喉が乾く前に水分補給!取り出しやすくて揺れにくい、ランニング向けボトルポーチ

長距離を走る練習や暑い夏の時期のランニングに水分補給は欠かせません。 しかし、手に持って走るのは邪魔ですよね。そんな時はペットボトルや水筒などの収納がついたボトルポーチを身に付けてみましょう。片手で取り出せるモデルを選べば 、途中で止まったりペースを崩すことなく走れるので、集中し充実した時間に繋がります。今回は、走るのに欠かせないボトルポーチの機能や、選ぶべきポイント、ランナーから人気のボトルポーチなどをご紹介します。

記事の目次

  • ランニング時の水分補給の重要性
  • 小まめな水分補給の味方!ボトルポーチの利便性
  • 自分に合ったボトルポーチの選び方
  • 走る人におすすめ!優秀ボトルポーチを紹介
  • ボトルポーチでランニングをもっと快適に!

アイキャッチ画像出典:PIXTA

ランニング時の水分補給の重要性

私たちの体の約60%は、水分で出来ています。日常生活を送っているだけでも体の水分は失われ、気付かない内に脱水症状になっている場合も。ランニング時には汗をかき、更に水分が失われるので適切な水分補給が必要不可欠です。

脱水症状になる前に水分補給を

水分補給をしている姿

出典:PIXTA

「運動中は水分を飲むな」と言われた時代もありましたが、実は、運動中の水分補給はとても重要です。運動中、私たちの体は体温の上昇とともに血管が拡がり血液量が増えます。汗をかくことで体温を下げようとしますが、水分補給が十分でないと、体から出ていく水分量が多くなってしまい、血液がドロドロに。

水分不足がパフォーマンスにも影響

水

出典:PIXTA

その結果、運動時に必要な酸素が体に行き届かなくなりパフォーマンスの低下に繋がります。汗などで体の水分量が約2%減ってしまうと運動のパフォーマンスが低下し始め、約5%減でだるさやめまいなどの脱水症状、約20%減で最悪の場合死に至るとも言われています。

 

2%減のタイミングはちょうど喉が渇き始めたと感じる頃です。完全に喉が乾いてからの水分補給では脱水症状になりかけている可能性もありますので、喉が乾ききる前にこまめに水分補給を行っていきましょう。

ランニングに適した水分補給とは

水分補給

出典:PIXTA

走る前に200~250mlの水分補給をし、ランニング中は最低でも30分置きに水分を補給しましょう。大量の汗をかくランニング時の水分補給は塩分(ナトリウム)が入ったものを選ぶと理想的です。

 

また、スポーツドリンクでは糖分が多すぎる場合もあるので「スポーツドリンクを水で薄めて飲む」のがおすすめ。更に長距離を走るランナーや持久力が続かなくて悩んでいる方は上記に「BCAA」を加えるとランナーの為の特製ドリンクが完成します。BCAAとは、バリン・ロイシン・イソロイシンという、体内で作ることのできない必須アミノ酸のことを表します。筋肉の分解を防ぎ持続して体を動かす手助けをしてくれる優れものでランナーにぴったりのサプリメントです。

ITEM
バルクスポーツ BCAAパウダー 1kg (ノンフレーバー・レモン・グレープ)
成分:バリン・ロイシン・イソロイシン
内容量:1㎏

小まめな水分補給の味方!ボトルポーチの利便性

それでは、走る時に水分補給をするにはどうしたら良いのでしょうか。喉が渇いた時、いつでもすぐに自動販売機やコンビニがあるとも限りませんよね。水分を持って走るのが望ましいですが、手に持って走るのは邪魔ですし、転倒したときに危ないです。そんな時に役に立つのが、「ボトルポーチ」です。

ボトルポーチとはどんなアイテム?

ボトルポーチを使用しているシーン

出典:PIXTA

ボトルポーチとは、ウエストポーチにペットボトルなどのボトルを収納するポケットがついたポーチのこと。夏場のランニングや長距離を走る時に、ボトルを携帯して走ることで、自分のタイミングで足を止めることなく水分補給を行えます。取り出しやすいようにボトルが斜めに収納できるものや、揺れを軽減するように設計されたものなど、ランナーの利便性を考えて作られています。

ボトル以外に収納できるものもある!

ランニング 持ち物

出典:PIXTA

スマートフォンや音楽プレーヤー、自宅の鍵など、ランニング時の持ち物を一緒に収納できる点も嬉しいポイント。上記以外にも、軽食やエナジーゼリー、紫外線対策に日焼け止めなども携帯できます。容量もたくさんありますので、何を持っていきたいかで使いやすい大きさがが変わってきます。

練習だけでなく、大会時にも使える

ランニング 大会

出典:PIXTA

練習はもちろん、大会時にも使い慣れたポーチを使用するランナーは多いです。大会では給水ポイントがあり、ボトルの持参はなくても水分補給は行えるので、ボトルなしで自分にフィットしたポーチを使うのも良いでしょう。ただ、なんといってもボトルポーチの最大のメリットは「自分のタイミングで水分補給できる」こと。大会で力を発揮する為に、自分に合ったドリンクを持参する時にも役立ちます。

自分に合ったボトルポーチの選び方

それでは、自分にあったポーチを選ぶにはどのようなポイントを重視するのが良いでしょうか。

 

収納力やボトルの安定性などの機能性重視?

ウェアとお揃いでデザイン重視?

 

あなたに合ったボトルポーチを見つけられるよう、ポイントを解説していきます。

ボトル収納の位置は「斜めor横」

ボトルポーチ

出典:Amazon

ロスなくスムーズにボトルを出し入れできる位置にあることもポイントです。ボトル収納が垂直になっているものだと取り出した後、収納する時に時間がかかります。斜めまたは横に設計されているタイプが取り出しやすく、戻すときもスムーズに収納できます。ボトル落下防止のゴムや底部分を引っ張ることで取り出しやすい工夫も嬉しいですね。2本のペットボトルが収納できるタイプはロングランにおすすめです。

ボトル以外の収納力は、用途に合わせて

ボトルポーチ 収納
出典:Amazon

ランニング時の持ち物は人によって、距離によって様々。鍵やスマートフォンなど最低限で十分という方はコンパクトなモデルで身軽さを重視しましょう。

 

私はお気に入りの音楽をアルバム1枚聞きながら走ることがルーティーンになっているので音楽プレイヤーやイヤホンは欠かせません。長距離の場合は、栄養補給のための軽食やエナジーゼリー。女性ランナーは日差しが強い日には日焼け止めを携帯できると安心です。

 

携帯したいものが多い方は前後に収納ポーチがあるモデルがおすすめです。

メッシュ素材や防水性の高いモデルだと、汗や雨に強い

メッシュ ボトルポーチ

出典:Amazon

通気性の優れたメッシュ素材や汗や雨などの防水性の優れた素材を選ぶことで大量に汗をかいた時や急な雨に降られた時もより快適にランニングを楽しめます。仕事終わりや夜間にランニングをする場合は、反射素材のあるポーチが安全です。

サイズの微調整がしやすいベルト

ボトルポーチ 調整

出典:Amazon

ボトルポーチのフィット感はベルトの密着性が大きく関わっています。サイズの微調節がしやすく、体に密着するベルトがおすすめです。アジャスターがついていたり、マジックテープで細かい調整ができるものがgood。また、余ったベルトが長く垂れていると走っている最中に足に当たり、意外と気になります。くるくると丸め、最後はまとめて収納できる嬉しい気遣いがあるベルトは一度使うと戻れません。

好みのデザインであることも重要

ポーチ デザイン 海

出典:PIXTA

好きな色や柄、メーカーは身に付けるだけでモチベーションが上がります。好みのメーカーのモデルを選んだり、気に入ったデザインを選ぶことでランニングの時間が楽しく、継続して続ける後押しをしてくれます。

左利きのランナーにはサウスポーモデルがおすすめ

ボトルポーチ 左利き

出典:Amazon

ほとんどのボトルポーチは右手でボトルを出し入れするよう設計されています。左利きのランナーにとって利き手と反対側で動作をすることは違和感を感じることも。左利きの方は、ボトル収納が左側にあるサウスポーモデルが便利です。

走る人におすすめ!優秀ボトルポーチを紹介

YURENIKUI スタンダードベーシック

その名前の通り「揺れにくい」ボトルポーチ。500mlのペットボトルがちょうど入る大きさですが、サイクルボトルなども入ります。スマホはもちろん、キーケース、サプリメントなどたくさん物を持ちたい人におすすめです。余ったベルト収納など細かい機能も申し分ありません。

ITEM
YURENIKUI スタンダード ベーシック
サイズ:フリーサイズ(ウエストサイズ60-96cm)
カラー:12色展開

サウスポーモデルは左利きの人におすすめです。

ITEM
YURENIKUI PRO サウスポー(ブラック)

YURENIKUI TANTO

収納力で選ぶなら、TANTOがおすすめです。500mlのペットボトルはもちろん、大きめのスマホ、デジカメなども入るサイズ。もちろんお菓子やジェル、キーケースなども入ります。少し長めのランニングや、荷物の少ないトレランなどにもぴったりですね。

ITEM
YURENIKUI TANTO
サイズ:フリーサイズ(ウエストサイズ70-105cm)
素材 :パワーメッシュ ・ナイロン

ASICS ボトルポーチ 3013A157

ランニングといえば!な定番ブランド・asics。こちらの商品は、500mlのペットボトルがちょうど1本入るサイズ。飛び出さないように、ペットボトルのふたにひっかけるコードがついています。ポケットは2種類で、大きな方にはスマホを入れることができます。小さなポケットにはループがついているので、家の鍵などの紛失防止にもなりそう。

ITEM
ASICS ボトルポーチ 3013A157
サイズ:OS サイズ(W 50 x H 17cm)
素材:ポリエステル50%、ナイロン50%
カラー:3色

ASICS ボトルポーチ 155899

ロングランには、ボトルが2本収納できるタイプががおすすめです。骨盤でがっつりとホールドする仕様になっているので、2本ボトルをいれても揺れを感じにくいです。ポケットはメッシュになっているので、見た目よりも収納力があります。小さく畳んだウインドブレーカー位のサイズであれば、収納できますよ。

ITEM
アシックス ボトルポーチ 155899
サイズ:男女兼用サイズ
素材:ナイロン・ポリエステル

NIKE ラージボトルベルト

シンプルなデザインが人気なポーチです。カラーが豊富なのでウエアと揃えるのも〇。こちらも500mlペットボトルに対応していて、コンプレッションコード付きです。メッシュ素材でよく伸び、汗抜けも抜群です。

ITEM
ナイキ ラージ ボトル ベルト
サイズ :W約32.5cm(ベルト部含む:最長約108cm)×H約14cm×D約7cm
重量:約110g
素材: ボディ:ポリエステル・ナイロン 裏地:ナイロン

THE NORTH FACE ノベルティ ロードハイドレーター

高機能とデザイン性を兼ね合わせたTHE NORTH FACEのボトルポーチ。ボトルポケットは浅めの作りなので、小さめなペットボトルにも対応可能です。ボトルの大きさに合わせて落下を防げるコンプレッションコード付き。深めのジッパー付きポケットは2層になっていて、スマホやちょっとした小物を入れられる大きさです。キークリップもついているので、鍵の紛失も防げます。限定モデルのカモフラージュ柄がお洒落ですね。

ITEM
ノースフェイス ノベルティ ロードハイドレーター
サイズ:H17×W31cm
重量:95g
素材:リップストップポリエステル(シリコン/PUコーティング)、ナイロンストレッチメッシュ
カラー:(KC)ブラック/グレー・(WC)ウッドランドカモ・(DC)デザートカモ

ボトルポーチでランニングをもっと快適に!

出典:PIXTA

人それぞれ体格も違えば、好みも違います。ボトルポーチを使い、こまめに水分補給を取り入れると、その日の走りが軽快に、効率よく走れるだけでなく、翌日の体の疲労感も違いが出てくるはずです。夏や日差しの強い日には、熱中症の対策にも水分補給は大変重要です。気に入ったものほど長く使うことができ、あなたの走りをサポートしてくれるでしょう。

ランニングをもっと快適に!揃えておきたいアイテムをチェックしよう

1
   

あわせて読みたい

ナイキ エア ズーム ペガサス 38
【レビューあり】ナイキ エア ズーム ペガサス 38が登場!アッパーの変更で快適性が大幅アップ
「あらゆるランナーのためのシューズ」として1983年に登場したナイキ ペガサス。最新作となる「ナイキ エア ズーム ペガサス 38...
RUN HACK編集部 青木
目指すは怪我ゼロ!ナイキ リアクト インフィニティラン フライニットを徹底レビュー
ナイキの「リアクト インフィニティラン フライニット」をレビューします。ナイキといえば厚底シューズで注目を集め、トップアスリートが...
Morotsuka 51
防水 ランニングシューズ
防水のランニングシューズおすすめ14選!人気ブランドのメンズ・レディースモデルを紹介
防水のランニングシューズについて紹介します。雨の日のランニングやお出かけには、ゴアテックスなど防水素材を使ったランニングシューズが...
RUN HACK編集部
アシックス メタレーサー
アシックスの厚底レーシングシューズ『メタレーサー』を解説!薄底モデルとの性能比較も
近年、ランニングシューズの中でも特に人気が高まっている厚底シューズ。カーボンプレートを搭載したシューズが次々と記録を塗り替えていま...
記助
ランニングシューズ人気メーカー15選!おすすめブランドから一押しモデルをまとめて比較紹介
ランニングシューズの人気メーカーから、おすすめのシューズを紹介している記事です。ランニングはシューズさえあれば気軽に始められるスポ...
gyunyu
m_fitness
m_fitness

大手スポーツクラブ・個人パーソナルジムにてトレーナーとして活動中。(歴:10年)。好きなスポーツはランニング。2016年にホノルルマラソンに初参加。2017年長男を出産後はマイペースに走っています。そのほかにはボルダリングやピラティスでカラダを動かしています。ランニングやトレーニングを通じて人生が豊かになるような記事をお届けしていきます。