朝食抜きはダメ!ダイエット中に朝食を取り入れるべき理由やおすすめの食べ物をご紹介

ダイエットをする時、食べなきゃ痩せるという考えで食事をまるまる抜く人は多いです。特に朝食はいいやとおざなりになっている方も少なくないのではないでしょうか。実は、ダイエットにおいて朝食は必要不可欠です。痩せたいならば、実は朝食を食べた方が良いのです。今回は、ダイエットにおすすめな朝食や注意点について詳しく解説します。

記事の目次

  • ダイエットに「朝食」は必要不可欠!
  • 何を食べたらいい?朝食におすすめの食べ物
  • ダイエット中の朝食の注意点
  • ダイエット中こそ、美味しい朝食を取り入れよう!

アイキャッチ画像出典:PIXTA

ダイエットに「朝食」は必要不可欠!

ダイエットに朝食が必要なワケ

出典:PIXTA

ダイエットに朝食は必要不可欠です。朝食は腸内環境を整えて代謝を上げて1日の消費カロリーを高めるために必要です。

腸内環境が改善される

腸内環境はダイエットと関係

出典:PIXTA

朝食は、腸内環境を整えてくれるもの。ダイエットに効果的な体質作りには欠かせません。腸は単なる栄養の吸収や排せつだけではなく、便秘や肌荒れ、肥満といった健康に影響を与えていることが近年の研究から明らかになりました。

 

痩せている人の特徴として、満腹感を得やすいことがありますが、満腹感は腸内細菌と関係しています。この腸内細菌を増やすために、朝食を摂ることで良い影響があるため朝食がダイエットのための体づくりに効果的なのです。

 

特に腸内細菌を増やして腸内環境を整えるためには、食物繊維と乳酸菌が重要な栄養素です。食物繊維と乳酸菌は、腸内細菌のエサとなる栄養素なので摂取すると最近が増えて満腹感を得やすくなります。満腹感が得やすくなると、1回の食事量が減り、結果として1日の摂取カロリーを下げることができます。

 

自分の腸内細菌をチェックするための基準として便をチェックしましょう。便が水っぽかったり泥ぽかったりする場合やバラバラで力を入れないと排便できない場合には、あまり良い腸内環境といえません。バナナ状で自然に排便できる場合はとても良い環境だと言えます。

朝食抜きは代謝ダウンの原因に

朝食抜きは代謝ダウンに

出典:PIXTA

朝食を抜くと代謝が低くなります。基礎代謝には、内臓の働きによるカロリー消費が含まれています。内臓が活動するだけで1日の消費カロリーが上がります。

 

そのため、朝に何も食べないということは、昼食までの間に胃や腸が働かないためその分のカロリー消費が行われないということが代謝ダウンの原因です。朝食を摂ることは、内臓の活動を活発にして基礎代謝を上げるという目的で必要なことなのです。

何を食べたらいい?朝食におすすめの食べ物

オートミール

出典:PIXTA

オートミールはダイエットのための朝食としてとてもおすすめです。オートミールには、食物繊維とミネラルが豊富に入っていて、腸内細菌を増やすために手軽に摂れるのがおすすめなポイントです。

 

オートミールに含まれる食物繊維はダイエットに必要な腸内細菌のエサになります。また、オートミールは2分レンジで温めるだけで食べられるので時間がない朝にもぴったりです。オートミールは保存期間も長いのも特徴です。

ITEM
クエーカー オールドファッションオートミール
内容量:2.26 kg×2袋
原産国:アメリカ

ホットヨーグルト

ホットヨーグルト

出典:PIXTA

ヨーグルトには、乳酸菌が豊富に含まれていて食物繊維と同じようにダイエットに効果的な腸内細菌のエサになります。人は冷たい飲み物や食べ物を摂ると内臓の働きが抑えられてしまい基礎代謝が下がります。ヨーグルトは温めて朝食にすることで、内臓の働きをより活発にできるため基礎代謝があがるのです。

 

ヨーグルトは、朝食として食べている人も多いですが温めるとでダイエットには手軽で効果的な朝食になります。
加熱しすぎると、良い菌が死んでしまうので、乳酸菌の適正温度である40度くらいが一番いい温度です。温めには注意です。

卵

出典:PIXTA

卵はたんぱく質や脂質が多く含まれているため腹持ちが非常によくなります。結果的に間食が減ったり1回の食事量が減ったりすることで1日の摂取カロリーが少なるのがおすすめな理由です。

またタンパク質を朝とることで、昼にセロトニン、夜にメラトニンというホルモンが作られやすくなります。それによって昼の活動は豊かになり、夜は質のいい睡眠がとれ、身体の調子も整いやすくなります。それがダイエットしやすい身体を作っていきます。

卵のたんぱく質や脂質は脂肪分になりにくく、カロリーも1個当たり81kcalと少ないことも特徴です。

ブランパン

ブランパン

出典:PIXTA

朝はパン派だという方におすすめなのが、ブランのパンです。ブランには、普通のパンよりも食物繊維が多く含まれています。食物繊維は、ダイエットに効果のある腸内細菌を増やすことはすでに触れていますが、手軽に食べられるという点でもおすすめです。オートミールが苦手な日本人は少なくありませんが、ブランパンであれば食べられるという方は多いのではないでしょうか。

 

ブランパンは食物繊維を摂取するための朝食としてはぴったりです。ここに上記で紹介した卵料理を合わせると、たんぱく質が摂れてよりいい朝食になりますね。

フルーツはできるだけ生のものを

食物繊維を摂るという点においておすすめなのがフルーツ。生のフルーツは酵素が摂れるので良いのですが注意したいのはドライフルーツ。ドライフルーツは満足感が少なく、過剰に食べすぎてしまいがちです。量に注意して食べたり、しっかり咀嚼して満腹感を高めるようにして食べることを忘れないようにしましょう。

ダイエット中の朝食の注意点

ダイエットのために朝食が必要といって、食べすぎには注意です。また加工食品を食べてしまうのも避けた方がよいでしょう。

暴食はリバウンドの原因

暴食はリバウンドへ

出典:PIXTA

ダイエット中の朝食が大切といっても、暴食はリバウンドの原因になりかねません。朝だからと安心して暴食をしてしまうと、何のための朝食なのかがわからなくなってしまいます。

 

朝からカロリーを大量に摂取すると、午前中に必要なくなったカロリーはすべて脂肪になります。脂肪が増えるということはその分太るということです。食物繊維や乳酸菌を摂取し、腸内細菌を増やして満腹感を得ましょう。

加工食品は避けよう

加工食品は太る

出典:PIXTA

加工食品を朝食に摂らないように注意しましょう。朝食でなじみのある加工食品として、ハムやマーガリン、ウインナーがありますが、これらは全てダイエットに不向きな食材です。

 

確かに、満腹感を得るという点においてはたんぱく質や脂質が多く含まれているので良いですが、1回の食事で摂取するカロリーが高くなってしまうだけではなく、肥満を促進する腸内細菌を増やしてしまいます。加工食品が好きでどうしても食べたい人は、便をチェックして腸内環境をみながら摂取した方がよいでしょう。

ダイエット中こそ、美味しい朝食を取り入れよう!

朝食はダイエットに効果的

出典:PIXTA

食事を抜いてダイエットをしようとする人は多く、朝食を食べない人は非常に多いです。しかし、ダイエットをする上で朝食を摂らないことは非効率的です。

 

ダイエットの原理・原則は、消費カロリーと摂取カロリーのバランスです。朝食を摂ることは、満腹感を得ることと代謝を上げるという点において欠かせません。朝から食べ物をおなかに入れることで、内臓が活動するためカロリーを消費します。朝食習慣を身につけて、スリムな体を目指していきましょう!

監修者紹介

あわせて読みたい

ケトルベル スクワット
ケトルベルを使ったスクワットで全身を鍛えよう!正しいやり方と効果を解説
スクワットは下半身だけでなく、身体をバランスよく鍛えることができる優れたトレーニングです。そんなスクワットに、“万能器具”とも言わ...
ke2t4
膝 痛み
ランニングしたいのに…辛い膝の痛みから解放されるにはどうすればいい?
ランニングに関する悩みでポピュラーなものの一つに膝の痛みがあります。なぜ膝の痛みが発生するのか、膝の内側と外側で原因も変わってきま...
Morotsuka 51
ウルトラマラソン完走のカギ?スペシャルドリンクの選び方
長時間、長距離を走るウルトラマラソンでは補給がとても重要で、一般のランナーもスペシャルドリンクを置けます。スペシャルドリンクは単に...
Morotsuka 51
5本指ソックス
蒸れない、滑らない!5本指ソックスでもっとランニングを快適に
ランニングシューズに比べるとどうしても地味な存在ですが、実はソックスもシューズに負けないほどランニングのパフォーマンスに影響を及ぼ...
Morotsuka 51
靴紐 結ぶ
あなたのランニングが変わる?意外に知らない靴紐の正しい結び方
ランニングシューズの靴紐、きちんと結べていますか?実は正しい靴紐の結び方を知らずに自己流で結んでいる方も少なくないようです。せっか...
Morotsuka 51
raiga150
raiga150

東海大学体育学部競技スポーツ学科卒(2015) 東海大学大学院体育学研究科体育学専攻修了(2017) 主に体育・スポーツ分野のウェブコンテンツ作成に携わっています。 身体を動かすこと自体がとにかく好きで、筋トレやランニング、アジリティトレーニングなどは朝の日課にしています。