ランニングの快適度が数段高まる!ランニング用ソックスのおすすめ

ランニングする時、シューズはランニング用のものを購入する人が多いのですが、ソックスにはあまりこだわらない人が多いようです。実は普通のソックスからランニング向きのスポーツソックスに履き替えるだけで、見違えるほどランニングが快適になるだけでなく、ケガやトラブルの予防にもつながります。ランニングソックスの特徴と、実際にオススメのランニングソックスを紹介します。

記事の目次

  • ランニングソックスと普通のソックスの違いとは
  • ランニングソックス選びでチェックすべきポイント
  • まずは試してみたい、おすすめのランニング用ソックス
  • 本当に合うソックスを見つけるためのコツ
  • シューズはもちろん、ソックスにもこだわってみよう

アイキャッチ画像出典:PIXTA

ランニングソックスと普通のソックスの違いとは

出典:PIXTA

ランニングソックスは、一見すると普通のソックスと見た目があまり変わらないように見えます。しかし、ランニングソックスには、普通のソックスと違い、ランニングをサポートする優れた機能があります。

 

そもそも普通のソックスは、靴との間に履いて衝撃や摩擦をやわらげる効果や、防寒・吸湿などの機能があります。しかし、ランニング時には、汗をより多くかき、衝撃や振動、摩擦などがあるため、疲れやすく、豆や靴擦れの原因にもなります。

 

それに対し、ランニングソックスには滑り止め機能やクッション性の向上、その他のランニングをサポートする機能が多く備わっています。快適なランニングをしたいなら、ぜひシューズだけでなく、ソックスもランニング用のものを使いましょう。

ランニングソックス選びでチェックすべきポイント

出典:PIXTA

ランニングソックスにも、用途に応じて様々な種類のものがあります。ランニング初心者か上級者か、週何日・何時間ランニングするか、どのような路面を多く走るか、その他気候やシーズンによっても、最適のランニングソックスは異なります。

 

ランニングソックスを選ぶポイントを紹介しますので、早速チェックしてみましょう。

その1:素材

出典:PIXTA

ランニングソックスの素材は、綿やポリエステルが多いですが、その他にも多くの素材が使われており、それぞれに長所と欠点があります。

 

綿は肌触りが良く吸水性も高いですが、シワになりやすく乾きにくいのが欠点です。ポリエステルはシワになりにくく丈夫ですが、吸水性があまりありません。綿とポリエステルを混ぜ、吸水性と履きやすさとを両立させたランニングソックスもあります。

 

その他にも伸縮性が大きいが摩擦に弱いポリウレタン、弾力性があるが吸湿性がないナイロン、伸縮性があるが縮みやすいウールなどを使うこともあります。

その2:5本指なのか、ラウンドなのか

出典:PIXTA

普通のソックスのほとんどは、指が分かれていないラウンド型ですが、ランニングソックスにはラウンド型の他、5本指のタイプもあります。

 

5本指のランニングソックスは、指がそれぞれ分離しているので、1本ずつの指が動かしやすく、地面を捉えて蹴り出すのが楽になります。また、指どうしがこすれ合わないので、水ぶくれやマメができにくくなります。つまり、5本指タイプの方が、ランニングに向いているといえます。

出典:PIXTA

とはいえ、多くの人が日常的にラウンド型のソックスを履いているので、いきなり5本指のランニングソックスを履くとかえって走りにくいかもしれません。ラウンド型にも優れたランニングソックスはたくさんあるので、必ずしも5本指タイプにこだわる必要はありません。

 

他にも、踏ん張りがきく二本指の足袋型ソックスもありますが、あまりランニング向けの商品はありません。

その3:生地の厚さ・耐久性

出典:PIXTA

ランニングソックスには、厚手のものと薄手のものがあります。最近では、研究開発のおかげで薄手でも快適で破れにくいものも増えていますので、用途に応じて使い分けましょう。

 

厚手のランニングソックスは、クッション性が高いため地面からの衝撃が軽くなります。山道や林道など、舗装されていない場所でのランニングや、トレイルなどの長距離走に向いています。防寒効果も高く、耐久性も高いです。反面、暑さには弱いです。また、シューズのサイズによっては厚すぎるランニングソックスが履きにくい可能性もあります。

 

薄手のランニングソックスは、地面を蹴った振動が足に伝わりやすいです。舗装された路面を、短距離ランニングする場合に適しています。軽量で通気性も良いため、夏の暑い時期などには良いですが、厚手のものと比べると耐久性が低いです。

その4:丈の長さ

ランニングソックスの丈の長さは、「アンクル丈」「レギュラー丈」「ハイソックス」の3通りがあります。

 

アンクル丈の「アンクル」とは英語でくるぶしのことで、くるぶしまでの小さいランニングソックスを指します。はだしに近いので動きやすく、通気性が高いです。ランニング中にずれないように、かかと周りにホールド感のあるものを選びましょう。また、ランニングタイツと併用する場合にも適しています。

出典:PIXTA

レギュラー丈は、一般的なソックスと同じように足首までガードするランニングソックスです。シーズンやランニング目的などを問わず、オールマイティーに使えます。

出典:PIXTA

ハイソックスはロング丈とも呼ばれ、膝下までの長さがあるランニングソックスです。ふくらはぎを適度に締め付けるので、寒さ対策や疲労軽減、ふくらはぎのけいれん対策になります。冷え性の人や、ランニング中にふくらはぎがよくつる人に適しています。

その5:立体構造

出典:PIXTA

長時間ランニングをしていると、土踏まずが痛くなった経験はないでしょうか?これは、ランニングでは土踏まずがいったん潰れて衝撃を吸収し、その反動がバネのような推進力になるからです。この土踏まずの痛みを放置すると、足底筋膜炎などになることがあります。

 

多くのランニングソックスでは、土踏まずのアーチ状になっている立体構造をサポートする、「アーチサポート機能」が備わっています。ランニングソックスが土踏まずを持ち上げてくれるので、長い時間ランニングをしても足の裏のアーチ構造が保たれ、疲れにくくなります。

 

また、着地から地面を蹴り出すときに、かかとにも負担がかかります。それをサポートするアンクルサポート機能付きのランニングソックスは、足首周りをサポートしてぐらつきをなくし、アキレス腱の疲労や損傷を防いでくれます。

滑り止めや防臭など、付加機能も

出典:PIXTA

より、靴と足のフィット感を高めるために、滑り止めの機能が付いたランニングソックスもあります。ランニングしていると、どうしても靴と足の間にスキマが生じ、こすれてしまいます。そうなると、前に進む力が伝わりにくくなる上、疲労がたまりやすく、ケガの可能性も高まります。滑り止めがあると、フィット感が高まることで無駄な力が減り、効率よいランニングにつながります。

 

また、ランニングするということはたくさん汗をかくということです。すると、足が蒸れ、臭いが気になってくるでしょう。その臭いを軽減するための、防臭機能がついたランニングソックスもあります。

まずは試してみたい、おすすめのランニング用ソックス

チェックする項目がたくさんあり、どのランニングソックスを選べばいいか、かえって迷ってしまいそうですね。そこで、まず試してみたい、おすすめのランニングソックスを目的別に10商品、選んでみました。

5本指ソックスなら:タビオレーシングラン5本指ソックス

ITEM
タビオ レーシングラン5本指ソックス

靴下専門メーカーのタビオスポーツが販売している、ランニング向きの5本指ソックスです。長時間のレースでも耐えられるように、薄手ながらフィット製が高く、軽量で丈夫です。グッドデザイン賞も受賞したことがあり、デザイン性もバツグンです。

ラウンドソックスなら:ナイキライトウェイトノーショウランニングソックス

ITEM
ナイキ ライトウェイト ノーショウ ランニングソックス
素材:ポリエステル 51%、ナイロン 43%、ポリウレタン 6%

ナイキが開発した、速乾性に優れたDRI-FIT素材を採用しているので、ドライで快適な履き心地のラウンドソックスです。 土踏まずの部分にはダイナミックアーチがあり、長時間ランニングしても、足の裏の衝撃を抑えられます。

コスパ重視なら:アシックス2足組アンクルソックス

ITEM
アシックス 2足組アンクルソックス
品質: ポリエステル・綿・その他

コストパフォーマンスに優れたランニングソックスなら、アシックスの2速組アンクルソックスが良いでしょう。アンクル丈のソックスは比較的安いですが、他の安物と違って足底に滑り止めがあるので、脱げにくいです。

足底のパフォーマンス重視なら:ザムスト HA-1 レギュラー丈

ITEM
ザムスト HA-1 レギュラー丈
素材:綿、アクリル、ナイロン、ポリウレタン、ポリエステル

ランニングソックスの大きなメリットの一つ、足底のパフォーマンスをきちんと維持するために、クッション性を重視した独自の編み方を採用しています。かかとと足底のアーチをがっちりサポートするので、ランニングによる疲れを緩和してくれます。

反発力重視なら:ニシ・スポーツ VVホールド

ITEM
ニシ・スポーツ VVホールド
素材:アクリル/ポリエステル/ポリウレタン/ナイロン

ニシ・スポーツが陸上競技のために開発した、レーシングソックスです。反発力を引き出す「VV(ダブルブイ)ホールド」で、つま先側にもV字ホールドが1本増やされ、フィット感が高いのが特徴です。裸足で走っていると勘違いしてしまうほど、軽やかな走りができますよ。

耐久性のあるコットン素材なら:ナイキ コットンクッションクォーターソックス

ITEM
ナイキコットンクッションクォーターソックス
素材 :コットン69% ナイロン29% スパンデックス2%

丈夫な生地のコットン(綿)が約60%使われ、耐久性が高く肌触りが良いです。夏は涼しく、冬は暖かいので、オールシーズン使えます。土踏まずのアーチ部分を、しっかりサポートしてくれます。

足首の安定重視なら:シーダブルエックス 5本指サポートソックス

ITEM
シーダブルエックス 5本指サポートソックス
素材 :ポリエステル 綿 

シーダブルエックス独自のテーピング理論を使い、足首をしっかり固定して安定したランニングを実現してくれます。また、足の裏も縦と横のダブルアーチサポートで、疲れを軽減してくれます。

優しい履き心地なら:シースリーフィット ショートソックス”

ITEM
シースリーフィット ショートソックス
素材 :ポリエステル、ナイロン、コットン、アクリル、ポリウレタン

シースリーフィットのショートソックスは、足裏のサポート機能が備わっていながら、とても履きやすいのが特徴です。足裏の3つのアーチをサポートするクロステーピング構造、かかとやつま先を守るパイル構造に加え、かかと上部のガード部分が、ソックスがずれてシューズに入ってしまうのを防ぐ役割も果たします。

ハイレベルなランニングを目指すなら:ファイテン足王(ソッキング) レーサー 5本指ソックス

ITEM
ファイテン 足王(ソッキング) レーサー 5本指ソックス
素材:綿・ナイロン・ポロエステル・その他

力強くパワフルな走りを目指す人におすすめの足王(ソッキング)レーサーは、マラソンにも十分に耐えられる高スペックを持ちます。生地が非常に薄く、裸足に近い走りができますが、ランニング初心者には足に違和感を感じ、履きにくいかもしれません。

左右別タイプのハイソックスなら:アールエルソックス ランニングハイソックス5本指タイプ

ITEM
アールエルソックス ランニングハイソックス 5本指タイプ

世界初となる、左右別々のソックスを開発したR×L SOCKS(アールエルソックス)のハイソックスタイプです。足首から上の部分は、段階的に糸数が増え、ふくらはぎの形に合った「特殊段階編立」があるので、ハイソックスで5本指タイプながら履きやすく、ランニングしていてもずれにくいです。

本当に合うソックスを見つけるためのコツ

ランニングソックスのおすすめ商品を紹介しましたが、一つだけ試して満足していたらもったいないかもしれません。いろいろな方法を試しながら、あなたのランニングが最も快適になる、本当に合うソックスを見つけましょう。

いろいろなタイプのソックスを試してみる

出典:PIXTA

ランニングソックスにはそれぞれ一長一短があるので、いろいろなタイプのソックスを試して、一番はきやすい物を探しましょう。例えば、5本指ソックスはランニングに適していますが、慣れるまではラウンド型をはき、慣れてきたら二本指の足袋型、最後の5本指タイプのランニングソックスにするなどがよいかもしれません。レースでぶっつけ本番で履くよりも、まずは練習で試しばきしてみることをお勧めします。

サイズとフィット感はとても重要

普通のソックスでもサイズやフィット感は大事ですが、ランニングではより一層、重要になります。足のサイズが何センチかはもちろん、動きやすいアンクル丈かふくらはぎまでフィットするハイソックスか、オールマイティーなレギュラー丈かなども考えましょう。また、よりフィット感を高めるために、滑り止め機能があれば、主にアップダウンの激しい路面などでランニングする時に走りやすくなります。

左右異なるソックスが合うことも

出典:PIXTA

片足ずつ、別のソックスをそろえる「ソロソックス」という物もあります。1枚ずつ別々にソックスを買うのは、主に好きな色を組み合わせるデザイン性を高めるためですが、この発想は、ランニングソックスの機能性にも応用できます。

 

左右の足のサイズは誰でも同じ、というわけではありません。それどころか、数ミリ程度の差があるのは珍しくありません。この差は、歩く程度なら気にならなくても、ランニングすると負担になりかねません。

 

シューズを左右替えるのは難しいですが、ランニングソックスを左右異なる物にして、調整することが簡単です。例えば、右足の方が数ミリ大きいなら、右足に薄出、左足に厚手のソックスをはくなどの対策がとれます。

シューズはもちろん、ソックスにもこだわってみよう

出典:PIXTA

ソックスはシューズのように「変更したからタイムが縮んだ」とはならないかもしれませんが、ランニングの快適性を上げるためには欠かせないアイテムです。フルマラソンやもっと長い距離を走るとなると、足裏の快適性は無視できない問題ですよね!路面や靴との相性、自分の好みなど、「走りやすいソックス」をぜひ見つけてみてください。

1

あわせて読みたい

出典:PIXTA
下半身を引き締めたい!レッグプレスの効果や正しい使い方
レッグプレスの使い方が今一つ分からないという方もいるのではないでしょうか。レッグプレスとは、専用のマシンを使用して下半身を引き締め...
kaz.hira
Active Tank White 2
人気沸騰中の「On」から2020春夏シーズンの新アパレルが登場!
ランニングやフィットネスで人気のブランド「On」から新アパレル発売のニュースが届きました!今回のコレクションでは、女性向けのトップ...
RUN HACK編集部
豚肉はダイエット中でも食べてOK?ダイエット向けレシピも紹介
ダイエット中は、できれば鶏のささみなど、脂質が少ないお肉を食べた方がいいとよく言われます。ところで、鶏のささみ以外のお肉は食べても...
kaz.hira
ナイキのランニングシューズを徹底解説!自分に合ったシューズを選ぼう
最近、ランニングシューズの中でも特に人気がある「ナイキ」。厚底シューズで有名な「ヴェイパーフライ」は値段が高いということもあって、...
記助
【膝が痛いランナー必見!】痛くなる前or後どちらで対処する?膝トラブルの対策法とおすすめのサポーター紹介
多くのランナーにとって最大のお悩みは「膝の痛み」ではないでしょうか。スポーツの中でもランニングは膝への負担が大きく、初心者から上級...
Tommy
mutu981100166
mutu981100166

ランニングやスイミングを日々行いながら、40代以降の健康作り・体力づくりをサポートしています。アウトドア活動も大好きです。超高齢化社会を健康で元気に乗り切りましょう。