ランニングで音楽を楽しむならワイヤレスイヤホンが快適!おすすめ人気アイテムを紹介

ランニング中に音楽を聴くことは、自分のリズムやペース、モチベーションを上げるのにとても役立ちます。そんな音楽を聴くためのアイテムとして今メインとなっているのが、スマートフォンやオーディオ機器にケーブルを繋がなくても音楽が聴けるワイヤレスイヤホンです。今回はランニングに便利なワイヤレスイヤホンの選び方やおすすめ商品を紹介していきます。

記事の目次

  • イヤホンはランニングに必須のアイテム!
  • ワイヤレスイヤホンは主にこの3種類!
  • ワイヤレスイヤホン選びで着目すべきポイント!
  • ランニングにおすすめなワイヤレスイヤホン18選
  • どうしてもイヤホンがズレる...そんなときの対処法!
  • ワイヤレスイヤホンはランニングをより楽しく、快適にしてくれる!

アイキャッチ画像出典:PIXTA

イヤホンはランニングに必須のアイテム!

ランニングでワイヤレスイヤホンを使用する男性

出典:PIXTA

イヤホンには、スマートフォンやオーディオ機器に直接ケーブルを接続する有線型イヤホンと、ケーブル接続の必要がない無線型イヤホンがありますが、ランニングには無線型のワイヤレスイヤホンがおすすめです。

 

筆者も経験があるのですが、有線型イヤホンだと動きの中でケーブルが跳ねたり、腕に引っかかってイヤホンが抜けたり絡まったりすることがあり、ストレスを感じてしまうこともしばしば…。機器と直接繋がっていないワイヤレスイヤホンであればそのような悩みから解放され、ランニングがより快適になります。

ワイヤレスイヤホンは主にこの3種類!

ワイヤレスイヤホン

出典:PIXTA

ワイヤレスイヤホンには主に3種類あります。ランニングに使用する際のそれぞれの特徴やメリット、デメリットがあるのでチェックしていきましょう。

インナーイヤー型イヤホン

インナーイヤー型イヤホン

出典:PIXTA

耳に圧迫感を感じることなくイヤホンを装着したい人におすすめのワイヤレスイヤホンです。耳の奥まで挿入せず、耳のくぼみに軽くひっかけるようなイメージで使用します。

 

左右のイヤホンがケーブルで繋がっている左右一体タイプ、左右が分離している完全独立タイプの2タイプが展開されています。完全独立タイプはケーブルが邪魔にならなくて便利ですが、左右一体型と比べると、価格が高く、バッテリー時間も短くなる傾向があります。

 

【メリット】
・装着時の圧迫感が少なく、長時間の使用でも快適
・音のこもりがなく、スケール感のあるサウンドが楽しめる
・ランニング中でも外の音が聞こえやすい

 

【デメリット】

・大音量で聴くと音漏れする可能性がある
・ランニング時に振動でイヤホンがズレやすい

カナル型イヤホン

カナル型イヤホン

出典:PIXTA

ランニングやその他スポーツの際に、イヤホンにフィット感を求める人におすすめのワイヤレスイヤホンです。耳栓のような形状のイヤーピースを耳の中に挿入して使用します。

 

インナーイヤー型と同様、左右一体タイプと完全独立タイプの2タイプが展開されています。

 

【メリット】
・耳へのフィット感が高く、ランニング時にズレにくい
・音漏れが少なく、サウンドをしっかり聴くことができる

・細かい音や低音の表現力が高いものが多い

 

【デメリット】
・遮音性の高さから、周囲の音が聞き取りにくい
・フィット感が強く、長時間使用すると耳が痛くなることがある

オープンイヤー型イヤホン

オープンイヤー型イヤホン

出典:PIXTA

耳の穴を塞がない形状なので、周囲の音も聞きつつ音楽を楽しみたい人におすすめのワイヤレスイヤホンです。

 

現在は左右一体型のみの展開ですが、今後は完全独立タイプも増えていくようです。

 

【メリット】
・耳を塞がないため周囲の音が聞き取れる
・長時間使用しても耳が疲れにくい

 

【デメリット】
・インナーイヤー型、カナル型に比べ音質がやや劣る

ワイヤレスイヤホン選びで着目すべきポイント!

ワイヤレスイヤホンを使用した走る男性

出典:PIXTA

ワイヤレスイヤホンにはさまざまなな機能が搭載されており、自分のランニングシチュエーションに応じて必要な機能を搭載したイヤホンを見つけることが大切です。

走っていてズレたり外れたりしないか

ワイヤレスイヤホンの耳へのフィット感を確認している男性

出典:PIXTA

ランニングの振動などですぐにズレたり外れたりしないイヤホンがおすすめです。簡単にズレたり外れてしまうとランニングに集中できなかったり、落として壊れてしまう可能性が高くなってしまいます。そんなズレが気になる人にはカナル型イヤホンをおすすめします。

防滴・防水機能の有無

水に濡れたワイヤレスイヤホン

出典:PIXTA

汗や雨に濡れても大丈夫な防滴・防水機能があると、シーンを選ばず使うことができます。汚れた際などにも水で濡らして絞ったタオルなどで拭くことで汚れを簡単に落とすことができるので衛生面でも安心です。

 

また、防水機能には等級というものがあり、IPX0からIPX8までの9段階に分けられます。安定した防水性能を求めるのであればIPX4以上のイヤホンを選びましょう。

耳への負担にならない重さか

軽量なワイヤレスイヤホン

出典:PIXTA

ワイヤレスイヤホンは8g前後が平均ですが、ランニングでの長時間の使用を考えたら耳に負担にならない、より軽量なワイヤレスイヤホンがおすすめです。8g以下であれば長時間のランニングの際にも耳への負担が少ないでしょう。

連続再生時間はどのくらいか

ワイヤレスイヤホンの使用時間を確認する男性

出典:PIXTA

連続再生時間とは、ワイヤレスイヤホンのバッテリー駆動時間のことです。連続再生時間が長ければランニング中にバッテリー切れになりにくいため、ワイヤレスイヤホンを選ぶ際は必ずチェックしておきましょう。

マイク・リモコン機能は付いているか

イヤホンをしてスマホを操作する女性

出典:PIXTA

マイク機能があればランニング中に電話がかかってきてもスマートフォンを手に持たず通話することができます。この機能は普段使いにも非常に便利です。また、リモコン機能があればイヤホン本体をタッチするだけで電話を取れたり、音量や曲の変更などができます。

外音取り込み機能の有無

外部音取り込み機能のあるイヤホンを使用して外を走る女性

出典:Amazon

外音取り込み機能があるとイヤホンをしていても外の音が入ってくるため、安全にランニングを楽しむことができます。また、ランニング中にフラッとコンビニに寄る際などに、イヤホンを外さなくとも店員の方の声を聞くことができます。

ランニングにおすすめなワイヤレスイヤホン18選

ワイヤレスイヤホンをしてランニングをする女性

出典:PIXTA

ではここから、ランニングにおすすめなワイヤレスイヤホンを紹介していきます。

Apple AirPods Pro

言わずと知れたAppleのワイヤレスイヤホンの代表であるAirPodsですが、進化したこのAirPods Proはカナル型イヤホンで耳にフィットする構造のためランニング中にズレにくく、外音取り込み機能も搭載されているため安全にランニングを楽しむことができます。

ITEM
Apple AirPods Pro
●カラー展開:ホワイト
 形状  完全独立タイプ/カナル型イヤホン
 本体重量(片方)  5.4g
 連続再生時間  最大5時間
 防水性能  IPX4

 

SONY WF-SP700N

迫力ある重低音を楽しめる完全独立タイプのワイヤレスイヤホンです。専用アプリ「Headphones Connect」を利用することで外音取り込みモードやノイズキャンセリングモード、イコライザー調整などさまざまなモード調節を簡単に行うことができます。

ITEM
SONY WF-SP700N
●カラー展開:ホワイト、ブラック、イエロー、ピンク
 形状  完全独立タイプ/カナル型イヤホン
 本体重量(片方)  約7.6g
 連続再生時間  最大3時間
 防水性能  IPX4

 

SONY WI-SP500

左右一体タイプのインナーイヤー型イヤホンで、開放的ながら優れた音質でランニング中に音楽を楽しむことができます。突起状で耳に合わせた形状の専用イヤーチップもあり、激しい動きでも外れにくい高い装着性を実現しています。

ITEM
SONY WI-SP500
●カラー展開:ホワイト、ブラック、イエロー、ピンク
 形状  左右一体タイプ/インナーイヤー型イヤホン
 本体重量(片方)  約18g
 連続再生時間  最大8時間
 防水性能  IPX4

BOSE SoundSport Free wireless headphones

耳に優しく引っ掛かりフィットするイヤーウィングが特徴的なワイヤレスイヤホンです。音質にこだわっており、スマホをポケットに入れていても音割れやノイズがありません。また、こちらも専用アプリ「BOSE CONNECT」で設定のカスタマイズやさまざまなコントロールが可能で、イヤホンを紛失してもアプリから追跡できる機能もあるため安心して使用できます。

ITEM
BOSE SoundSport Free wireless headphones
●カラー展開:ブラック、ミッドナイトブルー、ブライトオレンジ
 形状  完全独立タイプ/カナル型イヤホン
 本体重量(片方)  9g
 連続再生時間  最大5時間
 防水性能  IPX4

 

BOSE SoundSport wireless headphones

左右一体タイプのカナル型イヤホンでケーブルにリモコンが付いており、ランニング中でも操作がしやすいが特徴です。こちらも専用アプリ「BOSE CONNECT」を利用することで設定のカスタマイズや紛失した際の追跡機能を利用できます。

ITEM
BOSE SoundSport wireless headphones
●カラー展開:シトロン、アクアブルー、ブラック
 形状  左右一体タイプ/カナル型イヤホン
 本体重量(片方)  23g
 連続再生時間  最大6時間
 防水性能  IPX4

 

SOUNDPEATS TRUENGINE2

シリコン製でソフトな装着感と高い耐久性のあるイヤーウィングによって優れたフィット感があるイヤホンです。独自のCrossover技術で優れた音質を発揮しつつ、連続再生時間が最大7時間と長いためランニング中のバッテリー切れの心配がありません。

ITEM
SOUNDPEATS TRUENGINE2
●カラー展開:ブラック
 形状  完全独立タイプ/カナル型イヤホン
 本体重量(片方)  約6g
 連続再生時間  最大7時間
 防水性能  IPX5

 

SOUNDPEATS Truebuds

片耳でも両耳でも使える、完全独立タイプのインナーイヤー型ワイヤレスイヤホンです。イヤホン本体のタッチセンサーに触れることで簡単に音楽の再生・一時停止・音量調節ができます。また、小型の充電ケースはモバイルバッテリー機能付きなので、ランニング中にスマートフォンの充電が無くなった際などにも便利です。

ITEM
SOUNDPEATS Truebuds
●カラー展開:ブラック
 形状  完全独立タイプ/インナーイヤー型イヤホン
 本体重量(片方)  5.2g
 連続再生時間  最大3.5時間
 防水性能  IPX4

 

Anker Soundcore Spirit X2

外側から耳に引っかかるように設計されたイヤーフックにより、ランニングの際にも優れた安定感を発揮します。完全独立タイプのワイヤレスイヤホンとしては非常に長い最大9時間の連続再生時間で、バッテリーを気にせずランニングを楽しむことができます。

ITEM
Anker Soundcore Spirit X2
●カラー展開:ブラック
 形状  完全独立タイプ/カナル型イヤホン
 本体重量(片方)  11g
 連続再生時間  最大9時間
 防水性能  IPX8

 

Anker Soundcore Spirit Pro

こちらは耳の形状にフィットするようなイヤーウィングが付属した左右一体タイプのワイヤレスイヤホンで、ケーブルにリモコンが付いているため操作がしやすいのが特徴です。また、高い防水性能があるためランニング中の急な雨の際にも問題なく使用できます。

ITEM
Anker Soundcore Spirit Pro
●カラー展開:ブラック
 形状  完全独立タイプ/カナル型イヤホン
 本体重量(片方)  9g
 連続再生時間  最大10時間
 防水性能  IPX8

 

Beats by Dr. Dre Powerbeats Pro

8種のカラーバリエーションと、耳にしっかりフィットするイヤーフックにより激しい運動でもズレない優れたパフォーマンスが特徴のワイヤレスイヤホンです。最大9時間という連続再生時間の長さに加え、5分充電するだけで最長1.5時間使用できる急速充電も魅力のひとつです。

ITEM
Beats by Dr. Dre Powerbeats Pro
●カラー展開:クラウドピンク、スプリングイエロー、グレイシアブルー、ラバレッド、アイボリー、ブラック、ネイビー、モス
 形状  完全独立タイプ/カナル型イヤホン
 本体重量(片方)  10g
 連続再生時間  最大9時間
 防水性能  IPX4

Jabra Elite Sport

イヤホンに心拍計を搭載した高機能ワイヤレスイヤホンです。専用アプリ「Jabra Sport Life」を利用することで、ランニングやその他トレーニング時の心拍数に基づいた自分専用のワークアウトコーチングを受けることができます。また、心拍機能が付いているのは右側のイヤホンのみなので注意してください。

ITEM
Jabra Elite Sport
●カラー展開:ブラック、ライムグリーングレイ
 形状  完全独立タイプ/カナル型イヤホン
 本体重量(片方)  9g
 連続再生時間  最大5時間
 防水性能  IPX7

 

JVC HA-ET45T

耳の外側にかかるイヤーフック、内側から引っ掛けるイヤーウィングの両方を搭載した抜群のフィット感が特徴のワイヤレスイヤホンです。イヤーフックは必要に応じて取り外し可能な上、周囲の音が聞こえやすいよう低遮音イヤーピースも付属しており、安全で快適なランニングにおすすめのイヤホンです。

ITEM
JVC HA-ET45T
●カラー展開:ブルー、ブラック、グレー、ピンク
 形状  完全独立タイプ/カナル型イヤホン
 本体重量(片方)  約7.4g
 連続再生時間  最大4時間
 防水性能  IPX5

 

JVC HA-F15BT

レトロなカラーリングが目を引く左右一体タイプのインナーイヤー型ワイヤレスイヤホンです。「グルーヴケーブル」採用で、バッグやポケットに入れていてもケーブルが絡みにくい構造になっています。ランニング時の操作性の高いリモコン付属ケーブル仕様となっています。

ITEM
JVC HA-F15BT
●カラー展開:レッド×ブラック、ブルー×グレー、カーキ×ベージュ、ピンク×ブラウン
 形状  左右一体タイプ/インナーイヤー型イヤホン
 本体重量(片方)  9g
 連続再生時間  最大6.5時間
 防水性能  IPX3

GLIDiC Sound Air SPT-7000

VGP 2020 SUMMERで金賞を受賞した、シティランナー向けのワイヤレスイヤホンです。「Run-fit形状」と言われる独自のイヤーウィングが程よい柔らかさで、かつ耳を完全に塞ぎきらずにグリップするため安全にランニングをすることができます。

ITEM
GLIDiC Sound Air SPT-7000
●カラー展開:インディゴブルー、グレイッシュブラック
 形状  完全独立タイプ/カナル型イヤホン
 本体重量(片方)  約6.9g
 連続再生時間  最大8時間
 防水性能  IPX5相当

 

JBL LIVE 300TWS

パワフルなサウンドに加え周囲の音を聞き取りやすくするアンビエントアウェア機能、装着したまま会話ができるトークスルー機能などランニング時にも便利な機能を搭載しています。また、専用アプリ「My JBL Headphones」で自分好みの音質へのカスタマイズや紛失した場合の追跡機能が利用できます。

ITEM
JBL LIVE 300TWS
●カラー展開:ブルー、ブラック
 形状  完全独立タイプ/カナル型イヤホン
 本体重量(片方)  約6g
 連続再生時間  最大6時間
 防水性能  IPX5

 

Jaybird Vista

アメリカトライアスロン協会の公式トレーニングヘッドホンにも選ばれているほど高い耐久性を誇る、完全独立タイプのワイヤレスイヤホンです。通常のランニング以外にトレランや登山の際にもおすすめです。専用アプリ「Jaybird MySound」で自分に合った音の設定ができる上、その設定がイヤホン本体に保存されるため、接続するデバイスを変えても同じ音質で楽しむことかできます。

ITEM
Jaybird Vista
●カラー展開:ブラック、ミネラルブルー、ニンバスグレー
 形状  完全独立タイプ/カナル型イヤホン
 本体重量(片方)  6g
 連続再生時間  最大6時間
 防水性能  IPX7

 

boco FIT BT-1

耳を塞がないオープンイヤー型のワイヤレスイヤホンで、こめかみ部分から骨伝導により音がダイレクトに伝わり、臨場感のある音楽を楽しむことができます。チタン合金とシリコンを使用したヘッドセットなので、頭にしっかりフィットしランニングでもズレにくく、高い耐久性を実現しています。

ITEM
boco FIT BT-1
●カラー展開:ブラック、ライトグレー
 形状  左右一体タイプ/オープンイヤー型イヤホン
 本体重量(片方)  約34g
 連続再生時間  最大6時間
 防水性能  IPX4

 

AfterShokz AEROPEX

最大8時間の連続再生時間でランニング時のバッテリー切れの心配がない上、高い防水性能があり、汗や水がかかっても心配いりません。またマグネット式の充電ポートで、ポートに水が溜まっている場合アラームで通知してくれる機能があります。チタンフレームにより優れたフィット感と耐久性があるのも特徴です。

ITEM
AfterShokz AEROPEX
●カラー展開:コズミックブラック、ブルーエクリプス、ルナグレー、ソーラーレッド
 形状  左右一体タイプ/オープンイヤー型イヤホン
 本体重量(片方)  約26g
 連続再生時間  最大8時間
 防水性能  IPX7

どうしてもイヤホンがズレる…そんなときの対処法!

イヤホンのズレを気にする男性

出典:PIXTA

イヤホンをしながらランニングをするとイヤホンがズレる…そんな経験がある方は多いのではないでしょうか。筆者も経験したこの悩み、ワイヤレスイヤホンで起きるとイヤホンを落として壊したり、無くしてしまう危険性があります。そこで、どうしてもイヤホンがズレるときの対処法を紹介します。

イヤーフックを装着する

elago AirPods Pro イヤーフック

出典:Amazon

ワイヤレスイヤホンの形状にもよりますが、イヤーフックが装着できるタイプのイヤホンであればイヤーフックを利用することをおすすめします。イヤーフックがあれば耳にフックがかかり、ランニングをしていてもイヤホンが落ちにくくなります。

 

AirPodsのように本体下部が長く伸びている形状だとイヤーフックが装着しやすいです。また、モデルによって別売りでイヤーフックがある場合があるので、お手持ちのワイヤレスイヤホンのズレで悩んでいる場合は探してみましょう。

ITEM
elago AirPods Pro イヤーフック
●本体サイズ:約6×3.5×0.9cm
●重量:約3g
●素材:TPU
●カラー展開:ナイトグロウブルー、ジーンインディゴ、ラベンダー、ホットピンク、ラブリーピンク、ブラック、ホワイト、レッド

こちらはAirPods Pro用のイヤーフックです。イヤホンの突起部に装着し、耳にかけることでズレにくくなります。

低反発スポンジイヤーピースに変える

イヤーピース イヤホンキャップ

出典:Amazon

カナル型イヤホンであれば、イヤーピースを低反発スポンジイヤーピースに変更するのがおすすめです。指でイヤーピースを軽くつぶして耳に入れるとゆっくりと形状が回復し、耳にぴったりフィットします。

 

また、カナル型イヤホンのノズル部分の直径は平均5mmほどのようです。こちらの低反発スポンジイヤーピースは、ジョイント部が直径5mmのイヤホンに対応しています。お手持ちのイヤホンのサイズを確認してみてください。

ITEM
Comply Truly Wireless Pro スタンダード
●素材:ポリウレタン/サーモプラスティック エラストマー
●カラー展開:ブラック

 

イヤホンの上から帽子を被る

イヤホンをした耳の上からニットキャップをかぶっている男性

出典:PIXTA

イヤホンを覆うようにして帽子を被ることでインナーイヤー型やカナル型、オープンイヤー型問わずイヤホンがズレないよう抑えつけることができます。

ワイヤレスイヤホンはランニングをより楽しく、快適にしてくれる!

ワイヤレスイヤホンを装着する女性

出典:PIXTA

音やリズムがあるとランニングがはかどりますよね。ワイヤレスイヤホンはランニングにおいて欠かせないアイテムです。自分にぴったりのワイヤレスイヤホンを見つけてみてください。

紹介されたアイテム

Apple AirPods Pro
SONY WF-SP700N
SONY WI-SP500
BOSE SoundSport Free…
BOSE SoundSport wire…
SOUNDPEATS TRUENGINE…
サイトを見る
SOUNDPEATS Truebuds
Anker Soundcore Spir…
サイトを見る
Anker Soundcore Spir…
サイトを見る
Beats by Dr. Dre Pow…
Jabra Elite Sport
JVC HA-ET45T
JVC HA-F15BT
GLIDiC Sound Air SPT…
JBL LIVE 300TWS
Jaybird Vista
boco FIT BT-1
AfterShokz AEROPEX
elago AirPods Pro イヤ…
Comply Truly Wireles…
サイトを見る
   

あわせて読みたい

On ランニングシューズ
ファッション性の高いランニングシューズが欲しい!普段履きもできるモデル厳選6選
最近は、ファッションに合わせやすいデザインのランニングシューズが増えてきました。機能性はもちろん、ナイキやOnなど、ファッションで...
Tommy
アディダス ウルトラブースト 21
超厚底クッションで弾む!アディダス「ウルトラブースト 21」の特徴や履き心地をレビュー
adidas(アディダス)の「ULTRABOOST(ウルトラブースト)」は、クッション性と反発力を高めたモデルとして長く愛されるシ...
記助
峠走をするランナー
レース終盤に強くなる!「峠走」を行うメリットや注意点を解説
マラソンに向けて体を強化するためには、時折ハードなトレーニングを実施するのがおすすめです。さまざまな練習の中でも「峠走」は体にかか...
記助
トレランのイメージ写真
今年こそトレランを始めたい!初心者でも安全に楽しむ方法、教えます
アウトドア人気も後押し、その競技人口を増やし続けているトレイルランニング(以下トレラン)。美しい景色を観ながら自然の中を走り抜ける...
鈴木すず
ゼロシューズのサンダルで始めよう!ナチュラルなランニングスタイルのすすめ
ランニングシューズに当然のように備わっているクッションやサポート機能を省き、より素足に近い感覚で履くことができると評判のブランドが...
Morotsuka 51
ke2t4
ke2t4

中・高・大学から現在まで続けているハンドボールのために、日々ランニングや筋トレをしています。家でできるトレーニングやジムでのトレーニングなども研究中です。どうぞよろしくお願いします。