走る時にもジャージが大活躍!ランニング向き&人気ブランドのおすすめジャージ8選

冬を中心にどんな季節でも活躍するスポーツウエアといえば、ジャージです。もちろんランやジョグなど走る時にぴったりなアイテムなので、自分の好みに合ったものを選びましょう。まずはどんなジャージがランニングに適しているのか知ることが大切です。今回はランニング向けのジャージについてまとめました。ランナーから人気があるナイキやアシックスなどのブランドからおすすめのジャージも紹介しているので、ウエア選びの参考にしてみてください。

記事の目次

  • ジャージは動きやすい!走るのに必須のアイテム
  • チェックしておこう!ジャージを選ぶときの6つのポイント
  • ランナーに人気があるブランドは?
  • 商品の幅が広い『ナイキ』
  • シンプルでおしゃれな『アディダス』
  • 玄人感を出すなら『アシックス』
  • 世界的に人気がある日本メーカー『ミズノ』
  • プチプラブランドのジャージでも問題ない?
  • お気に入りのジャージを着て思いっきり走ろう!

アイキャッチ画像出典:PIXTA

ジャージは動きやすい!走るのに必須のアイテム

ランニング ジャージ

出典:PIXTA

走ったり、スポーツをする時に着るものといえば「ジャージ」を思い浮かべる人も多いはず。学生時代、体育の授業といえばジャージだったためか、今でも「ちょっと体を動かすときはジャージ」という人もそこそこいるのでは。そもそものジャージの定義は、「天竺生地で作られた競技用ウェア」ですが、今では幅広く使われている言葉で、基本的には布製のトレーニングウェアを指すことが多いです。一般的に「ランニング用のTシャツよりも厚い」「防寒性が優れている」「伸縮性がある」といった特性があり、ランニングの動きを邪魔することなく、アウターとして羽織ったり、ランニングパンツの上から履いたりします。

 

「ちょっと肌寒いな。」と感じるときに1枚あるだけで快適に過ごせるので、冬を中心にオールシーズン使えます。

チェックしておこう!ジャージを選ぶときの6つのポイント

ジャージはさまざまな種類があるので、何も考えずに選んでしまうと失敗してしまうかもしれません。今回は、走る時に適したジャージを選ぶために、チェックしておきたいポイントを紹介します。

速乾性?保温性?生地の素材をチェック

ランニング ジャージ 生地

出典:PIXTA

ランニングでは汗をたくさんかくので速乾性が重要です。特に夏の時期であれば、吸湿速乾性が高いポリエステル素材が適しています。反対に、冬など寒い時期で、ジャージを防寒着として着るときは、綿素材で保温性が高いものが高いものがおすすめです。

 

しかし、それぞれの素材にはメリットとデメリットがあるので、特性を活かして使い分けるのが大切です。

 

メリット デメリット 適した季節
 ポリエステル 速乾性が優れている 薄手なので保温性は高くない 夏を中心に暑い時期
 綿 保温性が高く暖かい 汗を吸いやすく乾きにくい 冬を中心に寒い時期

 

汗のニオイが気になるなら防臭・抗菌加工のウェアを

ランニング ジャージ 抗菌加工

出典:PIXTA

ランニングでたくさん汗をかき湿った状態が続くと、雑菌が繁殖して嫌なニオイ(汗臭さ)が出てしまいます。こまめに洗濯し、しっかり乾かせば問題ありませんが、梅雨の時期など洗濯物が乾きにくい時期や、1日を通してジャージを着続ける場合は、ニオイが気になることも少なくありません。

 

使ったらすぐに洗濯するのを心がけることでニオイを防げますが、気になる人は防臭・抗菌加工のジャージを選ぶと良いでしょう。

サイズは大き過ぎても小さすぎてもNG

ランニング ジャージ フィット感

サイズは走りやすさ・動きやすさを重視するのがポイント。小さいと窮屈で動きにくく、大きいと無駄な空間ができて動きの邪魔になるので要注意。ジャージを着て長距離を走るのであれば、裾つきのウェアを選ぶと邪魔になりにくいです。また、フィット感・動きやすさを重視するなら、伸縮性があるものを選ぶのがおすすめ。

暗い時間帯に走るなら明るいカラーのものを

ランニング ジャージ 明るい色

出典:PIXTA

早朝か夕方以降に走る場合は、安全性を考えて視認性の高い明るい色を選びましょう。暗い色のジャージだと、自動車・自転車から見えにくく接触する危険性が高くなります。

 

蛍光色のウェアであれば、夜間でも見えやすく安全性が高くなるのでおすすめです。

小物が収納できるデザインかどうか

ランニング ジャージ ポケット

出典:PIXTA

本格的なトレーニングウェアの場合、無駄を省いた作りのものも少なくありません。鍵やスマホなど貴重品を携帯して走るときは、ポケットなど収納があると便利です。特にファスナー付きのものだと安心感は高いでしょう。

自分の好みで選ぶのも大切!

ランニング ジャージ 好み

出典:PIXTA

肌寒い時期などは、走っている時以外にも防寒で着るタイミングも多くなります。着用時間が長いようなら、機能性だけでなく自分の好きなデザインのものを選ぶのも大切です。

 

「カッコいい」「可愛い」と思えるものなど、気に入ったデザインのジャージであれば、ランニングのモチベーションも高くなります。

ランナーに人気があるブランドは?

初心者ランナーの方だと、ランナーに人気があるブランドを押さえておくのもおすすめです。ランニングの場合、動きやすければどのブランドでも問題ありません。ただし、見た目を気にする方であれば、サッカーやテニス向けのブランドではなく、ランニング向けのブランドを選んだ方が無難といえるでしょう。

 

ランナーに人気があるブランドは多くありますが、代表的なものだと以下の4つです。

 

●ナイキ
●アディダス
●アシックス
●ミズノ

 

ここからは、各ブランドのおすすめのジャージを紹介していきます。

商品の幅が広い『ナイキ』

ランニング ジャージ ナイキ

ナイキはマラソンランナーや陸上競技者だけでなく、幅広い層に人気があるので商品の種類が多く、初めてランニング用のジャージを購入する人でも選びやすいです。最近では、ランニングシューズの人気も高く、全身をナイキでコーディネートする方も増えています。

薄手でフィット感が高く走りやすい『ナイキ トラックスーツ』

薄手でフィット感が高いジャージです。ポリエステル100%で速乾性が高く、汗をかいてもすぐに乾くので長い距離を走るときなどにおすすめです。比較的タイトなサイズ感なので、走りの邪魔をせず快適に走れます。黄色など明るいカラーもあるので、夜間のランニングにも適しているでしょう。

ITEM
ナイキ トラックスーツ メンズ
●サイズ:S、M、L、XL、2XL
●素材:
トップス: ポリエステル 100% / パンツ: ポリエステル 100%
ITEM
ナイキ トラックスーツ レディース
●サイズ:S、M、L、XL
●素材:
トップス: ポリエステル 100% / パンツ: ポリエステル 100%

保温性が高い厚手生地の『ナイキ フレンチテリーフルジップ』

綿80%、ポリエステル20%でできている比較的厚めで保温性が高いモデルです。着心地は柔らかいのでトレーニングだけでなくリラックスウェアとしても使えます。

ITEM
ナイキ フレンチテリーフルジップ メンズ
●サイズ:S、M、L、XL
●素材:綿80%、ポリエステル20%
ITEM
ナイキ フレンチテリーフルジップ レディース
サイズ:S、M、L、XL
●素材:綿80%、ポリエステル20%

シンプルでおしゃれな『アディダス』

ランニング ジャージ アディダス

アディダスもナイキと同じく世界的に人気があるメーカーで、マラソン・陸上競技以外にもサッカーなどでユーザーが多いです。おしゃれなデザインが多く、気に入ったジャージを見つけやすいでしょう。

汗が溜まりにくい『アディダス TIRO ウォームアップトラック』

素早く汗を吸収し発散させるアディダスのジャージです。衣服内に汗が溜まりづらい構造になっているので快適性が高い1枚。特殊な糸を採用していることにより、体熱伝導性が向上し熱拡散機能を持つため快適性が高くなっています。

ITEM
アディダス TIRO トラックスーツ メンズ
●サイズ:S、M、L、XL
●素材:ポリエステル100%
ITEM
アディダス TIRO トラックスーツ レディース
●サイズ:S、M、L、XL
●素材:ポリエステル100%

体にフィットしやすい『アディダス ウーブントラックスーツ』

緩すぎずタイトすぎない、快適な着心地でフィット感が高いジャージです。保温性も高いため、ランニング・トレーニング前後に体を暖かく保つのに適しています。カジュアルなデザインで選びやすく、明るいカラーなので夜走るときにも使えます。

ITEM
アディダス ウーブントラックスーツ メンズ
●サイズ:S、M、L、XL
●素材:ポリエステル100%

玄人感を出すなら『アシックス』

ランニング ジャージ アシックス

アシックスは日本のメーカーの中でも、ランニングの分野で支持されています。ランニングに対する本気度の高いランナーに人気がありますが、最近はビギナー向けのおしゃれなデザインのものも多いです。

 

特にランニングシューズのシェアは大きく、ランニングのウェアのラインナップも充実しています。

快適にランニングできる『アシックス LIMO ハイブリッド』

防風性と通気性を兼ね備えた、中厚手のジャージです。ムレやすい脇や背中、袖、ひざ下には通気性をもつストレッチニットの生地を使うことで汗による不快感を軽減しています。機能性が高いため快適にランニングできます。

 

ウエストは締め付け感が少ない仕様になっているので、窮屈さを感じることなく走れます。

ITEM
アシックス LIMO ハイブリッド メンズ
●サイズ:S、M、L、XL
●素材:ポリエステル100%

動きやすさを追求した『アシックス LIMO ストレッチニットジャケット』

ストレッチニット素材を採用し、動きやすさを追求したジャージです。ランニング時にペースを上げても動きを邪魔しません。ポリエステル100%なので、汗をしっかり吸水・拡散するので速乾性も高いです。

 

胸にはファスナーつきのポケットがあるので、小型の音楽プレーヤーなどを収納できます。

ITEM
アシックス LIMO ストレッチニット メンズ
●サイズ:S、M、L、XL
●素材:ポリエステル100%
ITEM
アシックス LIMO ストレッチニット レディース
●サイズ:S、M、L、XL
●素材:ポリエステル100%

世界的に人気がある日本メーカー『ミズノ』

ランニング ジャージ ミズノ

ミズノもアシックスと並び人気がある日本のメーカーです。総合的スポーツメーカーなので、ランニング以外のスポーツ用品も対応しています。

夏でも快適に着れる『ミズノ ドライエアロフロー』

通気性を追求したジャージであり、夏でも涼しく着れてトレーニングを快適に行えます。放熱性に優れたドライ素材を使っているので、汗がすぐに乾きさらさらした着心地をキープできます。

 

スマホや小物を収納できるファスナー付きのポケットもあるので便利です。

ITEM
ミズノ ドライエアロフロー ユニセックス
●サイズ:S、M、L、XL
●素材:ポリエステル100%

ひんやり感じる『ミズノ アイスタッチウォームアップジャケット』

触るとひんやり冷たく感じるアイスタッチシリーズのジャージです。アイスタッチは熱伝導率が高く、気化熱により溜まった熱を発散させやすいので、着用時に清涼感が得られます。夏の暑さが残る時期を快適に過ごせます。

 

体のラインが出やすい細身のシルエットなので、比較的タイトなジャージが好みの方におすすめです。

ITEM
ミズノ アイスタッチウォームアップジャケット メンズ
●サイズ:S、M、L、XL
●素材:ポリエステル73%, トリアセテート27%

プチプラブランドのジャージでも問題ない?

ランニング ジャージ プチプラ

出典:Unsplash/Ev

ジャージ選びで重要なことは、値段よりも「動きやすさ」です。ゴワゴワして動きにくければランニングに適していませんが、安いプチプラブランドのジャージでも動きやすければ問題ありません。素材や小物収納の有無など、ジャージを選ぶ時の条件を満たしていれば、大丈夫です。

 

ただし低価格なジャージだと、「毛羽立つ」「破れる」「暖かくない」といったように、しっかりしたジャージと比べると品質があまり良くないこともあるので、しっかりと見極めましょう。

お気に入りのジャージを着て思いっきり走ろう!

ランニング ジャージ

出典:PIXTA

『ランニング用のジャージ』と一言で表しても、素材やブランドなどさまざまな種類があるので、選び方を押さえておきましょう。お気に入りジャージが見つかれば、ランニングのモチベーションも高くなります。実は学生時代のジャージでそのまま走っているという人は、ぜひ今の自分に合ったジャージを見つけてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ人は、こちらの記事もおすすめ!

   

あわせて読みたい

公園 自然の中を歩く女性
なんとなくウォーキングしても痩せない?効果的な歩き方とは
ダイエットをするためには適度な運動が大切になります。運動習慣があまりない人や苦手な人は、ダイエットのための運動に取り入れることが簡...
Tommy
MIZUNO WAVE DUEL NEO
ミズノの反撃!新素材を搭載したランニングシューズ「WAVE DUEL NEO」が登場
ミズノが独自に開発した高反発ソール素材「MIZUNO ENERZY(ミズノエナジー)」を採用したランニングシューズ「WAVE DU...
RUN HACK編集部
BROOKS HYPERION TEMPO
全米No.1ランニングシューズブランド「ブルックス」の「ハイペリオンテンポ」が本格上陸!
アメリカでNo.1のシェアを持つランニングシューズブランド「BROOKS(ブルックス)」の「HYPERION TEMPO(ハイペリ...
RUN HACK編集部
マラソンのタイム計測
ハーフマラソンの目標タイムはどう決める?完走に役立つペース配分や練習メニューも紹介
ハーフマラソンは「21.0975km」という長い距離を走るので、どれくらいの時間で完走できるのかイメージするのが難しいのではないで...
RUN HACK編集部
TANNUKI ランニングウェア
ランだけではもったいない!毎日着たくなる新ブランド「TANNUKI」のウェアを紹介
国産にこだわって生産されるランニングウェア&アクセサリーブランド「TANNUKI(タヌキ)」が誕生しました。ブランドは20...
RUN HACK編集部
記助
記助

元800mランナー。100mからマラソンまで、観戦するのも走るのも好きです。楽しく走る方法や速く走るためのトレーニングを主に公開するので、お役に立てたら幸いです。