アディダス「アディゼロ タクミ セン」は薄底スピードモデル!レースと練習で有効活用する方法も解説

アディダスのランニングシューズでは、「アディゼロ プロ」や「アディオス プロ」のようにカーボン搭載のレーシングモデルが注目されています。しかし、もう1足「アディゼロ タクミ セン」という実績豊富な薄底のレーシングシューズもあります。そこで今回は、「アディゼロ タクミ セン」の特徴やターゲットとなるランナー、具体的な使用シーンについて詳しく紹介します。着用レビューもあるので、ぜひ購入の参考にしてみてください。

記事の目次

  • 「アディゼロ タクミ セン」はどんなシリーズ?
  • 「アディゼロ タクミ セン 7」の特徴を細かく紹介!
  • 「タクミ セン」をレビュー!実際の履き心地は?
  • 「アディゼロ タクミ セン」はどんな人に向いている?
  • アディダスのスピードモデルを活用してみよう!

アイキャッチ画像出典:Amazon

「アディゼロ タクミ セン」はどんなシリーズ?

「アディゼロ タクミ セン」は長い間、アディダスのトップレーシングモデルとして多くのランナーの支持を受けてきた人気モデル。まずは、シリーズの特徴から解説します。

ロード10kmの世界記録を更新したアディダスの薄底モデル!

10Kmの世界記録

アディダスの「タクミ セン」は、ロード10kmの世界記録を更新した選手が履いていた薄底シューズです。

※2020年1月12日バレンシアにて、ケニアのロネックス・キプルト選手が26分24秒の世界記録を出しました。

 

アディオス プロが登場する以前のポピュラーなレーシングシューズであり、現在も進化を続けているのでレースやトレーニングで活躍します。

 

当時は厚底シューズに規制がかかるという話が出始めたころであり、薄底シューズを履いている選手もまだ多くいました。

「タクミ セン 6」で大幅にバージョンアップ

タクミセン5とタクミセン6の比較画像

出典:(左)Amazon/(右)Amazon(加工:記助)

最新モデルは「タクミ セン 7」ですが、5から6に切り替わった際に、大幅にバージョンアップしました。

 

ミッドソールの基本的な組み合わせは今までと同じですが、新素材のLIGHTSTRIKEを使用しアウトソールのグリップ(ラグ)が大幅に改良されました。

 

この改良により反発力が増してスピードを出しやすくなっています。

最新作ではアッパーも改良

タクミセン6とタクミセン7の比較画像

出典:(上)Amazon/(下)Amazon(加工:記助)

「タクミ セン 7」ではシュータンが一体構造になり、クリアなメッシュ状の生地を採用することで、フィット感が高まっています。この改良により、足の機能をフルに使うことができより自由度が高い履き心地になっています。

 

また、アッパーの改良で軽くなっているので、よりピッチを上げた走りができるでしょう。

「アディゼロ タクミ セン 7」の特徴を細かく紹介!

最新モデル「タクミ セン 7」は薄底シューズと相性が良い方であれば、高いパフォーマンスを発揮できるシューズです。ここからは「タクミ セン 7」の特徴を詳しく紹介します。

クリアで特徴的な『ワンピースメッシュアッパー』

タクミセン7のアッパー

出典:Amazon

タクミセン7のアッパーには『ワンピースメッシュアッパー』が使われています。このアッパーは従来の素材と違い、透明の素材とメッシュ生地を格子状に組み合わせています。

 

そのため、アッパーの一部が透明になっているので特徴的な外見が目を引くでしょう。

 

この新アッパーによりフィット感が高まっているだけでなく、前作の「タクミ セン 6」よりも約20g軽くなっています。

BOOSTフォームとLIGHTSTRIKEを使った薄型ミッドソール

タクミセン7のミッドソール

出典:Amazon

BOOSTフォームLIGHTSTRIKEの両方を使用しているシューズはアディダスの中でも多いです。「タクミ セン 7」では前足部にBOOSTフォーム、中足部~後足部にはLIGHTSTRIKEを使用しています。

 

画像の通り、薄底のミッドソールでLIGHTSTRIKEの割合を増やすことでシューズの軽量化に成功しています。軽量で反発性の高いLIGHTSTRIKEと、弾むようなクッション性のBOOSTフォームの相乗効果により、推進力が生まれやすく薄底でスピードを出しやすくなっています。

 

また、中足部にはトルションシステムも使用し、中足部のねじれを防ぎシューズの安定感を高めています。

しっかり地面を捉える「コンチネンタルアウトソール」

タクミセン7のアウトソール

出典:Amazon

アウトソールには、レース用の自転車にも使われるコンチネンタルラバーを使用しています。このコンチネンタルラバーはグリップ力が高く、地面をしっかり捉えられるのが特徴です。

 

つまり、ミッドソールの構造により生まれた推進力を無駄にすることなく、しっかりと力を地面に伝えられるので効率が良くなっています。

「タクミ セン」をレビュー!実際の履き心地は?

筆者は「タクミ セン ブースト 3」と「タクミ セン 6」の2足を所持しているので、そのレビューを紹介します。

安定感が高く、早めのテンポ走との相性が良い

タクミセン3とタクミセン6

撮影:記助

「タクミ セン ブースト 3」を使用していたのは今以上にしっかり練習できていた時期で、10kmのテンポ走を3分30秒前後で行っていました。他のシューズと比較するとスピードよりも安定感があり、長い距離でも安心して走れる印象です。

 

薄底でクッション性はそこまで高くありませんが、効率良く走れるせいか走り終わった後の疲労感は少なく感じました。

 

「タクミ セン 6」では安定感はそこまで変わった印象はありませんでしたが、軽量になっているので走りやすいです。「タクミ セン 7」ではさらに20gほど軽くなっているので、さらに快適さが増しているでしょう。

「タクミ セン 6」はさらにスピードを出しやすく感じる

タクミセン6のアウトソール

撮影:記助

「タクミ セン 6」でアウトソールが大幅に変わったことにより、しっかりと地面を掴めます。「タクミ セン ブースト 3」と比較するとさらにスピードを出しやすくなったと感じます。脚の回転が良くなりピッチを上げやすく、長距離用のスパイクに近い感覚で走れる印象です。

 

最新作である「タクミ セン 7」も6のアウトソールを継承しているので、同じ感覚で走ることができますが、ドロップ(ソールのつま先とかかとの高低差)が変更になっている点は注意が必要です。「タクミ セン 6」は5mmドロップですが、「タクミ セン 7」は9mmドロップです。高ドロップになった「タクミ セン 7」では、より体重移動を行いやすく効率良い走りを行えるでしょう。

 

▼ドロップについて知りたい方は、こちらの記事もおすすめ!

「アディゼロ タクミ セン」はどんな人に向いている?

「タクミ セン 7」はスピードを出しやすいモデルですが、薄底なので地面から衝撃を受けやすいことに注意が必要です。そこで、ここからはどのような人やシーンに向いているのか紹介します。

サブ3ランナーのレース用

サブ3ランナーのイメージ画像

出典:PIXTA

タクミセンは薄底&軽量なレーシングモデルです。マラソンサブ3ランナーであれば、衝撃に耐えるだけの脚ができているのでマラソンなどのレースで使用するのが適しているでしょう。

 

しかし、アディオスプロなどの厚底レーシングシューズよりも薄底なので脚にかかるダメージが大きいです。

 

脚の負担が気になる方は5km~10kmなど、短くスピードが求められるレース用として使うのがおすすめです。また、厚底シューズのソールの高低差が気になる方、薄底の方が自然に接地できる方などにピッタリです。

スピードを意識したい練習用としても優秀

スピード練習をする選手のイメージ画像

出典:PIXTA

サブスリーなどの上級者であれば、レース用として履いてもしっかりとパフォーマンスを出せます。

 

サブ4ランナーで5km~10kmのレースに参加する方であれば、スピードを強化する練習用として使うと良いでしょう。

 

軽量でスピードを意識して走りやすいため、インターバルレペティションはもちろん、ウインドスプリント(流し)坂ダッシュヒルトレーニングなどでスピードを意識した練習のときに活躍します。

 

薄底でスピードを意識しやすくなるだけでなく脚力もつきやすいので、本番で厚底のレーシングシューズを履く方の練習用としても活用できます。

アディダスのスピードモデルを活用してみよう!

タクミセン7

出典:Amazon

 

「タクミ セン 7」は現在のアディダスのレーシングシューズの中では最も薄底シューズです。軽量でスピードを出しやすく、自力を鍛えやすいためレースだけでなく練習用としても使いやすいでしょう。

 

レース本番ではアディオスプロのような厚底レーシングシューズを使う人でも、スピードの出力を高める練習では「タクミ セン 7」がおすすめです。

 

もちろん薄底派の方でもしっかりフィットして走れます。シューズを上手く使い分けてたり、特徴を知って有効活用してみてください。

ITEM
アディダス アディゼロ タクミ セン 7 メンズ
●重量:170g
●サイズ:23.0cm~31.0cm
●カラー:イエロー、オレンジ
ITEM
アディダス アディゼロ タクミセン 7 レディース
●重量:170g
●サイズ:23.0cm~26.0cm
●カラー:イエロー、オレンジ

この記事を読んでいる人には、こちらもおすすめ!

 

紹介されたアイテム

アディダス アディゼロ タクミ セン 7…
アディダス アディゼロ タクミセン 7…
   

あわせて読みたい

Cloudflow
Onから3代目Cloudflowが7月8日に発売開始!日本初となるワイドサイズも
スイス発の人気パフォーマンスブランド「On(オン)」から、Cloudflowの3代目モデルが登場し、7月8日から発売開始となります...
RUN HACK編集部
ランニングマシン
アルインコのおすすめランニングマシン5選!お手軽なものから高機能なモデルまで比較紹介
フィットネス器具で有名なアルインコのランニング本格マシンを紹介しています。運動不足が気になっている方や天候を気にせず運動をしたい方...
Nissy
ナイキ フレックス プラス
ナイキのジュニア・キッズ用ランニングシューズ7選!子供の激しい動きにもしっかり対応するモデルを紹介
ナイキのジュニア・キッズ用ランニングシューズを紹介します。成長真っ只中の子供の足には、正しいサイズや優れた機能性で遊びや走りをサポ...
ke2t4
スノーターサー
アシックスのスノーランニングシューズ「スノーターサー」は雪国ランナーの必需品!口コミも紹介
アシックスの雪用ランニングシューズ「スノーターサー」について紹介します。スノーターサーは、雪上でのランニングやマラソン、ジョギング...
bluesnewton
ナイキ フリー ラン フライニット 3.0
ナイキの紐なしシューズならランニングも快適!普段使いにもおすすめなモデルを紹介
ナイキの紐なしランニングシューズを紹介する記事です。紐なしのシューズと言えば、ちょっとした買い物やお出かけなどで使う、サンダル感覚...
ke2t4
記助
記助

元800mランナー。100mからマラソンまで、観戦するのも走るのも好きです。楽しく走る方法や速く走るためのトレーニングを主に公開するので、お役に立てたら幸いです。