ランニング中は意外と水分を消費している!積極的に取り入れたい飲み物と便利グッズ

ランニング中は、汗などによって、体からかなりの水分を消費します。水分を消費したままでいると、脱水症状になる危険性があるなど、体に様々な健康問題を与えます。ランニング前やランニング最中、ランニング後などこまめに水分を摂取するようにしましょう。また、水分補給の際は、ただの水ではなく塩分も同時に摂取しましょう。今回は、効率よく水分補給してランニングを楽しむための方法を紹介していきます。

記事の目次

  • ランニング中も水分補給は必須!
  • 水分補給にはどんな飲み物がおすすめ?
  • ドリンクボトルの持ち運び方
  • ドリンクの持ち運びにおすすめの商品3選
  • ランニング中も効率よく水分補給しよう!

アイキャッチ画像出典:PIXTA

ランニング中も水分補給は必須!

運動中の水分補給

出典:PIXTA

ランニング中は、多くの水分を消費します。特に夏の炎天下などの時に水分補給を怠ると脱水症状や熱中症を引き起こす危険性があります。また、体の水分量が減少することによって、血液がドロドロになり脳梗塞や心筋梗塞などの血管障害を引き起こす危険性も高まります。こまめな水分補給で正常な体の水分量を維持することによって、これらのリスクを抑えることができ健康的にランニングに取り組むことができます。せっかくランニングするならリスクなく健康的に取り組みたいですよね。

 

20分置きに150ml程度の水分が必要

水の画像

出典:PIXTA

人の体は、おおよそではありますが1時間あたり800mlの水分補給が限界といわれています。しかし、ランニング中に一気にこれだけの水分量を摂取してしまっては、お腹が水っ腹でタプタプになりランニングが継続できなくなってしまいます。そのため、ランニング中の水分補給は、20分おきに150ml程度の水分をこまめに摂取するようにしましょう。

 

また、夏の炎天下でのランニングは、汗の発汗により著しく水分が減少します、そのため水分補給を行っても、水分の吸収が追いつかず体の水分量が減少する危険性があります。炎天下でのランニングで汗の発汗が激しい時は、涼しい場所でこまめに休憩をしながら水分補給をしていけれるようにしましょう。

水分補給にはどんな飲み物がおすすめ?

オススメ画像

出典:PIXTA

それでは、ランニング中の水分補給はどのようなものを飲むとよいのでしょうか?人の体の体液は0.9% の塩分濃度で調整されるようにできています。ランニング中は水分と一緒に塩分も汗と一緒に消費されます。そのため、ランニング中に真水だけの摂取は体液を薄めるばかりか、せっかく摂取した水分が体に吸収されることなく排出されてしまいます。ランニング中の水分補給は、水に少量の塩分が含まれたスポーツドリンクなどを摂取するようにしましょう。

カフェインは不向き

カフェインを含むコーヒーの画像

出典:PIXTA

また、ランニング中はカフェインがむくまれる飲み物での水分摂取は控えるようにしましょう。カフェインには、脳からアドレナリンを分泌させ運動のパフォーマンス向上させる作用があります。しかしながら、水分補給として大量のカフェインを摂取してしまうとカフェインの過剰摂取によりカフェイン中毒を発症するリスクを高めます。カフェイン中毒を発症すると最悪の場合死に至ります。ランニング中は、カフェインでの水分補給は避けるようにしましょう。

スポーツ飲料は薄めて飲む

スポーツドリンクを飲む女性

出典:PIXTA

水分と塩分の補給には、スポーツドリンクが適しています。スポーツドリンクには塩分が含まれているため、ランニングなどの運動中はスポーツドリンクを摂取することをおすすめします。

しかしながら、多くのスポーツドリンクは、飲みやすくするために、大量の砂糖が含まれ甘味が付けられています。市販で売られているスポーツドリンクをそのまま水分補給として利用すると、糖分やカロリーの取りすぎで糖尿病や肥満などの病気を発症する恐れがあります。そのため、スポーツドリンクを水で半分ほどに薄めて水分補給に利用するようにしましょう。

ドリンクボトルの持ち運び方

ドリンクボトルの画像

出典:PIXTA
特にロードや山道などでランニングする場合、補給用の水分の持ち運びは大変ですよね。ランニング時にランニングボトルの持ち運びがしやすいように様々な商品が売られています。ドリンクボトルをもっていくのをめんどくさがらずに、水分補給ができるようにランニング時は、ドリンクボトルを身につけて走るようにしましょう。

ボトルポーチを身につける

ランニングポーチ

出典:Amazon

まず、ドリンクボトルの持ち運びに便利な道具としてドリンクポーチがあります。腰回りや肩にポーチをかけて、その中にドリンクボトルを入れてランニングを行います。ランニング中の休憩中などに取り出して、いつでも水分補給ができます、また、ポーチであるためドリンクボトル以外にも、汗拭きのためのハンカチなどの小物もポーチに入れて持ち運びができるため便利です。

ハンドボトルを使う

ハンドボトル

出典:Amazon

その他にも、ドリンクボトルを持ち運ぶためにハンドボトルと呼ばれる商品もあります。ボトルポーチと違いドリンクボトルを手にもって持ち運ぶタイプになります。ボトルポーチは水分補給の際ポーチから取り出す手間がありますが、ハンドボトルであればドリンクボトルを手にもってランニングを行うため、走りながらの水分補給も可能です。また、ランニング中にボトルポーチが揺れてきになる人は、ハンドボトルを使用しましょう。

ドリンクの持ち運びにおすすめの商品3選

オススメ

出典:PIXTA

これからランニングに取り組もうという方やドリンクボトルを持ち運びたい人のために、おすすめの商品を3つ紹介していきます。自身の用途に合った商品を選んで、水分補給のためのランニングのお供にしてください。

①ランニングポーチ

ITEM
ランニングポーチ ウエストポーチ ボディーバッグ

ベルトの長さが調節可能でぴったりとフィットしドリンクボトルの揺れを気にすることなく持ち運ぶことができます。また、このランニングポーチには大容量の大きなポケットもあり、スマートフォンやお金、キャッシュカードなども持ち運び可能です。スマートフォンが持ち運べるため、音楽を聴きながらのランニングもでき楽しく走れること間違いなし。

②NIKEラージハンドヘルドボトル

ITEM
NIKE(ナイキ) ラージハンドヘルドボトル RN9006-057-F

腰や肩にボトルポーチをつけて走ることが気になる方は、こちらのハンドボトルタイプの商品がおすすめ。ドリンクボトルを手にもって走るため、ポーチから取り出す手間なくランニングしながらでも水分補給が可能です。さらに、小物を収納できるジッパーポケットもありスマートフォンも収納可能です。手でボトルをもって走りたい方のはこちらをどうぞ!

③AiRunTech

ITEM
AiRunTechランニング ポーチ

3つ目に紹介する商品は、ボトルポーチの「AiRunTech」です。ランニング中にボトルの揺れが気にならないようにグリッド弾性材を使用してボトルを安定させて揺れが気になることなく持ち運ぶことができます。さらに、ランニングをしながらでもボトルを取り出すことができいちいち止まってボトルを取り出す手間も不要です。

ランニング中も効率よく水分補給しよう!

水分補給をする女性

出典:PIXTA

ランニング中の水分補給は、様々な健康リスクを抑えるために非常に重要になります。ランニング中の水分補給は、真水やカフェインの摂取は避けて、塩分が含まれた薄めたスポーツドリンクなどを摂取していきましょう。また、ランニング中に適宜、水分補給ができるようにボトルポーチやハンドボトルを利用してランニング中にドリンクボトルを持ち運びいつでも水分補給ができるしましょう。

1
   

あわせて読みたい

【2021年版】最新のランニングシューズおすすめ21選!初心者から上級者まで今履きたいシューズを紹介します
2021年版最新ランニングシューズを紹介する記事です。ランニングを始めたい人から今楽しんでいる人まで、新しいシューズを探している人...
Nissy
アシックス メタライド
アシックス「メタライド」ならランがもっとラクに!シリーズの特徴や3モデルの使い分けも解説
アシックスの技術が全て詰め込まれたランニングシューズ「メタライド」について解説します。機能性の高さから注目され、販売直後は売り切れ...
gyunyu
ホカオネオネの超人気シューズ「ボンダイ」の特徴は?最新から限定モデルまでを一挙紹介!
ホカ オネオの人気シューズ「ボンダイ(BONDI)」シリーズについて特徴などを解説します。優れた機能性とデザイン性からランナーだけ...
のだぺん
ナイキ エア ズーム ペガサス 38
【レビューあり】ナイキ エア ズーム ペガサス 38が登場!アッパーの変更で快適性が大幅アップ
「あらゆるランナーのためのシューズ」として1983年に登場したナイキ ペガサス。最新作となる「ナイキ エア ズーム ペガサス 38...
RUN HACK編集部 青木
目指すは怪我ゼロ!ナイキ リアクト インフィニティラン フライニットを徹底レビュー
ナイキの「リアクト インフィニティラン フライニット」をレビューします。ナイキといえば厚底シューズで注目を集め、トップアスリートが...
Morotsuka 51
K・ヒロ
K・ヒロ

学生時代からずっとスポーツに取り組み、日々スポーツ科学に関しての知識を深めています。 スポーツのパフォーマンス向上や筋肉トレーニングに関しての記事を得意としています。