アシックスからストライド型・ピッチ型それぞれの長所を生かすカーボン入り新シューズが発売!

人気スポーツブランドのアシックスから、新作のレーシング向けランニングシューズが2種発売されます。その名も「メタスピード スカイ」「メタスピード エッジ」。世界中のアスリートの意見を組み込み、全く新しいコンセプトのもと開発された注目のカーボンプレート入りシューズの新作発表会に、このたび編集部が潜入。実際に試着してみたレビューもいち早くお届けします。

記事の目次

  • アシックスから新作のレーシングシューズが2種発売!
  • 編集部員が早速試しばきしてみた!
  • 完走〜サブ4ランナーにおすすめの「メタスピード」シリーズもありますよ
  • 靴に走りを合わせる時代から、靴を走りに合わせる時代へ

アシックスから新作のレーシングシューズが2種発売!

人気スポーツメーカー「asics(アシックス)」から、カーボンプレート入りのレーシング向けシューズが2種発売されます。今回、編集部では新作発表会&試しばきのイベントに潜入しました!早速どんな商品か、紹介していきます。

「ストライド走法」「ピッチ走法」それぞれに合わせた2モデル

突然ですが、「速く走る」とは、どういうことでしょうか。

今よりもスピードをあげたいと思ったら、ストライド(歩幅)を広げるか、ピッチ(足の回転)をあげるか、またはその両方か、といった答えが挙がると思います。

 

アシックス 記者発表会

今回アシックスではエリートアスリートの協力のもと、ストライド型、ピッチ型、両方の選手の走り方を分析。

結果、ストライド型の選手は歩幅をより伸長させること、ピッチ型の選手は回転数をあげつつ、ストライド型よりも短いものの歩幅も伸長させることが、速度向上に重要であるという研究結果が発表されました。

 

今回発売される2種のシューズは、「ストライド型」「ピッチ型」それぞれの走法に合わせてスピードを最大化させるコンセプトのもと開発された、カーボンプレート入りのシューズです。

ストライド型におすすめな「META SPEED Sky(メタスピードスカイ)」

メタスピードスカイ アシックス

「METASPEED Sky」は、ストライド型の選手が、ストライドを最大限伸ばし、より少ない歩数でゴールできることを目的に作られています。

<METASPEED Sky特徴>

・ミッドソールは厚め。かかとから前部にかけて軽量カーボンプレートを配置

・asicsで最も反発する素材「FF BLAST TURBO」を厚めに配置

・かかとから前部にかけて5mmの傾斜差をつけて反発性を高めている

・前足部をシャープなカーブ形状にすることで、ストライドを伸ばせる設計

 

こちらは3月31日に発売開始となりました。

ピッチ型におすすめな「META SPEED Edge(メタスピードエッジ)」

メタスピードエッジ アシックス

「METASPEED Edge」は、ピッチ型のランナーが、ピッチもストライドも伸ばせるような設計になっています。

<METASPEED Edge特徴>

・ミッドソールのかかと部から前部にかけて軽量のカーボンプレートを搭載

・「FF BLAST TURBO」の厚みをメタスピードスカイよりも少なめに

・かかとから前部にかけて8mmの傾斜差をつけ、ピッチコントロールをしやすく

・回転数を下げないよう、前足部のカーブはマイルド

 

メタスピードエッジは6月4日の発売予定となっています。

 

なお、2モデル共通の部分は下記です。

 

・アッパーには100%リサイクルポリエステルのエンジニアードメッシュ使用

・ミッドソールの形状を横に張り出す立体設計にし、安定感のある接地に

・靴底に「ASICS GRIP」使用

・価格は27,500円(税込)

プロランナー・川内優輝選手は「メタスピードスカイ」で8年ぶりの自己記録を更新

川内優輝選手

会場には、いち早く「メタスピードスカイ」のプロトタイプを使用し、先日の第76回びわ湖毎日マラソンで自己ベストを更新したプロランナーの川内優輝選手の姿も。川内選手は、「履くだけで姿勢が伸び、呼吸がしやすくなるので、前半からうまくスピードに乗ることができました。ストライドが伸ばしやすく、キロ3分のペースが楽に感じられました。ただ、すぐに履きこなせたわけではなく、約2ヶ月間練習時に履き込み、実業団ハーフマラソンで本番着用し、びわ湖毎日マラソンに挑みました」と、自己ベスト更新の勝因をコメント。

 

シューズに自分を合わせて走るのではなく、ストライド型、ピッチ型、それぞれに合うシューズを選び履きこなして行ける点がこのシューズの最大の魅力だと語ってくれました。

編集部員が早速試しばきしてみた!

そうはいっても実際に試してみないと!ということで、2名の編集部員が今回試しばきしてみることに。

自分が実際「ストライド型」なのか「ピッチ型」なのかわからない、という人は、アシックスのショップで計測が可能とのことです。

今回は、会場に設置されたトレッドミルを使ってそれぞれに合うシューズをチェックしてもらいました。

 

アシックス メタスピード

左:メタスピードスカイ/右:メタスピードエッジ

見比べてみると…見た目に大きな違いはありません。少しだけ「メタスピードスカイ」のほうが、ソールが厚めでかかとと爪先のカーブが強いでしょうか。ぱっと見はあまり違いがありませんが、いざ走ってみると…。

反発強めでぐんぐん前へ進むメタスピードスカイ

編集部:青木(マラソンタイム目安:サブ3.5レベル)

中足部から前足部で踏み込んだ際、ぐにゅっとしたクッションの柔らかさを感じると同時に、強い反発が戻ってきて、それが前への推進力を生み出してくれます。私自身はピッチ走法寄りなのですが、自然と体を大きく使って走る感覚が得られました。
また、厚底シューズの場合、適切なポイントで接地しないと本来の反発を得られなかったり、左右へのブレを感じたりしやすいのですが、このシューズは接地時の安定性が非常に高いのが大きな特徴です。
短い距離で使用するのであれば、エリートランナーでなくても走る楽しさを感じることができるシューズかもしれません。

 

 

編集部:深作(マラソンタイム目安:完走〜サブ5レベル)

踏み込んだ瞬間、エッジに比べて「柔らかい」感触をダイレクトに感じました。スピードが上がってくると、自然に足がまわるのですが、疲れてくると接地が難しいかも。上下に結構弾んでしまいました。私くらいの走力だと、先に心肺機能の面で靴の性能を感じられなくなりそうなので、使用するとしても10キロとかになってしまいそうです。。

 

反発はそこそこ、自然とピッチが上がるメタスピードエッジ

編集部:青木(マラソンタイム目安:サブ3.5レベル)
スカイのような強い反発性はありませんが、その分、接地時間が短くなり、足が自然と地面から離れていきます。その結果、脚がスムーズに回転していくイメージで走ることができました。走る様子を見ていただいた方によると、エッジの方が足が後ろに高く上がっていたとのこと。
また、普段より脚が大きく動き、ストライドも少し伸びている印象です。足さばきはメタレーサーに近い感覚ですが、より高い推進力を感じることができました。

 

 

編集部:深作(マラソンタイム目安:完走〜サブ5レベル)

スカイに比べて反発力が控えめなので、上下にぼよ〜んと弾む感じが少なく、ピッチをあげやすいと思いました。カーボンシューズの感覚が苦手だったりうまく履きこなせないと感じている人は、こちらの方が良いかもしれません。

ピッチはあげやすくても「走らされている」感覚は少ないので、スピードのコントロールがしやすいかも。

 

編集部はふたりとも「ピッチ走法」だったので、どちらかといえばメタスピードエッジの方が合っているという結果に。

試走 メタスピードスカイ

ちなみに、メタスピードスカイ、メタスピードエッジ、ともに「サブ3〜サブ2.5」レベルのランナーのレーシングシューズを想定して作られているとのこと。それよりもゆっくりなペースで走るランナーは10km、長くてもハーフくらいの距離を目安に「スピードに乗る感覚」を体験するのがおすすめ、とのことです。なるほど、このシューズはかなり上級者向けのレーシングシューズとして作られているようです。

完走〜サブ4ランナーにおすすめの「メタスピード」シリーズもありますよ

一般のランナーに履けるものではないのか…と落胆するのはまだ早いです。実はメタスピードシリーズには「スカイ」「エッジ」のハイエンドモデルの他に、シリーズの機能・デザインを引き継いだ「マジックスピード」「ハイパースピード」という2モデルも発売予定です。

マジックスピード

マジックスピード アシックス

クッション性、反発性のバランスが取れた1足。サブスリーランナーのレース、アスリートのトレーニング用としておすすめ。

価格:17,600円(税込)

発売日:4月9日

ハイパースピード

ハイパースピード

優れた走行効率性と軽さが特徴(27.0cmで約210グラム)。サブ3.5〜4ランナーのレースやトレーニング用としておすすめ。

価格:9,700円(税込)

発売日:4月16日

 

昨今のランニングシューズは技術の向上と価格の向上が凄まじいな…と感じていたのですが、ハイパースピードはなんと1万円を切るお値段!それでいて「スカイ」「エッジ」のDNAを持っているならば、是非これは体験して欲しいです!

アッパーは、2足とも「エッジ」「スカイ」と異なる素材を使用しています。

靴に走りを合わせる時代から、靴を走りに合わせる時代へ

アシックス 記者発表会

今のランニングシューズ界では、某N社のカーボンシューズが人気も記録も強い状況が続いています。各社開発に力をかけていますが、今回のアシックスのシューズもかなり力をいれて研究開発されていました。アシックスの廣田康人代表取締役社長COOは「一般ランナーだけでなく、トップアスリートからも選ばれるシューズの研究開発も続け、選手から選ばれる存在になりたい」と今後のアシックスの方向性を熱く語ってくれました。

 

オリンピックや箱根の上位選手が「メタスピードエッジ」「メタスピードスカイ」を履いて表彰台を占拠する日は近いかもしれませんね。少しずつ再開してきたマラソン大会で、自己ベストを狙いたい方、スピードに乗って走りたい方は、是非試してみて欲しいです。

   

あわせて読みたい

【2021年版】最新のランニングシューズおすすめ21選!初心者から上級者まで今履きたいシューズを紹介します
2021年版最新ランニングシューズを紹介する記事です。ランニングを始めたい人から今楽しんでいる人まで、新しいシューズを探している人...
Nissy
アシックス メタライド
アシックス「メタライド」ならランがもっとラクに!シリーズの特徴や3モデルの使い分けも解説
アシックスの技術が全て詰め込まれたランニングシューズ「メタライド」について解説します。機能性の高さから注目され、販売直後は売り切れ...
gyunyu
ホカオネオネの超人気シューズ「ボンダイ」の特徴は?最新から限定モデルまでを一挙紹介!
ホカ オネオの人気シューズ「ボンダイ(BONDI)」シリーズについて特徴などを解説します。優れた機能性とデザイン性からランナーだけ...
のだぺん
ナイキ エア ズーム ペガサス 38
【レビューあり】ナイキ エア ズーム ペガサス 38が登場!アッパーの変更で快適性が大幅アップ
「あらゆるランナーのためのシューズ」として1983年に登場したナイキ ペガサス。最新作となる「ナイキ エア ズーム ペガサス 38...
RUN HACK編集部 青木
目指すは怪我ゼロ!ナイキ リアクト インフィニティラン フライニットを徹底レビュー
ナイキの「リアクト インフィニティラン フライニット」をレビューします。ナイキといえば厚底シューズで注目を集め、トップアスリートが...
Morotsuka 51
RUN HACK編集部
RUN HACK編集部

RUNHACK編集部です。ランニングを始めトレイルラン、フィットネス、筋トレ、ヨガなど、健康な体作りに関する情報を配信しています。