アディダス「SL20」は初心者のスピード練習にもぴったり!軽量な万能シューズを徹底解説

アディダス「SL20」はソールは厚めですが軽さが魅力のランニングシューズです。初心者から中級者ランナーのジョグやペース走、レース用シューズとして購入を検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。この記事では「SL20」の軽さの理由やサイズ感、ターゲットとなるランナーについて詳しく解説していきます。

記事の目次

  • アディダス「SL20」とはどんなシューズ?
  • 「SL20」の履き心地、サイズ感はどう?
  • アディダス「SL20」のターゲットとは?
  • 初心者からサブ4ランナーまで使える軽量万能シューズ「SL20」で快適なランニングを

アイキャッチ画像出典:楽天市場/adidas

アディダス「SL20」とはどんなシューズ?

アディダス「SL20」は2020年前半に発売され、2020年末に同じ名前でマイナーアップデートされています。初心者ランナーから中級者まで使える万能シューズ「SL20」について、機能や特徴など詳しく解説していきます。

厚底で軽量なランニングシューズ

SL20

「SL20」の特徴はソールは厚いにもかかわらず軽量であること。初心者でも使えるサポート性を持ちながら約230gという軽さです。

 

同じ位置付けでブーストフォームが搭載された「アディゼロ ボストン 9」も約235gと重さはほぼ変わりません。しかし、「アディゼロ ボストン 9」のソールはSL20に比べてやや薄く、ブーストが搭載されている分、価格は非常に高くなります。一方、「SL20」は定価でも12,100円(税込)と手の届きやすい価格が魅力です。

 

他にもサポート性に優れた初心者モデルはありますが、重量は300g前後のものが多く、スピードアップには不向き。「SL20」は初心者のレース用やスピード練習には最適なシューズと言えるでしょう。

ミッドソールに軽量のライトストライクを搭載

SL20

「SL20」の軽さの秘密はミッドソールにヒールストライクを搭載していること。一般的な素材EVAよりも40%軽量で高い反発力やクッション性もあります。

 

アディダスの独自素材「ブーストフォーム」のような跳ねる感覚やふんわり感はありませんが、硬いソールが好きな方は快適なランニングを楽しめるでしょう。

アッパーは通気性の高いエンジニアードメッシュ

SL20アッパー

「SL20」のアッパーにはエンジニアードメッシュが使われています。伸縮性が高く軽量でシームレスなので、心地の良い足入れ感です。内側にはインナーメッシュが搭載されているのでフィット感がよく耐久性が高くなっています。

 

シュータン部分は薄い作りになっており軽量。ヒールは着地時のぐらつきやブレを抑えてくれる安定感があるので安心してランニングできます。

アウトソールにはグリップ性の高いコンチネンタルラバー

 SL20アウトソール

アウトソールには自動車のタイヤなどに使われているコンチネンタルラバーを搭載。高いグリップ力で悪天候でも本来の走りができます。着地から力を逃すことなく蹴り出せるのでスピード変化も自由自在。耐久性も高くハードなトレーニングをしてもシューズが長持ちします。

「SL20」の履き心地、サイズ感はどう?

ランニングシューズを購入するときに迷うのが履き心地やサイズ感。お店に行って試着できれば良いのですが、仕事や家庭の事情で難しいこともありますよね。あくまでも目安ではありますが、失敗しないシューズ選びができるように解説していきます。

バランスが良く癖のない履き心地

「SL20」の履き心地はクセがなくバランスが良いのが魅力。前足部は屈曲性が高く、自然な蹴り出しが可能です。余計な機能をなくしてランニングに集中できるので、自分の走りで気持ちよく走りたいランナーにおすすめです。コスパが良く誰にでもマッチ1足。持っておくと何かと活用できます。

足幅はスタンダードで2Eと標準

SL20 ホワイト

「SL20」の足幅はスタンダードで2Eサイズと標準です。アディダスは海外製のため細めに作られている傾向がありますが、「SL20」は気にしなくても良いでしょう。

 

レディースはレギュラーサイズのみの展開ですが、メンズにはレギュラーサイズに加えて3Eのワイドも展開しています。足幅が広いランナーは検討してみてください。

サイズ感はいつもと同じくらいでOK

普段アディダスを着用している方であれば、「SL20」のサイズ感はいつも履いているサイズくらいで良いでしょう。踵のホールド感が高く、前足部は余裕のある作りになっています。

 

ただし、他ブランドを履いている方にとっては、少し大きめに作られている可能性があるので、お店で確認した方が安心です。

 

【新作SL20】

ITEM
アディダス SL20 メンズ
●重量:248g(27cm)
●サイズ:26.0〜31.0cm

ITEM
アディダス SL20 レディース
●サイズ:22.0〜26.0cm

【旧作SL20】

ITEM
アディダス SL20 メンズ
●重量:230g
●サイズ:26.0〜31.0cm
ITEM
アディダス SL20 レディース
●重量:230g
●サイズ:22.0〜26.0cm
ITEM
アディダス SL20 メンズ ワイド
●重量:230g
●サイズ:25.0〜28.5cm

アディダス「SL20」のターゲットとは?

「SL20」はどういったランナーに適しているのでしょうか。活用できるトレーニングシーンについても詳しく解説していきます。

初心者のスピード練習、レース用シューズ

ランニング

出典:PIXTA

軽量でサポート性も高いので、初心者ランナーがスピードを上げたときの練習やレース用シューズとして活用できます。目安のペースは1km5分前後です。

 

安定性が高いので、筋力が十分ついていない初心者ランナーがスピードをあげても横ぶれを防止してくれます。

サブ4〜5のランナーのトレーニング

公園をランニング

出典:PIXTA

「SL20」はマラソンでサブ4〜5を目指すランナーのジョグ、LSD、ペース走、ビルドアップなどのトレーニングに適しています。耐久性も高いので走り込みなどハードなトレーニングにもぴったり。クッション性が高く軽量なので軽快な走りをサポートしてくれます。万能に使えるシューズなので1足で何でもこなしたいランナーにもおすすめです。

 

しかし、初心者モデルほどのサポート性がないのでまだしっかり筋力がついていない初心者ランナーの走り込みには注意が必要です。

部活生のジョグやLSD

トラック練習

出典:PIXTA

普段からハードなトレーニングを積んでいる部活生にはジョグやLSDなどの練習におすすめです。軽量なのでペース走やビルドアップにも対応できます。クッション性もあるので疲労を軽減でき、軽量なのでストレスなく快適な走りができるでしょう。

 

定価12,100円とお手頃で、ECサイトなどでは6,000円前後で販売されています。学生ランナーのお財布に優しい価格なのが嬉しいですよね。

初心者からサブ4ランナーまで使える軽量万能シューズ「SL20」で快適なランニングを

 SL20ブラック

アディダス「SL20」は初心者ランナーからサブ4ランナーまで使える万能シューズです。ソールが厚いのでサポート性も高く、軽量なので快適な走りを可能にします。柔らかくふんわりしたソールが苦手といったランナーにも適しています。「SL20」を履いて快適なランニングを楽しみましょう。頑張って練習すれば今までの自分を超えることができ、見たことのない世界が見えるかもしれません。

この記事を読んでいる人には、こちらもおすすめ!

1
   

あわせて読みたい

Cloudflow
Onから3代目Cloudflowが7月8日に発売開始!日本初となるワイドサイズも
スイス発の人気パフォーマンスブランド「On(オン)」から、Cloudflowの3代目モデルが登場し、7月8日から発売開始となります...
RUN HACK編集部
ランニングマシン
アルインコのおすすめランニングマシン5選!お手軽なものから高機能なモデルまで比較紹介
フィットネス器具で有名なアルインコのランニング本格マシンを紹介しています。運動不足が気になっている方や天候を気にせず運動をしたい方...
Nissy
ナイキ フレックス プラス
ナイキのジュニア・キッズ用ランニングシューズ7選!子供の激しい動きにもしっかり対応するモデルを紹介
ナイキのジュニア・キッズ用ランニングシューズを紹介します。成長真っ只中の子供の足には、正しいサイズや優れた機能性で遊びや走りをサポ...
ke2t4
スノーターサー
アシックスのスノーランニングシューズ「スノーターサー」は雪国ランナーの必需品!口コミも紹介
アシックスの雪用ランニングシューズ「スノーターサー」について紹介します。スノーターサーは、雪上でのランニングやマラソン、ジョギング...
bluesnewton
ナイキ フリー ラン フライニット 3.0
ナイキの紐なしシューズならランニングも快適!普段使いにもおすすめなモデルを紹介
ナイキの紐なしランニングシューズを紹介する記事です。紐なしのシューズと言えば、ちょっとした買い物やお出かけなどで使う、サンダル感覚...
ke2t4
gyunyu
gyunyu

1歳の男の子を子育て中ママライターgyunyuです。元実業団ランナー、専門は3000mからハーフマラソン。栄養士の免許も持っています。子育ての合間をぬってジョギングを再開したばかりですが、今までの経験を生かして皆さまのお役に立てる記事を書けるように頑張ります。