サロモンの「トレランシューズ」の魅力に迫る!シリーズ別の特徴から選び方まで紹介

トップアスリートから初心者まで、多くのランナーから支持を集めるサロモンのトレランシューズ 。レーシングモデルから、初心者も安心な万能モデルまで、豊富なラインナップが揃っています。今回は、サロモンのトレランシューズの魅力や選び方をまとめました。目的別におすすめ商品も紹介するので、ぜひシューズ選びの参考にしてみてください。

記事の目次

  • サロモンってどんなブランド?
  • 独自技術が満載!サロモンのトレランシューズの魅力とは
  • 豊富なラインナップ!どうやって選んだら良い?
  • レース仕様のトップモデル「S/LABシリーズ」
  • 汎用性抜群「SENSEシリーズ」
  • 悪路もバッチリ「SPEED CROSSシリーズ」
  • ハイキングにも活躍「XAシリーズ」
  • オプションも充実!トレランシューズに合わせる便利アイテムを紹介
  • 自分にピッタリなシューズを選び快適に走り出そう!

アイキャッチ画像出典:facebook/Salomon

サロモンってどんなブランド?

サロモンと聞くと、どんなイメージを持つでしょうか?ウインタースポーツのイメージが強い方も多いかもしれませんが、いま特にサロモンがエネルギーを注いでいるのがトレイルランニングです。まずは、サロモンとはどんなブランドなのか簡単に紹介します。

1947年に誕生したフランスのアウトドアブランド

トレイルランをするランナー

サロモンは1947年に誕生したフランスのアウトドアブランドです。元々は、スキーを中心としたウインタースポーツで業界をリードする存在でしたが、最近では登山やトレイルランニングにも力を入れています。

 

トレラン分野では多くのトップアスリートをサポートしており、彼らと共同で製品開発を行っています。シューズ、バックパック、ウェアなど、トレランに必要なアイテムなら何でも揃う総合ブランドとして、多くのランナーに愛されています。

「高いデザイン性」でファッション界からも注目!

ファッション性が高いサロモンのシューズ

サロモンは快適に走れる機能性だけでなく、ファッションアイテムとしても注目されています。最近では、アウトドアミックスのコーディネートとしてトレランシューズを普段使いするファッショニスタが続出。その中でも、サロモンのデザインは特に注目され、日本でもセレクトショップなどで展開されています。

独自技術が満載!サロモンのトレランシューズの魅力とは

今ではトレランシューズの中でもトップクラスの人気を誇るサロモン。その人気の秘密は一体どこにあるのか、サロモンの独自の技術について解説していきます。

優れたグリップ力を発揮「CONTAGRIP(コンタグリップ)」

サロモンのアウトソールのグリップ

「CONTAGRIP(コンタグリップ)」はグリップ性と耐久性に優れたサロモン独自開発のアウトソールです。整備されていない路面でもしっかりと地面を掴むように捉えることができます。

 

また、シリーズ毎に異なる配合で設計されているので、使用する路面状況に合わせた最適なグリップ力を発揮します。

足を包み込むようなフィット感「SensiFIT(センシフィット)」

サロモンのシューズのアッパー

「SensiFIT(センシフィット)」はソールから靴紐部分まで足全体を優しく包み、抜群のフィット感を実現するアッパー構造です。足がしっかり固定されるので、不安定な足場でも安心して走れます。

 

トレイルランは凸凹な路面を走るので、足裏の感覚も重要になってきます。サロモンのフィット感が高いシューズを履けば、路面の状態も把握しやすくなるでしょう。

脱ぎ履きが驚くほど簡単「Quicklace(クイックレース)システム」

サロモンのシューズのクイックレース

「クイックレースシステム」は靴ひもを結ぶ必要がなく、ストッパーを引くだけで簡単にシューレースの調節が可能なサロモンの特許技術です。走っている途中で靴紐が緩むことも少ないので便利です。シューズのベロ部分にポケットがあり、余った靴紐を収納できるようになっています。

豊富なラインナップ!どうやって選んだら良い?

サロモンのトレランシューズにはたくさんのシリーズがあります。種類が多いのは嬉しいのですが、その分選ぶのが大変と感じることもあるでしょう。そこで、どんな基準でシューズ選びをしたら良いのか紹介します。

目的や路面状況に合わせて考えてみよう

悪路を走るランナー

サロモンのトレランシューズには、大きく分けると4つのシリーズがあります。自分の目的や使用するシーンを想定して、どのシリーズが良いか選ぶと良いでしょう。

 

●上級者向けのレーシングモデルが欲しい →「S/LAB(エスラボ)」シリーズ
●練習からレースまで、幅広く使えるモデルが欲しい →「SENSE(センス)」シリーズ
●雨で濡れて滑りやすい路面や急勾配の坂道でも安心して走りたい → 「SPEEDCROSS(スピードクロス )」シリーズ
●トレランだけでなくハイキングでも使いたい → 「XA(エックスエー)」シリーズ

 

次の項目からは、シリーズごとのおすすめモデルを紹介していきます。

レース仕様のトップモデル「S/LABシリーズ」

「S/LAB(エスラボ)シリーズ」は、トップアスリートがパフォーマンスを最大限発揮できるように開発されたモデルです。実際のレースでトップアスリートに「S/LABシリーズ」を履いてもらい、そのデータを製品開発に反映しています。

 

選手の意見を反映しながら製品を作るので、場合によっては新製品が完成するまで2~3年ほど時間がかかることもあります。その分、完成度は高く、レースでのパフォーマンスを追求する方に向いています。

S/LAB SENSE 8(エスラボ センス 8)

重量はわずか195gとかなり軽量なシューズです。軽量で走りやすいだけでなく、前足部のクッション性を高めているので履き心地も良いです。

 

履き口がソックスのような形状になっていて、砂の侵入を防いでくれるので長時間のランニングでも快適さが続きます。

 

ITEM
S/LAB SENSE 8【ユニセックス】
●重量:195g
●素材:ー
●サイズ:22.5〜28.5cm
●カラー:1色

S/LAB SENSE 8 SG(エスラボ センス 8 SG)

「S/LAB SENSE 8」よりもアウトソールに深いラグ(凸凹)を採用したモデルです。水を含んでぬかるんだ柔らかい路面でもしっかりとグリップするので、地面を掴むように走れます。天候に応じて通常モデルと使い分けるのが良いでしょうう。

 

履き口のソックス部分の丈が長くなっているので、フィット感はさらに高まっています。

ITEM
S/LAB SENSE 8 SG【ユニセックス】
●重量:205g
●素材:ー
●サイズ:22.5〜28.5cm
●カラー:1色

S/LAB XA ALPINE 2(エスラボ エックスエー アルパイン 2)

どんな路面にも対応するアドベンチャーシューズで、ハードな環境を乗り越えられるシューズです。重量は少し増えますが、その分、安定感は抜群で走りやすいのが特徴です。

 

形状の異なるラグを配置することで、高いグリップ力と幅広い路面への対応力を実現。シューズと一体化したプロテクティブゲイターが、土や砂の侵入を防ぎ足首も保護します。

 

気温が高く暑い場合は、ジッパーを開いて通気性を確保することも可能なので、長時間ランニングするときなど天候が変化する可能性がある場合にも安心です。

ITEM
S/LAB XA ALPINE 2【ユニセックス】
●重量:370g
●素材:ー
●サイズ:23.0〜28.5cm
●カラー:1色

汎用性抜群「SENSEシリーズ」

「SENSE(センス)シリーズ」は、レーシングモデルである「S-LAB SENSE」をベースに、より一般ランナー向けに改良されたモデルです。上級者でなくても使いやすく、トレイルだけでなくロードでも問題なく走ることができる汎用性の高さが魅力でもあります。

SENSE 4 / PRO(センス 4 プロ)

「SENSE 4 /PRO」はSENSE シリーズのPRO(上位)モデルです。優れたグリップ力と適度なプロテクションを持ち、あらゆるトレイルで使えるオールラウンドタイプで、トレーニングからレースまで使えます。

 

着地時の衝撃を吸収する独自技術「Optivibe(オプティバイブ)」により、ロードでのランニングにも対応し足の疲れを軽減します。

ITEM
SENSE 4 / PRO【メンズ】
●重量:255g
●素材:ー
●サイズ:25.0〜28.5cm
●カラー:2色
ITEM
SENSE 4 / PRO【レディース】
●重量:215g
●素材:ー
●サイズ:23.0〜28.5cm
●カラー:2色

SENSE RIDE 3(センス ライド 3)

「SENSE 4 / PRO」よりも少し重くなりますが、クッション性とプロテクションを強化しており、初心者の最初の一足としてもおすすめな万能シューズです。クッション性に優れているので、ロングレースで足の負担を軽減したい中級者・上級者にも適しています。

ITEM
SENSE RIDE 3【メンズ】
●重量:280g
●素材:ー
●サイズ:25.0〜31.0cm
●カラー:4色
ITEM
SENSE RIDE 3【レディース】
●重量:235g
●素材:ー
●サイズ:22.0〜25.0cm
●カラー:3色

SENSE FLOW(センス フロー)

これからトレランを始める人におすすめなロード・トレイル兼用モデルです。アッパーの締め付け感が少なく、足の動きに自然と沿うようなフィット感があり、快適な履き心地を実現しています。

ITEM
SENSE FLOW【メンズ】
●重量:257g
●素材:ー
●サイズ:25.0〜28.5cm
●カラー:3色
ITEM
SENSE FLOW【レディース】
●重量:224g
●素材:ー
●サイズ:22.0〜25.0cm
●カラー:1色

SENSE FEEL GTX(センス フィール GTX)

「SENSE FEEL GTX」はGORE-TEX(ゴアテックス)を採用した防水モデルです。こちらもロード・トレイル兼用モデルなので、使用シーンや天候にも左右されず使い勝手が良いのが特徴です。シンプルなデザインなので、普段使いとしても履くのも良いですね。急な雨の日にも安心です。

ITEM
SENSE FEEL GTX【メンズ】
●重量:273g
●素材:ー
●サイズ:25.0〜28.5cm
●カラー:3色
ITEM
SENSE FEEL GTX【レディース】
●重量:235g
●素材:ー
●サイズ:22.0〜25.0cm
●カラー:3色

悪路もバッチリ「SPEED CROSSシリーズ」

「SPEED CROSS(スピードクロス)シリーズ」は、雨で滑りやすくなった路面や泥道、突き上げの多い岩場などでも安定したグリップ力を発揮します。他シリーズと比較すると少し重量感がありますが、ラグが大きく耐久性も高いのが特徴です。

SPEEDCROSS 5(スピードクロス 5)

「SPEEDCROSS 5」はアウトソールには深いラグが広めの間隔で配置され、地面の奥まで引っ掛かり抜群のグリップ力を発揮するので悪路でもバッチリ走れます。

 

地面をしっかり捉えられるので、蹴り出しの力がダイレクトに地面に伝わり、ブレーキもかけやすいのが特徴です。クッション性も高く、岩場や泥道など、荒れた路面でも安心の安定感があり、通気性や水抜けも良いので快適さもあります。

 

ITEM
SPEEDCROSS 5【メンズ】
●重量:320g
●素材:ー
●サイズ:25.0〜28.0cm
●カラー:7色
ITEM
SPEEDCROSS 5【レディース】
●重量:280g
●素材:ー
●サイズ:22.0〜25.0cm
●カラー:6色

SPEEDCROSS 5 GTX(スピードクロス 5 GTX)

「SPEEDCROSS 5 GTX」は「SPEEDCROSS 5」にGORE-TEXを採用したモデルです。防水性が高いので、ぬかるみに入っても浸水を気にする必要がありません。

ITEM
SPEEDCROSS 5 GTX【メンズ】
●重量:340g
●素材:ー
●サイズ:25.0〜28.5cm
●カラー:4色

ITEM
SPEEDCROSS 5 GTX【レディース】
●重量:290g
●素材:ー
●サイズ:22.0〜25.0cm
●カラー:4色

ハイキングにも活躍「XAシリーズ」

「XA(エックスエー)シリーズ」は、ハイキングからトレイルランニングまで使えるアドベンチャーシューズです。足の保護機能と耐久性、軽量さを兼ね備えたシューズとして人気になり、サロモンの定番として長年愛されています。

XA PRO 3D V8(エックスエー プロ 3D V8)

「XA PRO 3D V8」はクッション性とグリップ力が高く、岩の多いテクニカルなトレイルでも安定感を発揮するシューズです。「走らないけど、軽量なシューズで軽快に登山をしたい」という方からも人気が高いモデル。通気性や水抜けも良く、快適性も高いです。

 

現行モデルはアッパーの縫い目を減らし、圧着の加工を施すことで、従来モデルよりもさらに軽量化を実現しました。

ITEM
XA PRO 3D V8【メンズ】
●重量:340g
●素材:ー
●サイズ:25.0〜31.0cm
●カラー:4色
ITEM
XA PRO 3D V8【レディース】
●重量:300g
●素材:ー
●サイズ:22.0〜25.0cm
●カラー:3色

XA PRO 3D V8 GTX(エックスエー プロ 3D V8 GTX)

「XA PRO 3D V8 GTX」は、「XA PRO 3D V8」にGORE-TEXを採用したモデルです。山では天候が変わりやすいので、長時間行動する際など、防水性を重視する場合にはこちらがおすすめです。

ITEM
XA PRO 3D V8 GTX【メンズ】
●重量:370g
●素材:ー
●サイズ:25.0〜31.0cm
●カラー:4色
ITEM
XA PRO 3D V8 GTX【レディース】
●重量:315g
●素材:ー
●サイズ:22.0〜25.0cm
●カラー:3色

オプションも充実!トレランシューズに合わせる便利アイテムを紹介

サロモンにはシューズとあわせて使うことで、さらに快適に走れるアクセサリーの展開があります。どのようなものがあるのか見ていきましょう。

TRAIL GAITERS HIGH(トレイルゲイターズ ハイ)

「TRAIL GAITERS HIGH」は、履き口に使うシューズゲイターです。砂利などで荒れたトレイルを走る時には、シューズにゲイターを装着するのがおすすめ。シューズ内に砂や土が侵入することを防げるので、快適に走り続けることができます。

 

また、足首を固定することでくるぶしへの衝撃などを和らげ、怪我をするリスクも軽減できます。

ITEM
TRAIL GAITERS HIGH(トレイルゲイターズハイ)
●重量:138g
●素材:身生地(78% ナイロン, 22% ポリウレタン) 後身頃(100% ポリエステル)
●サイズ:S / M / L
●カラー:1色

TRAIL GAITERS LOW(トレイルゲイターズ ロウ)

「TRAIL GAITERS LOW」は、足首付近だけを覆うロータイプです。異物の侵入を防ぐ力はハイタイプの方が高いですが、より軽量で通気性を重視する場合はロータイプの方が適しています。

ITEM
TRAIL GAITERS LOW(トレイルゲイターズロウ)
●重量:121g
●素材:身生地(78% ナイロン, 22% ポリウレタン) 後身頃(100% ポリエステル)
●サイズ:S / M / L
●カラー:2色

QUICKLACE KIT(クイックレース キット)

サロモンの特許技術であるクイックレースシステムの交換キットです。これがあればどんなシューズでもクイックレースに変更することができるので便利です。

ITEM
QUICKLACE KIT(クイックレースキット)
●カラー:6色

自分にピッタリなシューズを選び快適に走り出そう!

サロモンのトレランシューズを履いて走る男性

サロモンは独自技術により高性能なシューズを多く開発しています。悪路からロード、ハイキングにまで対応しているので、まずは各シリーズの特徴を押さえてみましょう。ラインナップが豊富なので、シューズを使う目的や走る路面の状況などに合わせて選ぶことができます。自分にピッタリなシューズを探して、快適なトレイルランを楽しんでみてくださいね。

1
   

あわせて読みたい

水分補給をするランナー
水分補給の新常識!「ウォーターローディング」を実践してマラソンのパフォーマンスを高めよう
マラソンを走るとき糖質を体内に溜め込むカーボローディングという言葉を耳にする機会も多いと思いますが、水分を体内に貯めておく「ウォー...
gyunyu
【画像で解説】初心者でも身につく!ランニング基本の走り方入門
必要な道具が少なく、気軽に始められるスポーツであるランニング。一方で、ランニングは体への負荷が大きく、自己流で続けていると、体にゆ...
Midori
速いペースで走る人
「クルーズインターバル」って何?ランナーのレベルに適した効果的なやり方を解説
マラソンなどの持久系種目のトレーニングとして効果が高い「閾値走」。この閾値走は心身ともに負担が大きいものなので、同じペースで短い休...
記助
ウーフォス
スポーツ後に履きたい「ウーフォス」のリカバリーサンダルおすすめ9選!サイズ感や使い分け方も紹介
スポーツした後にスニーカーや普通のサンダルを履いていませんか?ウーフォスのリカバリーサンダルは疲れた足を優しく保護してくれ、スムー...
Nissy
エリートランナー
サブエガ(2時間50分切り)をマラソンで達成するための方法を徹底解説!
この記事では、マラソンでサブエガを目指すランナーに、その難易度や練習法をご紹介します。サブ4やサブ3を達成したランナーにとって、次...
かずじぃ
記助
記助

元800mランナー。100mからマラソンまで、観戦するのも走るのも好きです。楽しく走る方法や速く走るためのトレーニングを主に公開するので、お役に立てたら幸いです。