン) 他、2018沖縄100Kウルトラマラソン、2019奥久慈トレイルレース、2019信越五岳トレイルレース110km、2019THE NORTH FACE 100 HONG KONGなど完走。ゆるっとふわっと、ロードからトレイルまで、ランニングの楽しさをお伝え出来ればと思います。