オークリーがアスリートから選ばれる理由は?スポーツ別のおすすめサングラスも紹介

スポーツ用のサングラスでおすすめは?と聞かれ、「オークリー」と答える方は少なくないでしょう。ランナーはもちろん、スタイリッシュなデザインでトライアスリートやサイクリストから絶大な人気があります。さらに2020年6月にはブランド初となるフラッグシップストアを渋谷にオープンさせたことで日本でも高い知名度を誇ります。オークリーのサングラスはなぜ、これほどアスリートから支持されるのか、その理由について解説していきます。また、スポーツ別におすすめモデルも紹介します。

記事の目次

  • トップアスリートからオークリーが選ばれる理由とは
  • オークリーはプロテクトギアとしても有効
  • スポーツ別におすすめのモデルは?
  • 「カスタムアイウェア」であなただけの一本が作れる!
  • あなたを守るサングラス、オークリーはそのトップブランド

アイキャッチ画像出典:Facebook/Oakley

トップアスリートからオークリーが選ばれる理由とは

サングラスにはレイバンやポリス、グッチなどさまざまな有名ブランドが存在します。しかし、数あるブランドの中でもオークリーはアスリートから絶大な支持を得ています。

 

オークリーがアスリートに愛される理由はどこにあるのでしょうか。

クリアな視界

オークリー クリアな視界

安いスポーツサングラスをかけた時、レンズの端部分が少しゆがんで見えるのが気になった方はいませんか?スポーツサングラスは、ライフスタイル用のサングラスと違ってレンズ自体がカーブを描いているので、そのままだとどうしてもゆがみが生じてしまうのです。

 

オークリーではHDO(High Definition Optics:高精細度光学)という特殊技術をレンズに用いることで、この視野の歪みを解消しました。

 

長時間装着していると、ちょっとしたことでも気になってしまうものですが、オークリーのサングラスならストレスフリーで走り続けられるでしょう。

超軽量、そして抜群のフィット感

オークリー 超軽量

オークリーのフレームにはO-Matter(オーマター)と呼ばれる特殊素材が使用されています。一般的な素材よりも約25%軽量にもかかわらず耐久性はなんと2倍!オークリーのサングラスをかけた時、驚くほど軽いにもかかわらず、それでいて一切華奢な感じがしないのは、このフレームによる部分が大きいのでしょう。

 

フレームの形状もフィット感を重視したものですが、さらに耳に当たる部分(イヤーソックといいます)やノーズパッドには、水分を吸収することでよりフィットする性質の素材が採用されていることもフィット感を高めています。

 

ところで、海外ブランドのサングラスでは日本人の平均的な顔の骨格などに合わないものもあり、実際に装着してみて、「あれ?」と思った経験はありませんか?

 

その点、オークリーではノーズパッドの大きさを調整することで日本人にもフィットする「アジアンフィット」モデルも用意しているので安心ですね。

オークリーはプロテクトギアとしても有効

サングラスには目の疲労を軽減するだけでなく、物理的に目を守ってくれるという機能があります。

驚異的な耐衝撃性

オークリー 衝撃に強い

オークリーのサングラスにはプルトナイトと呼ばれる特許素材が使用されています。このプルトナイトは、落下しても割れないはもちろんのこと、走行中に飛んで来た小石などが当たっても割れないという強靭な素材です。

 

オークリーのサングラスは多くのサイクリストから支持されていますが、その理由の一つがこの高い耐衝撃性です。万一の転倒の際にもオークリーのサングラスなら顔面の怪我のリスクを減らしてくれるーそんな安心感からも選ばれているのです。

米国国防総省も認めた耐衝撃性!

オークリー 軍も採用

オークリーには、ESS(Eye Safety Systems,Inc.)と名付けられたミリタリー部門が存在することをご存知でしょうか。ESSの製品はその革新的な技術で、軍隊や特殊部隊、警察、消防など、タフな現場から絶大な信頼を得ています。

 

現在では120か国以上の国々で使用されていると言われ、その品質の高さから、なんと米国国防総省から戦闘用のアイウェアとしても認定を受けています。

 

オークリーの高い耐衝撃性はこういったプロからのフィードバックにも裏付けられているのです。

スポーツ別におすすめのモデルは?

オークリーではスポーツ用サングラスについて幅広いラインナップを展開しています。その中からスポーツ別におすすめのモデルを紹介していきましょう。

ランナーの定番「RADAR LOCK PATH(ラーダーロックパス)アジアンフィット」

特にランナーから人気の高いサングラスです。歪みのないクリアーな視界に加えて、フィット感が良いことで装着していることを忘れるほどです。レンズを交換することでさまざまなシーンに対応できるもポイントですね。

ITEM
オークリー ラーダーロックパス アジアンフィット
●重量:29.1g(実測値)
●サイズ:フレーム全長 149mm、縦 43mm

自転車用なら「PRIZM TRAIL JAWBREAKER (プリズムトレイル ジョウブレイカー)」

プリズムトレイルレンズとは、岩や木の根等のコース上の障害物をいち早く認識できる、オークリー独自の技術です。レンズ交換が簡単で、広い視野など、サイクリストから人気の高い一本で、トライアスロンにチャレンジしてみたい方におすすめです。

風の巻き込みも少ないのはコンタクトレンズ使用者にもありがたいですね。

ITEM
PRIZM TRAIL JAWBREAKER (プリズムトレイル ジョウブレイカー)
●重量:ー
●サイズ:フレーム全長150mm、縦55mm

 

ゴルフ専用モデル「PRIZM Golf RADAR LOCK PATH (プリズム ゴルフ ラーダーロックパス)アジアンフィット」

サングラスは太陽や紫外線の影響による疲労を軽減するだけでなく、ゴルフで重要と言われるメンタル面でも大きな効用があります。

「プリズム ゴルフラーダーロックパス」は、その名の通りゴルフ専用に開発されたモデルで、グリーンの芝が読みやすくなったり、飛んでいくボールの弾道をしっかりと見極められるなど、冷静にプレーを続けるためのサポートをしてくれるでしょう。

ITEM
PRIZM Golf RADAR LOCK PATH (プリズム ゴルフ レーダーロックパス)アジアンフィット
●重量:約29.1g (実測値)
●サイズ:フレーム全長 149mm、縦 43mm

フィッシングやマリンスポーツには「SPLIT SHOT(スプリットショット)」

長時間水面を凝視することで、常に太陽の照り返しにさらされるフィッシングも目にはとてもハードなスポーツです。Split Shotは大きめレンズを採用することで顔面をカバー、取り外し可能なリーシュで紛失や落下を防いでくれます。釣りだけでなく、SUPやカヌーなどのマリンスポーツにも良さそうですね。

ITEM
SPLIT SHOT(スプリットショット)
●重量:ー
●サイズ:フレーム幅 143mm、縦(レンズ)43mm

普段使いには「FROGSKINS(フロッグスキンズ)」

サングラスはほしいけれど、スポーツ用のものはデザインにちょっと抵抗がある…という方におすすめなのがFROGSKINS(フロッグスキンズ)です。ちょっとレトロでスタンダードなフレームデザインは装着する人を選びません。

もちろんオークリーならではの耐衝撃性などの高い機能性はそのまま、普段使いの一本としていかがでしょうか。

ITEM
FROGSKINS(フロッグスキンズ)
●重量:ー
●サイズ:レンズ:約5.7×4.3cm、テンプル:約14.3cm、横幅:約12.8cm

「カスタムアイウェア」であなただけの一本が作れる!

オークリーには「カスタムアイウェア」というオーダーシステムが用意されており、あなただけのオリジナルな一本を作り上げることができます。

細かなカスタムが可能

オークリー カスタマイズ

オークリーの「カスタムアイウェア」の特長はカスタムのバリエーションの広さです。他のメーカーでも同様のプランを用意しているところはありますが、オークリーほど選択の幅が広いメーカーは見当たりません。

 

たとえば人気のモデル、RADARLOCKのカスタムを例に取ればレンズの形状にレンズ・ベンチレーションの有無、フレーム部分はアイコン、イヤーソック、バンドの各部分でカラーを選択可能なのでピッタリの一本に仕上げることができます。もちろん、人と同じものはイヤ、という方ならなおのことおすすめですね。

Webでかんたんオーダー

オークリー webでカスタマイズ

カスタムアイウェアはWebオーダーも可能です。ベースになるモデルを実店舗で確認したら、あとは好きなパーツやカラーをきせかえ感覚で選んでWebで注文するだけなので、じっくりと好みの一品に仕上げることができます。

あなたを守るサングラス、オークリーはそのトップブランド

オークリー アスリート

日本では、なぜかサングラスに対して「カッコをつけてる」というイメージが根強く残っていました。

 

箱根駅伝においても「学生らしくない」という理由でサングラスの着用の是非を問うという、「サングラス論争」が数年前まであったほどです。

 

しかし、現在では白内障や緑内障の原因ともなる紫外線を防ぐためにサングラスは有効という意見が多く見られるようになりました。

 

特に、長時間紫外線を浴びることになるランナーにとって、もはやサングラスは必需品とも言え、多くのトップアスリートがサングラスを使用しているのはご存知の通りで、中でもオークリーの使用率は圧倒的です。その事実こそが、オークリーの信頼性や高い品質の証拠と言えるでしょう。

 

サングラス選びで迷っているのであれば、まずはオークリーの中からお気に入りの1本を選んでみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ人にはこちらの記事もおすすめ!

 

1
   

あわせて読みたい

【2021年版】最新のランニングシューズおすすめ21選!初心者から上級者まで今履きたいシューズを紹介します
2021年版最新ランニングシューズを紹介する記事です。ランニングを始めたい人から今楽しんでいる人まで、新しいシューズを探している人...
Nissy
アシックス メタライド
アシックス「メタライド」ならランがもっとラクに!シリーズの特徴や3モデルの使い分けも解説
アシックスの技術が全て詰め込まれたランニングシューズ「メタライド」について解説します。機能性の高さから注目され、販売直後は売り切れ...
gyunyu
ホカオネオネの超人気シューズ「ボンダイ」の特徴は?最新から限定モデルまでを一挙紹介!
ホカ オネオの人気シューズ「ボンダイ(BONDI)」シリーズについて特徴などを解説します。優れた機能性とデザイン性からランナーだけ...
のだぺん
ナイキ エア ズーム ペガサス 38
【レビューあり】ナイキ エア ズーム ペガサス 38が登場!アッパーの変更で快適性が大幅アップ
「あらゆるランナーのためのシューズ」として1983年に登場したナイキ ペガサス。最新作となる「ナイキ エア ズーム ペガサス 38...
RUN HACK編集部 青木
目指すは怪我ゼロ!ナイキ リアクト インフィニティラン フライニットを徹底レビュー
ナイキの「リアクト インフィニティラン フライニット」をレビューします。ナイキといえば厚底シューズで注目を集め、トップアスリートが...
Morotsuka 51
Morotsuka 51
Morotsuka 51

40歳を目前に陸上未経験で走り始めました。フルマラソンからウルトラマラソン、トレイルまでさまざまな大会にチャレンジしていますが、記録更新よりも楽しくいつまでも走り続けられるライフスタイルを目指しています。