サングラスは伊達じゃない!ランニングに欠かせないメリット&おすすめモデルを紹介

ちょっとカッコつけてるみたいで・・・と敬遠している人も多いサングラスですが、現在はトップアスリートだけでなく、市民ランナーが使っている姿を見かける機会が増えました。しかし、実際の効果について理解している方は意外に少ないのでは?今回は、ランナーがサングラスを使うメリットや選び方、人気ブランドのおすすめ商品を紹介します。自分に似合うサングラスの見つけ方も解説するので、お気に入りのモデルをぜひ探してみましょう。

記事の目次

  • サングラスにはこんなメリットが!
  • ランニング用サングラスに必要な機能は?
  • サングラスが似合わない!その理由は?
  • ランニングで人気のおすすめサングラス11選!
  • サングラスを取り入れてモチベーションアップを!

アイキャッチ画像出典:PIXTA

サングラスにはこんなメリットが!

サングラスって、なんだかカッコつけているみたいで気恥ずかしい…そう考えている方はいませんか?サングラスにはランナーを助けてくれるさまざまな機能があり、もはや必需品といってもよいでしょう。サングラスをすると一体どんな効果があるのか、詳しく紹介します。

目を守るだけで全身の日焼け予防に

サングラスをしている若い女性ランナー

出典:PIXTA

最近の研究で、紫外線を目に受けることが全身の日焼け影響を与えることがわかってきました。紫外線を目に受けると、目の表面が炎症を起こします。その刺激が脳に伝わることで「身体を守らなければ!」という本能が働きます。その時、日焼けのもとになる色素、メラニンを増やす働きのあるホルモンが分泌されます。サングラスで目に受ける紫外線をカットすれば、全身の日焼け対策としても有効なのです。

 

もちろん、目に入る紫外線を減らすことで疲れにくくなるのは言うまでもありません。特に勝負のかかったレースを走るなら少しでもストレスは減らしたいもの。トップアスリートがサングラスを好んでかける理由もここにあるのでしょう。

ドライアイを防ぐ

サングラスをしている男性ランナー

出典:PIXTA

PCやスマホによりただでさえ目が乾燥しがちな現代人。ランニング時は風やほこりの影響を受けるので、さらにドライアイになりやすい状況にあります。特に空気が冷たく乾燥している冬場のランニングには、サングラスは必需品といえるでしょう。

ナイトランにもサングラスは有効

サングラス イエローレンズ

出典:PIXTA

強い日差しの下でも視界をクリアにするのがサングラスの役割。しかし、昼間ではなく夜間の走行が楽になるサングラスがあるのをご存知でしょうか。

 

私たちの目に入ってくる光を構成しているのは、紫から赤まで徐々に変化する色素です。中でもイエローは目に伝わってくるのが他の色素よりも速いため、雨天時や夜間でもコントラストを強めてクリアな視界を得ることができます。車のLEDヘッドライトのまぶしい光もカットしてくれるので、街中でのナイトランには強い味方になってくれるでしょう。

ランニングに集中できる

サングラスをかけて陸上トラックを走る女性

出典:PIXTA

サングラスには、光の反射や埃などのゴミを防ぐといった実用的な面に加えて、周囲の目線が気にならなくなりランニングに集中できるというメンタル的なメリットがあります。大会でアスリートが着用するのはこんな役割もあるからなんですね。

ランニング用サングラスに必要な機能は?

サングラスは100円ショップで購入できるものから、数十万円もするような高級品まで様々。何を選べばいいのか迷ってしまいますね。まずはランニング用として必要な機能をチェックしてみましょう。スポーツ用なので軽量性は言わずもがなですが、それ以外にもさまざまな機能がランニング用サングラスには求められます。

何はなくともまずはUV仕様を

サングラスをかけて海辺を走る女性

出典:PIXTA

濃い色のサングラスをかけると、瞳孔が開き気味になるので、より紫外線の影響を受けやすくなります。UV仕様でないと、逆に目を傷めることにもなりかねません。

 

実は、レンズの色の濃さはUVとは関係がありません。透明に近いレンズでもUV仕様になっているものがあります。反対に、真っ黒なレンズでも非UV仕様のものもあるので要注意です。UVの効果については「紫外線透過率」を確認しましょう。紫外線透過率が1.0以下、つまり紫外線99.0%以上カットが目安となります。

 

また、よくサングラスのスペックで表示されているものに「可視光線透過率」があります。一見、難しい専門用語のようですが、内容は簡単。瞳にどれぐらい光が届くかを表しています。0%であればほぼ真っ暗、100%であれば光が遮られることなく瞳に届くことになります。

 

夏場の昼間であれば、可視光線透過率15%前後といった濃いレンズカラーでも大丈夫です。一方、くもりや冬場など日差しが弱い場合には可視光線透過率30%以上のレンズカラーを選べば快適に過ごせるでしょう。

光の乱反射をカットする偏光レンズ

 

サングラス 偏光レンズ

出典:PIXTA

ドライバーにはおなじみの偏光レンズ。レンズの間に透明な偏光膜を挟むことで、路面の反射やちらつきをカットしてくれる効果があります。落ち着いた色調になるので疲労も軽減されます。

トレイルランにはブラウンのレンズ

サングラス ブラウンレンズ

出典:PIXTA

トレイルランにおすすめなのはブラウンのレンズです。景色の陰影やコントラストを強調してくれる効果があります。また、緑色がクリアに見えるので、緑の多い自然の中にはぴったりです。

 

山では登山で来られた方とすれ違うことも多いので、あまり色が濃くないものの方が、表情が見えて好印象というメリットも。

ウルトラマラソンには調光レンズが便利

サングラスをかけてウルトラマラソンに挑戦するランナー

出典:PIXTA

レンズにはたくさんのカラーがあるので、どの色を選んだらいいのか悩んでいる方も少なくないでしょう。レンズカラーにはそれぞれ得意な天候や時間帯があり、基本的にはシーンに合わせて使い分けるのが効果的です。

 

■日差しの強い日中 → 強い光を防ぐブラックや濃いグレー

■曇った日 → コントラストを強調するブラウン

■夜間 → イエローやオレンジ

 

でも「そんなにたくさんサングラスばっかり買えないよ」という方には調光レンズがおすすめ。調光レンズは、紫外線の強さに反応してレンズの色が薄くなったり濃くなったりするレンズなので、1本あると重宝します。ウルトラマラソンを走る方の場合、早朝や日が昇る前にスタートし、昼間の強い日差しの時間帯を走り、夕暮れや日没時にゴールするという長丁場になりますが、調光レンズであれば全てのシーンに対応できます。

サングラスが似合わない!その理由は?

サングラスが似合わずショックを受けている女性
出典:PIXTA

憧れのハリウッドスターや海外のセレブリティと同じメーカー、同じモデルのサングラスを買ったはずなのに、なぜか似合わない・・・そんな経験をしたことはありませんか?なんとなくサングラスが小さく感じられる、フレームが変なところに当たって痛い、縁が頬に乗っかっているように見えてヘン・・・。その原因は一体どこにあるのか、詳しく解説します。

日本人と欧米人は顔立ちが違う

サングラスをかけている若い日本人男性

出典:PIXTA

一般的に私たち日本人を含むアジア系の顔立ちは鼻が低めで顔の幅が広いといった特徴があります。また、欧米人は彫りが深く眉と目の間が狭いのに対し、アジア系の顔立ちは平面的で眉と目の間が離れています。このため、欧米人の立体的な顔立ちに合わせたデザインのサングラスをかけるとサングラスの上に眉が飛び出てしまい、なんとなく間が抜けた印象になってしまうのです。

 

また、サングラスを鼻で支えられずにずり落ちてきたり、ややカーブ気味のフレームが頬骨に当たったりしてしまいます。

これらの印象が合わさって「なんとなく似合わない」というイメージになるのです。

似合うサングラスを見つけるにはここをチェック!

サングラス選びに迷う男性

出典:PIXTA

眉がフレームから飛び出てしまって、サングラスのフレームと眉毛の間に肌が見えてしまうと、ちょっと間が抜けて見えてしまいます。それを防ぐためには眉毛のラインとサングラスのフレームのラインが平行で眉にかぶるようなモデルを選びましょう。比較的上下幅が広いフレームでレンズ部分が大きいサングラスなら、「眉毛が宙に浮く」のを防げます。

 

また、レンズの大きいサングラスを選ぶ時には、黒のフレーム&レンズだと存在感が強すぎるので、フレーム・レンズ共に、ブラウン系の柔らかいカラーを選ぶほうがベターです。

おすすめはアジアンフィット

アジア人 サングラス ランナー

出典:PIXTA

アジアンフィットというタイプをあらかじめ用意しているメーカーもあります。ノーズパッドが長めになっているので鼻が低くてもずり落ちることはありません。フレームのカーブもゆるいので平面的な顔にもフィットします。

 

なによりも大事なのは欧米の方にコンプレックスを抱くのではなく、日本人ならではのスタイルを表現すること。自分に合うサングラスを見つけて自信を持って着こなしましょう!

ランニングで人気のおすすめサングラス11選!

ここからは、ランニングにおすすめのモデルを紹介していきます。どのモデルもUVカット仕様となっています。日本人でも合わせやすいアジアンフィットモデル、軽量性や耐久性に優れたモデルなど、シチュエーションに合わせて選んでもらえるように、複数のモデルを人気ブランドからピックアップしました。

広い調整幅で誰にでもフィット!

アディダスが手掛けたアディゼロ Sはテンプルが三段階に調整可能なのでさまざまな顔の形にフィットします。

ノーズブリッジも2段階に調整できる上、柔らかいシリコン製なので長時間かけていても疲れません。

またテンプルは衝撃を受けた時に外れる独自の設計を採用しているので安全です。標準サイズの方はA170を女性や顔の小さい方はA171をお選びください。

ITEM
ADIDAS ADIZERO L A17001
●素材:プラスチック
●サイズ:全横幅:145mm 全縦幅:42mm
●重量:22.5g
●レンズカラー:LSTアクティブS
●フレームカラー:カーボンブラック×ブルー / カーボンブラック×オレンジ
●可視光線率:16%
ITEM
ADIDAS ADIZERO S A171
●素材:プラスチック
●サイズ:全横幅:135mm 全縦幅:40mm
●重量:20.5g
●レンズカラー:LSTアクティブS
●フレームカラー:カーボンブラック×ブルー / カーボンブラック×オレンジ
●可視光線率:16%

ランニングメーカーが本気で作ったランニング用サングラス

厚底シューズで世間の話題を席巻したナイキ、シューズだけでなくアイウェアにも本気です。SKYLON ACEは空気の流れを意識したシャープデザインが特徴です。アジアンフィットなので日本人にもベストフィット。ナイキファンならシューズだけでなくアイウェアもナイキで揃えてみたいですよね。

ITEM
NIKE SKYLON ACE EV0894
●素材:プラスチック
●サイズ:全横幅:145mm 全縦幅:60mm
●重量:30g
●レンズカラー:マックスアウトドア / グレーシルバーフラッシュ
●フレームカラー:ブラック / グレー / ヴォルト / アンスラサイト
●可視光線率:マックスアウトドア 17% / グレーシルバーフラッシュ 15%
●紫外線透過率:0.1%以内

プロテクト効果抜群!長距離ランナーの強い味方

サングラスのみならずスキーのゴーグルなどでも高い評価を得る老舗、山本光学の「スワンズ(SWANS)」ブランドの偏光レンズ採用のサングラスです。サイドまで回り込む独特のデザインはあらゆる方向からの紫外線や風からあなたを守ります。

ITEM
SWANS STRIX H-0066 MBK
●素材:フレーム / ナイロン、レンズ / ポリカーボネート
●サイズ:全横幅:149mm 全縦幅:44mm
●重量:29g
●レンズカラー:調光クリア to スモーク
●フレームカラー:マットブラック×マットブラック×レッド
●可視光線率:84%から17%(紫外線量により変化)
●紫外線透過率:0.1%以下(UVカット99.9%以上)

女性ランナーには小顔効果もあるこのモデル

スワンズブランドの女性向けモデルがこのSOUFです。特徴は大きめのレンズで広い視界を確保するだけでなく、キャップと合わせれば紫外線も大幅にカットします。少し薄めのレンズカラーを選べば小顔に見える効果があるのも女性には嬉しいかも?

ITEM
SWANS SOUF
●素材:フレーム / ナイロン、レンズ / ポリカーボネート
●サイズ:全横幅:140mm 全縦幅:49mm
●重量:23~29g
●レンズカラー:シルバーミラー×ライトスモーク / スモーク / ライトブラウン
●フレームカラー:マットブラック / ブラック / クリアスモーク
●可視光線率:シルバーミラー×ライトスモーク 23% / スモーク 17% / ライトブラウン 45%
●紫外線透過率:0.1%以下(UVカット99.9%以上)

憧れのブランドのエントリーモデル

種目を問わず、多くのアスリートから支持されるサングラスといえば、まず名前が上がるのがオークリーでしょう。1975年にアメリカで創業以来、スポーツサングラスの分野ではトップブランドとして君臨し続けています。「でもちょっと価格が…」という方に用意されたエントリーモデルがM2フレームXLです。広い視界を確保しながらもレンズの歪みは最小限に抑えるなどエントリーモデルといっても手抜きは一切なし、オークリーがこの価格で手に入るのはバーゲンプライスと言って良いでしょう。

ITEM
OAKLEY M2 FRAME XL OO9345
●素材:高純度ポリカーボネイト
●サイズ:全横幅:142mm 全縦幅:48mm
●重量:26g
●レンズカラー:グレー / レッドミラー / オレンジミラー / ウォームグレー
●フレームカラー:ポリッシュドブラック / ポリッシュドホワイト / レッドライン
●可視光線率:グレー 18% / レッドミラー 15% / オレンジミラー 16% / ウォームグレー 10%
●紫外線透過率:1.0%以下

軽量性にこだわるなら限りなく0gに近い究極のモデルを

オークリーEV ZEROパスは、「ゼロ」というネーミングの通り、究極の軽量性にこだわったモデルです。フレームレスで開放感ある視界も特徴でロングレースでもストレスフリーです。

ITEM
OAKLEY EVZERO PATH OO9313-1438
●素材:高純度ポリカーボネイト
●サイズ:全横幅:145mm 全縦幅:53mm
●重量:21g
●レンズカラー:プリズム ブラック イリジウム
●フレームカラー:ポリッシュドブラック
●可視光線率:13%
●紫外線透過率:1.0%以下

トップトレイルランナー愛用モデル

トップトレイルランナー、上田瑠偉選手も愛用しているのがESSクロスブレイド NARO。高い耐衝撃性に急激な温度変化でも曇らない特殊コーティング技術など、過酷なレースにも対応できるだけのスペックが魅力です。

ITEM
ESS CROSSBLADE NARO EE9034
●素材:ー
●サイズ:全横幅:142mm 全縦幅:49mm
●重量:32g
●レンズカラー:スモークグレイ
●フレームカラー:スカイブルー / ワイルドパープル / サンライズオレンジ / ヒデンホワイト / マットブラック / チタニウム / レッド
●可視光線率:15%

シャープなルックスでトライアスリート御用達のサングラス

bolle(ボレー)は1888年にフランスで創業された歴史あるレンズメーカーです。実は世界で初めたスキー用ゴーグルを発売したメーカーであることをご存知ですか?しなやかなで丈夫なフレームはかけていることを忘れさせるほど。ノーズパッドは鼻に合わせて調整が可能で抜群のフィット感を実現しています。ランナーだけでなくトライアスリートから高い支持を得ているのも納得ですね。

ITEM
Bolle VORTEX
●素材:ー
●サイズ:全横幅:141mm 全縦幅:50mm
●重量:ー
●レンズカラー:TNS / ブラウンブルー / ブラウンファイヤー
●フレームカラー:シャイニーブラック / マットホワイト / マットブラック

まるでカスタムメイドなフィッティングのイタリアン・アイウェア

サイクリストに人気のルディプロジェクトはイタリアのアイウェアメーカーです。デザイン性に優れるだけでなく特殊な工具なしでテンプル先端の角度を簡単に変えたり、ノーズピースを調整することであらゆるフェイスにまるでカスタムメイドのようにフィットします。

またレンズを簡単に交換できるのでさまざまなシチュエーションに対応できるのもポイントが高いです。

ITEM
Rudy Project STRATOFLY
●素材:ー
●サイズ:全横幅:136mm 全縦幅:42mm
●重量:26g
●レンズカラー:マルチレーザーブルー / マルチレーザーレッド
●フレームカラー:ブルーネイビーマット / マットブラック

普段使いもOK!ストリートカジュアルなサングラス

スポーツタイプのサングラスが機能的なのはわかるけれど、ちょっと本格的過ぎてランニングの時にしかかけられないのが…という方におすすめなのが人気急上昇のブランド、Eyevolです。このRS2は、ボストンタイプのちょっとレトロなデザインながらフィット感の高いテンプルパッドに超軽量仕様など、スペックは最新という意外性が魅力です。

ITEM
EYEVOL RYS 2
●素材:TR-90 / TPE
●サイズ:全横幅:141mm 全縦幅:48mm
●重量:23g
●レンズカラー:ダークグレー
●フレームカラー:ブラック / デミ / マットブラック / マットデミ / マットネイビー

夜でもクリアな視界でナイトランもおまかせ!

スワンズの軽量フレームサングラス、エアレスウェイブは重量わずか15gとその名の通り空気のように軽いサングラスです。これだけ軽いと壊れやすいのでは?と思ってしまうほどですが、ナイロン製のフレームはしなやかでねじれにも強く、ポリカーボネイト製のレンズも傷つきにくい仕上がり。ホールド性も抜群でナイトランの心強い味方となってくれるでしょう。

ITEM
SWANS Airless Wave MTSIL SA-517
●素材:フレーム / ナイロン レンズ / ポリカーボネート
●サイズ:全横幅:145mm 全縦幅:37mm
●重量:15g
●レンズカラー:イエロー(両面マルチコート)
●フレームカラー:マットチタンシルバー×マットブラック
●可視光線率:96%
●紫外線透過率:0.1%以下
ITEM
SWANS Airless Wave MTSIL SA-517
●素材:フレーム / ナイロン レンズ / ポリカーボネート
●サイズ:全横幅:145mm 全縦幅:37mm
●重量:15g
●レンズカラー:イエロー(両面マルチコート)
●フレームカラー:マットチタンシルバー×マットブラック
●可視光線率:96%
●紫外線透過率:0.1%以下

サングラスを取り入れてモチベーションアップを!

ランナー サングラス

出典:PIXTA

サングラスのさまざまな機能を紹介してきましたが、実は一番の効能はランへのモチベーションを高めてくれることではないでしょうか。私自身もランニングの前にサングラスをセットするといつも「やるぞ」という気持ちになります。できればサングラスは普段の練習用だけでなく、もう一本、レース専用のもの手に入れておくことをおすすめします。レースのスタート前に専用のサングラスをかけることでレースモードにチェンジ、集中力が高まっていく瞬間の興奮をぜひ味わっていただきたいです。

サングラスを探している人は、こちらの記事もおすすめ!

1
   

あわせて読みたい

イノヴェイト シューズ
イノヴェイトのシューズでナチュラルな走りを!トレランからロードまでおすすめシューズを紹介
抜群のグリップと軽量性、独自の機能搭載で数多くのランナーから人気を博しているのがイギリス生まれのイノヴェイト(inov-8)です。...
ke2t4
マラソン前日はどう過ごす?直前の練習・食事・睡眠をコントロールして調子を整えよう!
いよいよマラソン本番!自分の目標を達成するためには、それまでの練習だけでなく、レース直前に何をするかも重要です。特に、レース当日の...
記助
ブルックス ランニングシューズ
今、ランナーからじわじわと人気の『ブルックス』!ランニングシューズを比較紹介
日本でも徐々にユーザー数が増えており勢いがある『ブルックス』。最近では愛用しているトップ選手が増えてきており人気が高まっています。...
記助
距離は半分、でも楽しさは倍増?ハーフマラソンを楽しく走る方法、教えます!
ハーフマラソンはその名の通りフルマラソンの半分の距離を走る大会です。フルマラソンに比べて比較的手軽にエントリーできるので、これから...
Morotsuka 51
「ナイキ アルファフライ ネクスト%」の新色が登場!NRCチャレンジで規定タイムをクリアしたランナーに先行販売
エリウド・キプチョゲ選手が人類初のマラソン2時間切りを達成した偉業から1周年を記念して、キプチョゲ選手がレースで履いたものと同じカ...
RUN HACK編集部
Morotsuka 51
Morotsuka 51

40歳を目前に陸上未経験で走り始めました。フルマラソンからウルトラマラソン、トレイルまでさまざまな大会にチャレンジしていますが、記録更新よりも楽しくいつまでも走り続けられるライフスタイルを目指しています。