走りたいけど日焼けはごめんだ!夏のランニングの紫外線対策まとめ

ランニングは外で行うスポーツです。春や夏になると、ランニング時の日焼けが気になるという方も多いのではないでしょうか。太陽の光は、浴びすぎるとシミやシワの原因になるというデメリットもあります。そのため、ランニング時には紫外線対策をすることが大事です。キャップやサングラスなど有効なギアを始め、夏のランニングに適した時間などを紹介します。適切な日焼け対策をして、1年中ランニングを楽しみましょう。

記事の目次

  • ランニング中に日焼け対策をしないとどうなる?
  • 今日から実践!ランニング中に実施したい日焼け対策
  • 絶対に焼けたくない!それならば時間帯やコースも考えてみよう
  • 日焼け止め対策をしっかりして楽しく走ろう!

アイキャッチ出典:PIXTA

ランニング中に日焼け対策をしないとどうなる?

太陽の光を浴びながらのランニングは気分が晴れやかになるもの。しかし、日焼け対策をしっかりしておかなければ、後々後悔することになりかねません。もしランニング時に日焼け対策をしていないとどうなってしまうのでしょうか。

シミやシワの原因に

シミ 悩み

出典:PIXTA

肌の老化は、太陽の光による「光老化」が大きな原因と言われています。光老化とは、太陽の光を長時間浴びることでシミやシワが発生する現象のことです。

皮膚がんや白内障が発症するリスクも

皮膚がん

出典:PIXTA

皮膚がんや白内障を発症する大きな原因として、主に紫外線が挙げられます。紫外線は太陽の光に含まれているので、何の対策もなしに日光を浴び続けると、それだけ皮膚がんや白内障になるリスクが高くなります。後で後悔しないためにも、紫外線対策はしっかり取りたいものです。

今日から実践!ランニング中に実施したい日焼け対策

今まで全く日焼け対策をしてこなかった!という人は、早速今日から実践してみましょう。手持ちのウエアやアイテムを工夫することでも対策できますよ。

基本中の基本!SPFの高い日焼け止めクリームを肌に塗る

日焼け止め

出典:PIXTA

SPFは、「Sun Protection Factor」の略語で、紫外線B波の防止効果を数値化したものです。ランニング時には、SPF30が以上の日焼け止めを顔や体に塗るようにしましょう。長時間走る人は、それより高い値のものが望ましいです。

 

ちなみに「PA」は、「Protection Grade of UVA」のことで、紫外線A派の予防効果を表す指標です。+が多い方が、肌を黒くすることから守ります。夏のランニングでは「PA+++」以上を選んでおくと安心です。

ITEM
アリィー エクストラUV ジェルN(90g)
・SPF 50+
・PA ++++

また日焼け止めにはスプレータイプもあります。スプレータイプは髪にも散布できるので、頭皮を紫外線から守ることができます。

ITEM
ナプラ ミーファ フレグランスUVスプレー マグノリア
・内容量:80g
・SPF/PA:SPF50+/PA++++

また、近年では飲むサプリもリリースされています。飲む日焼け止めのメリットは、肌に負担がかからないことです。敏感肌の方や肌トラブルが起きやすい方でも使用できます。

ITEM
FANCLファンケル ホワイトフォース
・内容量:180粒
・1日の目安:6粒

つばの大きいキャップを被る

ランキャップ

出典:PIXTA

焼けたくない体の部位ととして、「顔」を真っ先にあげる人は多いのでは。つばの大きなキャップを被ることで、太陽の光から顔を守ることができます。特に顔はシミやシワができると目立ちやすい部位ですので、しっかりと保護しましょう。また、頭に直射日光を当てないようにできるのもポイント。日射病や熱射病、熱中症を予防することができます。キャップによっては、首の後ろ側や耳に直接陽があたらないようになっているものもありますので、日焼け止めと合わせてうまく活用しましょう。

ITEM
エルドレッソ シェードキャップ
素材  表地:ナイロン97%ポリウレタン3% 裏地:ポリエステル100%
サイズ  頭囲:〜59cm ツバ:5.5cm

サングラスを着用する

ラン サングラス

出典:PIXTA

太陽の光に含まれる紫外線は目によくありません。紫外線が目に入ると疲労の原因になるほか、白内障や黄斑変性症といった目の病気の原因にもなり得ます。そのため、ランニング時にはサングラスを着用し、紫外線が目に入るのを防止しましょう。

 

サングラスを選ぶ上では、UVカット機能を確認しておくことが重要。「紫外線透過率〇〇%以下」や「UVカット〇〇%以上」などの表記になっています。紫外線透過率0.1%以下、またはUVカット99.9%以上のモノを選ぶのがおすすめです。

ITEM
スワンズ サングラス
・サイズ : 幅133×高さ44mm
・重量:21g
・可視光線透過率:0.37

フェイスガードをする

息苦しさや暑さが気にならなければ、フェイスガードをして走るのもおすすめ。スポーツ用のものならば、ずれにくく息も比較的しやすいです。ゴルフやトレッキングなど夏のスポーツ全般、晴天時のウインタースポーツにも使えます。

ITEM
フェイスカバー レディース UVカット

長袖を着る

半袖焼け

出典:PIXTA

腕にも日焼け止めをたっぷり塗ったつもりが、気がついたら半袖焼けになっていた…という経験はありませんか。そんな人は思い切って長袖を着ましょう。冷感素材を使ったものなら、涼しさを感じられるはず。暑いのも嫌だという人は、タンクトップを着ると「半袖焼け」は防ぐことできます。反面、タンクトップは肌をさらす面積が大きいので、しっかりと日焼け止めを塗りましょう。

ITEM
接触冷感 コンプレッション インナー
素材:ポリエステル85% ポリウレタン15%
サイズXS:着丈61cm×胸囲78〜84cm×ゆき丈69cm×目安身長(標準体型)約155〜165cm
S:着丈63cm×胸囲80〜88cm×ゆき丈71cm×目安身長(標準体型)約155〜165cm
M:着丈66cm×胸囲88〜96cm×ゆき丈73cm×目安身長(標準体型)約165〜175cm
L:着丈69cm×胸囲96〜104cm×ゆき丈75cm×目安身長(標準体型)約175〜185cm
XL:着丈71cm×胸囲104〜112cm×ゆき丈77cm×目安身長(標準体型)約175〜185cm

ランニングタイツを着用する

ランニングタイツ

出典:PIXTA

ランニングタイツを着用することで、紫外線から脚を守ることができます。また、ランニングタイツには脚に程よく圧をかけ、筋肉や関節をサポートする役割も担っています。翌日に筋肉痛が残る可能性を低減できるので、日焼け対策でなくても着用することがおすすめです。

ITEM
アシックス MMS ロングタイツ
・サイズ:S~XL
・素材 : 2WAYトリコットVMII、ナイロン、ポリウレタン

 

▼ランニング用のタイツが気になる方は、こちらの記事もおすすめ!

アームカバーを着用する

アームカバー

出典:Amazon

アームカバーは保湿効果よりも紫外線対策に優れており、太陽の光から腕を守ってくれます。また、着圧によって血行を促進するほか、疲労の軽減やパフォーマンスアップの役割も担っています。

ITEM
ザムスト アームスリーブ
・素材:ナイロン、ポリウレタン
・サイズ:SS~L

手袋も忘れずに!

手袋 日除け ランニング

出典:Amazon

冬に防寒対策としてランニンググローブを着用するランナーが多く見受けられますが、日焼け対策を考えるなら春から夏にかけても着用したいところ。蒸れないように、薄手で通気性に優れたモノがおすすめです。

ITEM
CW-X ランニンググローブ
・サイズ:19〜21cm
・機能:UVカット
・素材:ポリエステル、ポリウレタン

絶対に焼けたくない!それならば時間帯やコースも考えてみよう

ここまでは紫外線が強い時期や時間に走るためのアイテムを紹介してきましたが、時間帯やコースを見直して、紫外線を避けるというのも方法のひとつです。

時間帯は「夜」が何よりもおすすめ!

夜 ランニング

出典:PIXTA

絶対に日焼けしたくないという方には、夜にランニングするのがおすすめです。夜は太陽が出ていないので日焼けの心配がなく、対策も必要ありません。早朝や夕方という手もありますが、陽はでているので油断はできませんよね。夜のランニングは、就寝時間の3時間前に終わらせておくことがおすすめです。もし就寝時間が10時であれば7時まで走り終えておきましょう。あまり遅い時間に走ってしまうと、睡眠の質が低下してしまうので注意が必要です。

日陰の多いコースを選ぶ

日陰 ランニング 女性

出典:PIXTA

日陰や木陰の多いコースを選んで走るなども効果的です。できればアスファルトのような路面ではなく、土のような地面だと地面からの熱も和らぎます。

日焼け止め対策をしっかりして楽しく走ろう!

ランニング

出典:PIXTA

太陽の光をたくさん浴び続けると、体調不良や疲労の原因になってしまうほか、シミやシワの原因にもなります。日焼け対策をしっかりして、長くランニングを楽しめるようにしていきましょう。

紫外線対策が気になるなら!こちらの記事もおすすめ

   

あわせて読みたい

向かい風を追い風にできる?ランニングで風を味方にする方法教えます
向かい風と追い風、レースの時は当然「追い風」の中走りたいですよね。ランナーなら誰しも、向かい風に苦しめられた経験があるのではないで...
Morotsuka 51
トレイルランナー
トレイルランナーこそ「キャップ」を被ろう!強い日差しや障害物から頭を守る
天気の良い日のトレランは気持ちの良いものですが、強い日差しや紫外線が気になりますよね。そんな時は、ロードを走る時と同じく帽子をかぶ...
ke2t4
ペースを計測しながら走るランナー
マラソン練習の定番!「ビルドアップ走」の効果と目標タイム別練習メニュー
ビルドアップ走は、マラソンの代表的な練習の一つです。「フルマラソンでもっとタイムを縮めたい!」と思っている方におすすめしたい、ビル...
RUN HACK編集部
膝上丈が一番人気!ランニングにおすすめのハーフパンツまとめ
ランニングパンツは足さばきがよく、普段のジョグからマラソン大会まで幅広く使える優れもの。丈の長さもいろいろありますが、膝上のハーフ...
Tommy
ハイドレーション
意外とコツがいる!給水のおとも・ハイドレーションの正しい洗い方
長距離のランニングやトレイルランニング、登山などの際に手軽に水分を補給したい、そんなときに役立つのがハイドレーションです。ハイドレ...
ke2t4
RUN HACK編集部
RUN HACK編集部

RUNHACK編集部です。ランニングを始めトレイルラン、フィットネス、筋トレ、ヨガなど、健康な体作りに関する情報を配信しています。