重りランは危険?初心者がランニングで重りをつけてはいけない理由

皆さんは、ランニングをするときにアンクルウェイトを使用してランニングに取り組んだことがありますか?脚に重りをつけることによって、手軽に脚に負荷をかけることができ、ランニングの効果を高めてくれそうですよね。しかしながら、重りをつけてのランニングは、実はかなりの危険をもたらすのです。今回は重りをつけてランニングをすることが身体やランニングフォームにどんな影響を与えるのか紹介していきます。正しいランニングの知識を身につけていきましょう。

記事の目次

  • やってしまいがちな「重りラン」。その効果は?
  • ランニングで重り付けることのリスク
  • ランニングで重りをつけても意味がない!フォームが崩れて怪我をするかも

アイキャッチ画像出典:PIXTA

やってしまいがちな「重りラン」。その効果は?

重りの効果について考える画像

出典:PIXTA

皆さんは、脚に重りをつけてランニングをする人を見かけたことはありませんか?ホームセンターやスポーツショップなどでは、アンクルウエイトと呼ばれる、脚につける重りの器具が売られています。一見、脚に重りをつけてランニングに取り組めば、トレーニング効果が高まりランニングが速く走れるようになると思いますよね。

 

しかしながら、脚に重りをつけてランニングに取り組むことで、ランニングが速くなるということはないのです。それはなぜでしょうか?

重りアリと重りナシではそもそも体の使い方が違う

走りの画像

出典:PIXTA

重りをつけて走るランニングと重りなしの場合では、そもそも体の使い方が違ってきます。そのため、重りをつけたからといってランニングのパフォーマンスには直結しません。足首に重りをつけたところで、発揮される筋力は脚を持ち上げる筋肉になります。

 

しかし、ランニングは地面を蹴る力によって前に進み走ります。そもそも走るときに使用される筋肉や体の使い方に違いがあるため、ランニングには効果が期待できません。

ITEM
ミズノ マキシマイザー20 ランニングシューズ

 

重りを外したからといって速く走れるようにはならない

走りが速くならないことを示す画像

出典:PIXTA

また、脚の重りを外した後って、脚が軽く感じるため脚の回転が速くなった感じがしますよね。しかしながら、感覚的には軽く感じて速く脚が動いているように感じますが、実際には重りを外したからといって脚が普段よりも速く動いているということはありません

 

人が走るときは地面を蹴った力によって前方に進みます。しかし、脚に重りをつけた場合は、地面を蹴る力には影響を及ぼさず、脚を引き付ける筋肉に刺激を与えるだけです。そのため走りの速さにはほとんど影響を及ぼしません。

ランニングで重り付けることのリスク

アンクルウェイト

出典:PIXTA

ランニングの際にアンクルウエイトを脚に装着し、重りをつけることは効果がないどころかケガの発生率を高め、ランニングフォームを崩しやすくなるなどのリスクをもたします。せっかくランニングを行うのにリスクが増えるなんて嫌ですよね。重りをつけることがなぜリスクをもたらすのでしょうか?重りを脚につけることによるリスクの原因を探っていきましょう。

余計な負荷がかかるので怪我をしやすい

ケガの治療の画像

出典:PIXTA

まず、脚に重りをつけることによって、普段のランニングではかからない余計な負荷がかかるため、バランスを崩し転倒やねん挫などのケガを起こしやすくなります。

 

また、ランニングの際は、脚や膝に体重の3倍の負荷がかかるといわれています。負荷のないランニングであってもこれだけの負荷がかかるのに脚に重りをつけることによて更なる負荷が脚や膝に加わりケガを起こすリスクを高めます。

ランニングフォームが崩れやすい

ランニングフォーム画像

出典:PIXTA

さらに、脚に重りをつけて走ることによってランニングフォームを崩しやすくなります。脚に重りがつくことによって、脚の動きと腕の振りのリズムに違いが生まれ、走りのリズムが崩れやすくなります。普通にランニングを行う場合と比べ体に変に力が入ってしまいフォームが狂います。

 

さらにフォームが崩れると転倒などケガを発症させるリスクを高めてしまうなどの悪循環も招きます。

ランニングで重りをつけても意味がない!フォームが崩れて怪我をするかも

重りの画像

出典:PIXTA

ランニングを行うときに脚に重りをつけて走るのは、ランニングのパフォーマンスの向上に効果がないばかりか、フォームの乱れやケガの発生率の向上など様々なリスクを高める要因になります。ランニングを行う際は重りはつけずに自重だけで走るようにしましょう。健康的に、そして安全にランニングに取り組んでいけれるようにしましょう。

   

あわせて読みたい

紫陽花 雨の日
雨でもウォーキングを続けるために!便利なアイテムと、続けるコツを紹介
健康やダイエットのためにウォーキングをしていても、雨が降っていると出かけようか、休息日にしようかと悩んでしまいますよね。ウォーキン...
Tommy
公園 自然の中を歩く女性
なんとなくウォーキングしても痩せない?効果的な歩き方とは
ダイエットをするためには適度な運動が大切になります。運動習慣があまりない人や苦手な人は、ダイエットのための運動に取り入れることが簡...
Tommy
MIZUNO WAVE DUEL NEO
ミズノの反撃!新素材を搭載したランニングシューズ「WAVE DUEL NEO」が登場
ミズノが独自に開発した高反発ソール素材「MIZUNO ENERZY(ミズノエナジー)」を採用したランニングシューズ「WAVE DU...
RUN HACK編集部
BROOKS HYPERION TEMPO
全米No.1ランニングシューズブランド「ブルックス」の「ハイペリオンテンポ」が本格上陸!
アメリカでNo.1のシェアを持つランニングシューズブランド「BROOKS(ブルックス)」の「HYPERION TEMPO(ハイペリ...
RUN HACK編集部
マラソンのタイム計測
ハーフマラソンの目標タイムはどう決める?完走に役立つペース配分や練習メニューも紹介
ハーフマラソンは「21.0975km」という長い距離を走るので、どれくらいの時間で完走できるのかイメージするのが難しいのではないで...
RUN HACK編集部
K・ヒロ
K・ヒロ

学生時代からずっとスポーツに取り組み、日々スポーツ科学に関しての知識を深めています。 スポーツのパフォーマンス向上や筋肉トレーニングに関しての記事を得意としています。