最強のランニングウォッチ・ガーミンを徹底比較!ランナーに支持される理由とは

ランナーにランニングウォッチといえば?と聞くと真っ先に名前が挙がるのがガーミンです。現在ではさまざまなメーカーがGPS機能付きの製品をリリースし、多くの製品が市場にあふれている中、なぜこれほど支持されているのでしょうか。ガーミンが最強のランニングウォッチと呼ばれている理由やランナー別のおすすめのモデルを解説していきます。

記事の目次

  • ガーミンがランナーに支持される理由
  • 選ばれるのも納得!ガーミンが他のウォッチより優れているポイント
  • ガーミン、使いこなすには?
  • ランナータイプ別・おすすめのガーミンを紹介!
  • 「壊れてしまった!」、でもアフターフォローがあるから大丈夫
  • ガーミンを購入したらまずはいろいろ試してみよう!

アイキャッチ画像出典:Unsplash/Zan

ガーミンがランナーに支持される理由

さまざまなブランドからGPSを使ったランニングウォッチがリリースされていますが、ランナーにどのブランドのランニングウォッチを使っているのかを聞くと、多くの方がガーミンの名前を上げます。これほどまでにガーミンがランナーから支持されている理由はどこにあるのでしょうか。

他を寄せ付けない!航空機業界で培ったGPS技術

GARMIN ロゴ画像

ガーミンは米国国防総省のプロジェクトに携わっていたゲイリー・バレルとミン・H・カオという二人の電気設計技師が1989年にアメリカで創業した会社です。

 

彼らはプロジェクトで携わった衛星測位技術を活かして航空機用のGPSナビゲーション機器の開発・販売を行っていました。

そこから展開して航空機や自動車、フィットネスとさまざまな分野の製品をリリースしていきましたがその中心には常に高い精度を誇るGPS機能がありました。

 

このGPSに関する高度なノウハウがあったからこそ、現在もGPSウォッチの分野では圧倒的な支持を得られているのでしょう。

 

ちなみに、お気づきになられたかもしれませんが、ガーミン(GARMIN)とは二人の創業者の名前を併せたものです(Gary+Min )。

 

ランナーの女性エンジニアが開発したガーミン

女性エ女性ランナーズが開発したガーミンランニングウォッチ

出典:PIXTA

いまやランニングウォッチの代名詞となっているガーミンのフォアアスリート(ForeAthlete)シリーズ最初のモデルが登場したのは2003年です。

 

当時登山用のGPSを担当していた女性エンジニアが、GPSを手に巻き付けて走ってみると距離やスピードが計測しやすいことに気が付いたことが発端となっています。彼女は学生時代に陸上経験があったとのことですが、意外なきっかけで誕生したんですね。

 

現在、ガーミンのGPS事業は、航空、海洋、自動車、アウトドア、フィットネスの5部門となっていますが、開発・設計から製造、販売、そしてアフターサービスまですべて社内で完結する体制は変わりません。

 

たとえば自動車部門で開発されたGPSの新技術が部門の垣根を越えてランニングウォッチに取り入れられる、これは他社にはまねできないガーミンならではの強みといえるでしょう。

選ばれるのも納得!ガーミンが他のウォッチより優れているポイント

ランニングウォッチはたくさんありますが、その中でもガーミンがランナーに選ばれるのには理由があります。早速解説していきます。

正確なGPS

ガーミンの強みはGPS技術

出典:PIXTA

GPSはご存じのとおり人工衛星からの電波を受信することで正確な位置を割り出す仕組みです。ガーミンは日本の真上の軌道を通る準天頂衛星システム「みちびき」に対応しているので電波遮断が少なく、正確な測定が可能です。何よりガーミンの始まりはGPS機器の開発、GPSに関するノウハウは他社の追随を許しません。他社のランニングウォッチが時計にGPS機能を追加したものとすれば、ガーミンはGPS機器に時計の機能も持たせたもので、根本から考え方が違うのです。

便利なアプリ、ガーミンコネクトが使える!

ガーミンコネクトは使いやすいアプリ

ガーミンを購入したらまずガーミンコネクトをスマホにダウンロードしましょう。距離や消費カロリーといったデータを保管してくれるだけではなくコーチング機能があり、自分のトレーニングの管理も行ってくれます。

一人で走っているとどうしても自分に甘くなってしまいがち、トレーニング機能を使って客観的に振り返ることで練習の精度を上げていくことができます。

さらに専門のトレーナーがさまざまなトレーニングメニューを作成しており、そのデータをあなたが使っているガーミンに移すことも可能です。

これまではPCでしか使えなかった機能が全てスマホでできるようになったガーミンコネクト、使わない手はないでしょう。

圧倒的な軽量性と使いやすさ

長距離走でガーミンは頼りになる

出典:PIXTA

各種センサー類を装備しながら軽く仕上がっているのもガーミンの特長です。ランニング中でもつけているのを忘れそうなほどで長時間装着していても気になりません。ランニング中の基本操作はタッチボタンではなく物理ボタンを使用するので手袋をしていても使いやすいのもランナーにはありがたいでしょう。

ガーミン、使いこなすには?

様々な機能が盛り込まれたガーミンですが、使いこなせるのか?と思うくらい機能が充実しています。またスマホのアプリと連動させることでさまざまなカスタマイズも可能です。

トレーニングモードを活用しよう

様々なトレーニングモードが用意されている

せっかくガーミンを購入しても、距離とペースの記録だけしか使っていない方も多いです。しかしガーミンにはさまざまなトレーニングモードが用意されているので使わないのはとてももったいないです。ランニング以外のフィットネスデータを取って、自分がどのくらい運動をしているのかなど、健康に役に立つデータをためていきましょう。

表示画面をカスタマイズ

フェイスをいろいろ変えられる

スマホアプリのガーミンコネクトIQを使えばガーミンの表示画面(ウォッチフェイス)を簡単に変更できます。さまざまなウォッチフェイスが用意されているので、気軽に新しい時計に変身します。腕時計を何本も買わなくても、気軽に時計を変えられます。

スマホと連動して走りながらスマホを操作できる

ガーミンならスマホとの連携も簡単

出典:PIXTA

スマホとBluetoothでガーミンを同期すれば、ガーミンでスマホの音量を調節したり早送りや巻き戻しができます。またメッセージなども通知してくれるので安心です。

Suicaも使えるようになった!

Suicaが使えるガーミンも
出典:Amazon

2020年5月から従来のガーミンペイに加えて一部のモデルでSuicaが使えるようになりました。今後対応機種も増えていく予定です。

ランナータイプ別・おすすめのガーミンを紹介!

ガーミンには幅広いラインナップがあるのでどの商品を買えば良いのか迷ってしまう、という方も多いのでは?タイプ別におすすめのガーミンを紹介していきます。

【最初に購入するなら】ガーミン フォアアスリート 230J

ガーミンのベーシックモデルが230Jです。ベーシックモデルと言ってもランニングに必要な機能は全て兼ね備えているので単なる廉価版ではありません。歩数計や消費カロリー測定など、ランニング以外のライフログ機能も充実しているのでこれからランニングを始めよう、という方であれば230Jを購入しておけばまず間違い無いでしょう。

ITEM
GARMIN ForeAthlete 230J
実寸法:45 x 45 x 11.7 mm
重量:41g
バッテリー寿命:トレーニング16時間、時計+ AT +通知5週間
防水規格:5ATM

【インターバルトレーニングをするなら】ガーミン フォアアスリート 235J

簡単に言えば、フォアアスリート230Jに心拍計機能を追加したものが235Jです。サブ4は達成した、次はサブ3.5を狙いたいというのであればスピードを上げるためのインターバルトレーニングが有効です。インターバルトレーニングではどのぐらい心拍が上がっているのかを確かめながら練習する必要があるので、235Jがおすすめ。

230Jでもプレミアムハートレートセンサーという胸に装着する計測器具を購入すれば心拍の計測は可能ですが、わざわざ体に着けなければならないのはやや面倒です。フォアアスリート230Jは、手首から心拍を計測できます。

ITEM
GARMIN ForeAthlete 235J
実寸法:45 x 45 x 11.7 mm
重量:42g
バッテリー寿命:トレーニング11時間、時計モード+ライフログ+通知機能+光学式心拍計:約9日間
防水規格:5ATM

【とにかく軽いモデルが欲しいなら】ガーミン フォアアスリート 45

フォアアスリート45はシリーズで最小、最軽量なモデルです。コンパクトなデザインながら太陽光の下でも見やすいディスプレイを採用しているので、表示が見やすいのもポイントです。

ボディはベルトと一体になったシリコン製でつけ心地も上々、24時間ずっと着けていても気になりません。

睡眠時間だけでなくレム睡眠、ノンレム睡眠までウォッチしてくれるスリープモニタリング機能もあるので、健康に人一倍気を使う方にもおすすめです。

ITEM
Garmin ForeAthlete45
実寸法:39.5 x 39.5 x 11.4 mm
重量:32g
バッテリー寿命:GPS モード:最大11時間、スマートウォッチモード最大7日間
防水規格:5ATM

【身軽に音楽も楽しみたいなら】フォアアスリート 245 Music

音楽を聴きながら走りたいけれどスマホを持ち出すのはちょっと気を使う、という方やランニング中にスマホを落下させたという苦い経験をした、という方はいませんか?

そんな方におすすめなのがフォアアスリート245 Musicです。

Musicの名前の通り、音楽配信サービスから音楽をダウンロードしてBluetoothのイヤホンで聴くことができます。最大500曲まで保存することができるので気兼ねなくお気に入りのプレイリストをダウンロードできますね。

ITEM
GARMIN ForeAthlete 245 Music
実寸法:42.3 x 42.3 x 12.2 mm
重量:38.5g
バッテリー寿命:GPS+音楽なし 22時間、GPS+音楽モード 6時間、スマートウォッチモード:最大7日間
防水規格:スイム、5ATM

【トライアスロン入門者に】Swim 2

屋内、屋外どちらでもスイムの計測ができるのがSwim2です。手頃な価格ながら水中でも使用できる光学心拍計を使うことで、より質の高いトレーニングが可能です。スイムのトレーニングメニューも充実しており、キック、ワンアームスイム、漕ぎ動作などの練習メニュー別に時間と距離を計測可能です。

スイムに苦手意識を持っているランナーは多いと言われています。

まずはSwim2をゲットしてスイムへのモチベーションを上げてみるというのはいかがでしょうか。

ITEM
GARMIN Swim 2
実寸法:42 x 42 x 11.4 mm
重量:36g
バッテリー寿命:GPS モード 12時間、水中心拍モード 60時間、スマートウォッチモード 最大7日間
防水規格:スイム、5ATM

【本格的なトライアスリートに】フォアアスリート 945

ガーミンがトライアスリートのために開発したモデルがフォアアスリート945です。

これからトライアスロンを始めたいという入門用としては先に紹介したスイムをおすすめしますが、すでにトライアスロンにハマってしまった方にはこちらをおすすめします。

最初からラン以外にもやスイムやバイク、パドルスポーツ、トレイルランニングといったアクティビティモードが設定されているのであらゆるスポーツに対応可能です。

画面上にマップを表示できたり、音楽を1000曲保存できるなどスマホなしでロングトレーニングが可能な仕様となっています。

ITEM
GARMIN ForeAthlete 945
実寸法:47 x 47 x 13.7 mm
重量:50g
バッテリー寿命:GPSモード+光学式心拍計 32時間、音楽再生+GPSモード+光学式心拍計 10時間、ウルトラトラックモード 50時間
防水規格:5ATM

【充電が面倒ならソーラー充電】fenix 6X Dual Power

GPSウォッチが欲しいけれどでバッテリーの持ちが気になる方もいらっしゃるでしょう。そんな方には1.4インチの大型ディスプレイを備えた太陽電池式のfēnix 6X Pro Dual Powerがおすすめです。

ロングトレイルの縦走であってもこの時計なら安心ですね。長寿命なだけではなく2,000曲もの音楽のストレージが可能、ガーミンPayやSuicaも使えるなど便利な機能も満載のマルチパーパスウォッチです。

ITEM
GARMIN fenix 6X Pro Dual Power
実寸法:51 x 51 x 14.9 mm
重量:82g
バッテリー寿命:GPS + 音楽再生 16時間 + 1時間、GPS + 光学心拍計 最大60時間 + 6時間、バッテリー節約ウォッチモード 64日間 + 26日間
防水規格:10ATM
ベゼル素材:ダイヤモンドライクカーボン(DLC)コーティングチタン

【最高にタフなガーミンが欲しいなら】Instinct Tactical

ガーミンで最もタフなGPSウォッチがInstinct Tacticalです。アメリカ国防総省MIL規格、いわゆるミルスペック準拠の耐熱性や耐衝撃性および100mの耐水性(100メートル防水)の秘密は繊維強化ポリマー製ケースの採用にあります。

ディスプレイにはちょっとやそっとでは傷つかない化学強化ガラスを使用、暗視対応モード(ナイトビジョンモード)も備えているなどもはや地球上で最も丈夫な時計と言っても過言ではないでしょう。

ワイルドなデザインはSUV車のようなイメージもあり、アウトドアマニアにはたまらないのではないでしょうか。

ITEM
GARMIN Instinct Tactical
実寸法:45 x 45 x 15.3 mm
重量:52g
バッテリー寿命:GPS モード 最大14時間、UltraTrac モード 最大35時間、smartモード 最大14日間
防水規格:10ATM

【スーツにも似合うガーミンが欲しいなら】vivoactive 4S & fenix 5 Plus Sapphire Black

GPSウォッチは欲しいけれどスーツスタイルにはちょっとカジュアル過ぎる…という方におすすめなのがvivomove 3 & fenix 5  Plus Sapphire Blackです。

 

女性におすすめなのがvivoactive 4Sです。アナログ風の表示にスリムなボディにフェミニンなデザインはビジネスシーンでも活躍します。しかしいったんパネルをタッチすればディスプレイが浮かび上がります。500曲をダウンロード可能、一見お洒落な時計、でも中身はランニングだけでなく心拍計やライフログ機能も備えた最新のスマートウォッチという意外性に惹かれる方は多いのでは?

ITEM
GARMIN vivoactive 4S
実寸法:40.0 x 40.0 x 12.7 mm
重量:40g
バッテリー寿命:GPSモード 16時間、時計モード 5日間
防水規格:5ATM

 

一方、男性におすすめなのがfenix 5  Plus Sapphire Blackです。

通常はクロノグラフ風のフェイスですがモードを変えると各種のアクティビティが全画面に表示されます。ガーミンのハイエンドモデルとしてマルチスポーツからガーミンペイでのお買い物まで、まさにオールマイティに活躍します。普段は優秀なビジネスマン、そして週末はロードや山、海でスポーツを楽しむアスリート、そんな大人の男性には最適のチョイスとなるでしょう。

またバンドは工具やツールなしで簡単に交換可能です。プレミアムレザーやメタルのバンドも用意されているので、シチュエーションに合わせてチェンジしてみるのも楽しいですね。

ITEM
GARMIN fenix 5 Plus Sapphire Black
実寸法:51 x 51 x 17.5 mm
重量:96g
バッテリー寿命:GPS + 音楽再生+光学心拍計 11時間、GPS+光学心拍計 30時間、ウォッチモード 18日間
防水規格:10ATM

 

最後に、今回紹介したガーミンの特徴を表にまとめてみました。この表を参考に、自分にぴったりのガーミンを見つけてみましょう。

■ガーミン比較表

品名 重量 防水 バッテリー(GPSモード) 心拍計 GPS みちびき

(補完信号)

コースガイド 音楽保存可能数
230J 41g 5ATM 16時間 別売
235J 42g 5ATM 11時間 内蔵
45 36g 5ATM 11時間 内蔵
245M 36g スイム、5ATM 22時間 内蔵 500曲
Swim2 36g スイム、5ATM 12時間 内蔵
945 50g 5ATM 32時間 内蔵 1000曲
fenix 6X Pro Dual Power 82g 10ATM 66時間 内蔵 2000曲
Instinct Tactical 52g 10ATM 14時間 内蔵 500曲
vivoactive 4S 40g 5ATM 16時間 内蔵 500曲
fenix 5  Plus Sapphire Black 96g 10ATM 11時間 内蔵 500曲

 

「壊れてしまった!」、でもアフターフォローがあるから大丈夫

1年間は保証期間

出典:PIXTA

ガーミンには購入日から1年間、保証が付いています。この期間中に通常の使用で故障が発生したした場合、故障部品について修理または交換してもらえます(送料はユーザー負担)。また有償での修理に付いても公式サイトに料金が明示されているので、「これいくらかかるんだろう?」と不安になることもありません。

ガーミンHPをチェックする

ガーミンを購入したらまずはいろいろ試してみよう!

様々な機能を使いこなせ!

出典:PIXTA

ガーミンは高性能なGPSウォッチでランナーから高い支持を得ています。その一方でその機能をフルに引き出している人は実はそれほど多くないのでは?ランニングの時だけでなくライフロガーとしても使えるガーミン、その機能を引き出して使わないのはもったいない!ガーミンを購入したら様々なアプリもダウンロードするとともに、いろいろな機能を試してみることをおすすめします。

この記事を読んだ人は、こちらの記事もおすすめ!

紹介されたアイテム

GARMIN ForeAthlete 2…
GARMIN ForeAthlete 2…
Garmin ForeAthlete45
GARMIN ForeAthlete 2…
GARMIN Swim 2
GARMIN ForeAthlete 9…
GARMIN fenix 6X Pro…
GARMIN Instinct Tact…
GARMIN vivoactive 4S
GARMIN fenix 5 Plus…
   

あわせて読みたい

坂道を走る男性
「坂道ダッシュ」で勝負強い体に!効果を最大限に高める方法や意識したいポイントも
短距離からマラソンまで、さまざまな種目の定番トレーニングである「坂道ダッシュ」。坂道ダッシュはかなりハードですが、キツい分、効果が...
記助
体幹トレーニングをする女性
「インナーマッスル」を鍛えてカラダ改革!自宅でできる部位別トレーニング5選
「インナーマッスル」って何のこと?どうやって鍛えるの・・・?よく耳にすることでも、いざ自分以外の誰かに説明しようとすると難しいもの...
m_fitness
R×L アールエル
トレイルランニングでは、シューズと同じくらい「靴下」にもこだわるべし!走りが快適になる靴下の選びかた
トレイルランニングに最適なソックスの選び方や、おすすめの靴下を紹介している記事です。トレランは未舗装の路面を走るため、コース上には...
ke2t4
1日たった20分でみるみる体が変わる!「サーキットトレーニング」は自宅でできる手軽さが魅力
運動といってもマシンを使ったものやランニング、ヨガなど様々なものがありますが、その中でも日本人の生活スタイルにあった運動が「サーキ...
natsumi0316
短距離走のレース
悩めるスプリンター必見!短距離に使えるランニングシューズはこれだ!
ランニングシューズというと、マラソンなどの長距離をイメージする方が多いかもしれません。しかし、軽量で反発力が高いモデルは短距離向け...
記助
Morotsuka 51
Morotsuka 51

40歳を目前に陸上未経験で走り始めました。フルマラソンからウルトラマラソン、トレイルまでさまざまな大会にチャレンジしていますが、記録更新よりも楽しくいつまでも走り続けられるライフスタイルを目指しています。