マラソンのペースメーカーってどんな人?なるための条件や報酬なども解説

マラソンで「ペースメーカー」という言葉があることをご存知でしょうか?初めて耳にした方も少なくないのでは。マラソンのペースメーカーとは、他の人を勝たせるために必要とされる存在です。日本では、2003年に行われた福岡国際マラソンで公認のペースメーカーが起用され、若手のマラソンランナーを育成することを目的としていました。本記事では、マラソンにおけるペースランナーについて詳しく解説します。

記事の目次

  • マラソンの「ペースメーカー」ってどんな人?
  • ペースメーカーっているの?いらないの?気になるその役割
  • 謎多き存在?ペースメーカーに関する疑問アレコレ
  • 大会と選手を支える影の立役者、それがペースメーカー

出典:PIXTA

マラソンの「ペースメーカー」ってどんな人?

ペースメーカーって?

出典:PIXTA

ペースメーカーとは、他の選手を勝たせるためにランナーもしくは協会が雇った人を指します。ペースメーカーは、指定された距離を指定されたタイムで走ることが求められ、ランナーにとっては、自分が考えているレースプランを再現するために必要な存在です。ペーサー、ペースランナーなどと呼ばれることもあります。

 

マラソンランナーにとっては、ある意味コンパスのような存在になるのがペースメーカーです。世界マラソン世界記録保持者のエリウド・キプチョゲが、ペースメーカーを使い42.195kmの2時間切り達成という企画では、41人のペースメーカーが1kmあたり2分25秒(時速21.1キロ)を維持し続け1時間59分40秒2を記録したことが報道されました。

 

このように、マラソンランナーにとってペースメーカーがいるのといないのでは記録に大きな差がでることもあるのです。

ペースメーカーっているの?いらないの?気になるその役割

ペースメーカーの役割は大きく二つあり、選手を先導して大会のペースを作ることと選手の風よけになることです。

選手を先導して大会のペースを作る

ペースメーカーによる先導
出典:PIXTA

選手を先導して大会のペースを作る役割は、選手の記録に直結すると思って問題ありません。なぜならば、マラソンの最中にランナーが自分のペースを把握するためには欠かせない存在だからです。ペースメーカーは、指定された区間を指定されたペースで走ります。

 

例えば、25キロから30キロ区間を時速20kmのペースで走るペースメーカーがいたとします。「30キロの壁」というのがマラソンでは有名ですが、25キロ区間からペースを作り直し、30キロ以降の区間でもペースをそこまで落とさず走らないようにするためには、ペースメーカーの役割が重要になってきます。ペースメーカーは、ランナーにとってペースの指針です。ペースメーカーが大会のペースを作るといっても過言ではありません。

選手の風よけになる

ペースメーカーによる空気抵抗減少

出典:PIXTA

ペースメーカーは、選手の風よけになり、タイムを出したい選手の空気抵抗を減らす役割も担っています。

 

伊藤慎一郎のペースメーカーがマラソンランナーに対して与える空気の影響について「空気抵抗によるエネルギーロスを換算すると時間に換算して232.4秒,約4分程度も体力温存が図れることがわかる」と報告していて、ペースメーカーがマラソンランナーの風よけになることがわかります。

謎多き存在?ペースメーカーに関する疑問アレコレ

ペースメーカーについての役割について解説しましたが、まだまだ謎多き存在なのではないでしょうか。下記では、ペースメーカーに関する疑問についてお答えします。

ペースメーカーはなぜ途中で棄権するの?

ペースメーカーの棄権

出典:PIXTA

ペースメーカーが途中で棄権する理由としては、契約上途中で棄権することが義務付けられている場合があるからです。ペースメーカーとして採用された以上、契約を守らなければなりませんがペースメーカーが完走を許されている契約もあります。

 

2017年に開催されたバルセロナ・マラソンでは。ペースメーカーが1位と2位を独占しサブ10を達成したことが報道されました。その他にもペースメーカーがトップを走っていたにもかかわらず後に続く選手がいなくなってしまったがために優勝してしまったケースもあります。

 

つまり、契約次第では完走することも可能ですが、ペースメーカーが途中で棄権した場合にはそういう契約を結んだものとして考えてもよいでしょう。

ペースメーカーを追い越すのはOK?

ペースメーカーを追い越す

出典:PIXTA

ペースメーカーを追い越すのは全く問題ありません。ペースメーカーはあくまでペースの指針なので、自分のペースに合わない場合には追い越しをする選手は少なくありません。ただし、その場合は風よけとしての役割は担うことができなくなります。

ペースメーカーは完走してはいけないの?

ペースメーカーの完走

出典:PIXTA

ペースメーカーが完走してよいのかよくないのかは、契約次第です。契約上完走が許されている場合には、完走しても問題はありません。しかし、契約上完走してはいけないと決められているにもかかわらず完走した場合には契約違反となってしまいます。

 

最近のマラソンでは、ペースメーカーが完走することを自粛するケースは少なくありません。

ペースメーカーは、どのくらいのペースで走っているの?

ペースメーカーのペース

出典:PIXTA

ペースメーカーのペース速度は、契約によって違います。マラソンランナーの平均速度は時速20km(1キロ3分~3分5秒ペース)と言われています。ペースメーカーが走るスピードは当然ながら同じような速度が求められます。そのため、およそ時速20kmのペースで走っていると考えてよいでしょう。

ペースメーカーってどういう人がなるの?

ペースメーカーってどんな人?

出典:PIXTA

ペースメーカーになる人は、トップの大会であればそれに準じる人がなることが多いです。しかし、各マラソン大会で公募が出ている場合もあり、条件を満たすことができると判断された場合は、市民大会のペースランナーとして一般ランナーが参加するケースもあります。

ペースメーカーの報酬ってどれくらい?

ペースメーカーの報酬

出典:PIXTA

ペースメーカーの報酬は、大会の規模と求められる能力によって大きな違いがあるので、一概に相場をいうことはできません。しかし、トップの大会であれば1位の選手は800万円ほどの賞金を手に入れることが出来ます。ペースメーカーとしての役割を全う出来れば、100万円~300万円程度の収入が見込めます。

 

ただし、市民マラソンなどの小規模なマラソン大会などでは報酬がもらえる可能性はほぼ0です。交通費が支給されるケースはありますが、ペースメーカーとして報酬をもらうのはかなり難しいでしょう。

ペースメーカーになるには?募集はどのようにされるのか?

ペースメーカーになるには

出典:PIXTA

ペースメーカーになるためには大会の規模に合わせて求められるタイムを満たさなければなりません。

 

トップの大会であれば、時速20kmとほぼトップアスリートと同じ程度の能力が求められます。そのため、陸上連盟などから指名されるケースが多いです。しかし、市民ランナーに公募されている場合は、下記のサイトから応募することができます。

Good Sports ペースメーカ募集ページ

種目によって求められるタイムが違いますが、ハーフマラソンであれば1時間30分以内、30kmマラソンであれば、2時間30分以内、フルマラソンであれば4時間以内で走ることができるのは最低条件です。

 

もしペースメーカーになるのであれば、ランニングウォッチなどで日々のランニングの速度を図ることは必須になってくるでしょう。

ITEM
Garmin ForeAthlete945
・時速/距離/ペース記録
・ランニングプラン作成
・最大酸素摂取量計測

大会と選手を支える影の立役者、それがペースメーカー

ペースメーカー

出典:PIXTA

ペースランナーは大会と選手を支える影の立役者です。マラソンランナーの記録向上のために途中棄権をする場合もあります。中にはそのまま優勝してしまうラッキーな立役者もいますが、アスリートファーストな姿勢はペースランナーに求められる要素といえるでしょう。

1

あわせて読みたい

出典:PIXTA
下半身を引き締めたい!レッグプレスの効果や正しい使い方
レッグプレスの使い方が今一つ分からないという方もいるのではないでしょうか。レッグプレスとは、専用のマシンを使用して下半身を引き締め...
kaz.hira
Active Tank White 2
人気沸騰中の「On」から2020春夏シーズンの新アパレルが登場!
ランニングやフィットネスで人気のブランド「On」から新アパレル発売のニュースが届きました!今回のコレクションでは、女性向けのトップ...
RUN HACK編集部
豚肉はダイエット中でも食べてOK?ダイエット向けレシピも紹介
ダイエット中は、できれば鶏のささみなど、脂質が少ないお肉を食べた方がいいとよく言われます。ところで、鶏のささみ以外のお肉は食べても...
kaz.hira
ナイキのランニングシューズを徹底解説!自分に合ったシューズを選ぼう
最近、ランニングシューズの中でも特に人気がある「ナイキ」。厚底シューズで有名な「ヴェイパーフライ」は値段が高いということもあって、...
記助
【膝が痛いランナー必見!】痛くなる前or後どちらで対処する?膝トラブルの対策法とおすすめのサポーター紹介
多くのランナーにとって最大のお悩みは「膝の痛み」ではないでしょうか。スポーツの中でもランニングは膝への負担が大きく、初心者から上級...
Tommy
raiga150
raiga150

東海大学体育学部競技スポーツ学科卒(2015) 東海大学大学院体育学研究科体育学専攻修了(2017) 主に体育・スポーツ分野のウェブコンテンツ作成に携わっています。 身体を動かすこと自体がとにかく好きで、筋トレやランニング、アジリティトレーニングなどは朝の日課にしています。