下腹部を鍛える「リバースクランチ」の正しいやり方!効果やメリットも紹介

リバースクランチの効果的なやり方や方法を紹介している記事です。リバースクランチとは、脚を大きく前後に動かして下腹部を鍛える腹筋のトレーニングのことです。負荷は高いですが、しっかりと実施すればぽっこり下腹の解消にも繋がります。この記事では、正しいリバースクランチのフォームや、ベンチを使った強度の高いもの、強度を下げたやり方など、基本のリバースクランチと応用のメニューも紹介します。反り腰の人に効果的な方法も解説します。

記事の目次

  • リバースクランチとは?下っ腹を凹ませられる筋トレ!
  • リバースクランチの正しいやり方
  • きつい、できない人のための応用リバースクランチ
  • 強度を高めたい人は、ベンチを使ったリバースクランチで難易度アップ
  • 下腹部へアプローチできるリバースクランチを取り入れよう

アイキャッチ画像出典:PIXTA

リバースクランチとは?下っ腹を凹ませられる筋トレ!

リバースクランチ

出典:PIXTA

リバースクランチとは、足を大きく上下に動かすことで腹筋にアプローチするトレーニングです。腹直筋を鍛えることができ、特に下腹部に効くトレーニングです。
負荷は高いですが、下腹部が気になる方にはぜひ取り入れていただきたいメニューです。

レッグレイズとの違いは

レッグレイズ

出典:PIXTA

似た動きとしてレッグレイズという、足を上下に動かすものがあります。

レッグレイズでは足を動かすだけですが、リバースクランチでは足を振り上げた後にお尻を浮かす動作が入ります。

そのため、リバースクランチの方がより難易度の高い動きとなります。

リバースクランチの正しいやり方

それでは早速、現役トレーナーである筆者がリバースクランチのやり方を紹介していきます。

 

<手順>
1.仰向けの状態で足は軽く曲げておく。体を支えるために両手は床にしっかりとつく。

*机の足などを掴みながら行ってもOK。

リバースクランチ

撮影:natsumi0316

2.足を振り上げて、少しお尻を浮かすようにしながら足を天井へ突き上げる。

リバースクランチ

撮影:natsumi0316

3.ゆっくりとお尻を下げて、足も軽く下ろす。

リバースクランチ

撮影:natsumi0316

4.2〜3の動作を繰り返す。

 

<回数・頻度>
・10×2〜3セット
・筋肉痛が残らなければ、毎日実施しても問題ありません。
・マシントレーニングなども行う場合など、トレーニング強度が高い方は週1〜2回程度でOK。

 

<Point>
・呼吸を意識して行う。足を持ち上げる際に息を吐く、下ろす際に吸うようにする。

・腰が反りやすい人は、足を低く降ろさなくてOK。腰が反らない範囲で、足を動かしていく。

【あると便利なアイテム】ヨガマット

仰向けで行い、下半身も大きな動きがあるため、厚さのあるヨガマットを使用することをおすすめします。

体が床とあたり痛むこともありませんし、滑らずに動作が安定します。

ITEM
DABADA/ヨガマット 10mm
・サイズ:長さ180×幅60cm
・重さ:800g
・本体素材:NBR(ニトリルゴム)
・カラー:ピンク/パープル/ブラック/ブルー/グリーン/オレンジ/シャンパンピンク/ミントグリーン

きつい、できない人のための応用リバースクランチ

リバースクランチが難しくてできないという方もいるでしょう。

その場合は、レッグレイズ、ニートゥーチェストの動きから練習してみましょう。

レッグレイズ

<手順>
1.仰向けになり、足を伸ばす。

レッグレイズ

撮影:natsumi0316

 

2.足を振り上げる。

レッグレイズ

撮影:natsumi0316

3.床に足がつかない高さまで下ろす。

レッグレイズ

撮影:natsumi0316

4.2〜3の動作を繰り返す。

 

<回数・頻度>
・10×2〜3セット
・筋肉痛が残らなければ、毎日実施しても問題ありません。
・マシントレーニングなども行う場合など、トレーニング強度が高い方は週1〜2回程度でOK。

 

<Point>
・呼吸を意識して行う。足を持ち上げる際に息を吐く、下ろす際に吸うようにする。

・腰が反りやすい人は、足を低く下ろさなくてOK。腰が反らない範囲で、足を動かしていく。

ニートゥーチェスト

<手順>
1.手を後方につき、足は伸ばして浮かせておく。

ニートゥチェスト

撮影:natsumi0316

2.足を曲げて、膝を胸に近づける。

ニートゥチェスト

撮影:natsumi0316

3.ゆっくりと足を伸ばしていく。

ニートゥチェスト

撮影:natsumi0316

4.2〜3の動作を繰り返す。

 

<回数・頻度>
・10×2〜3セット
・筋肉痛が残らなければ、毎日実施しても問題ありません。
・マシントレーニングなども行う場合など、トレーニング強度が高い方は週1〜2回程度でOK。

 

<Point>
・呼吸を意識して行う。膝を曲げる際に息を吐く、伸ばす際に吸うようにする。

強度を高めたい人は、ベンチを使ったリバースクランチで難易度アップ

リバースクランチ

出典:PIXTA

ベンチの上に乗った状態で行うと、さらに負荷を高めることが可能です。

 

<手順>
1.膝を軽く曲げ、足だけベンチから下ろした状態で仰向けになる。手は頭上へ上げて、ベンチを掴み支えにする。

2.足を振り上げて、少しお尻を浮かすようにしながら足を天井へ突き上げる。
3.ベンチより低い高さまでゆっくりと足を下ろしていく。

4.2〜3の動作を繰り返す。

 

<回数・頻度>
・10×2〜3セット
・筋肉痛が残らなければ、毎日実施しても問題ありません。
・マシントレーニングなども行う場合など、トレーニング強度が高い方は週1〜2回程度でOK。

 

<Point>
・呼吸を意識して行う。足を持ち上げる際に息を吐く、下ろす際に吸うようにする。

・腰が反りやすい人は、足を低く下ろさなくてOK。腰が反らない範囲で、足を動かしていく。

・負荷が高いを感じる場合は、太もも部分が少しベンチに乗るように体の位置をずらす。

下腹部へアプローチできるリバースクランチを取り入れよう

リバースクランチ

出典:PIXTA

リバースクランチについて詳しくご紹介していきました。負荷は高くなりますが、確実に下腹部へアプローチできるメニューです。
ジムなどではベンチの上で行うことでさらに難易度も高めることが可能なため、本格的にトレーニングに取り組み、腹筋を綺麗に割りたいという方にもおすすめです。
より下腹部へしっかりアプローチしたいという方は、リバースクランチを取り入れてみましょう。

この記事を読んだ人は、こちらの記事もおすすめ!

紹介されたアイテム

DABADA/ヨガマット 10mm
サイトを見る
   

あわせて読みたい

水分補給をするランナー
水分補給の新常識!「ウォーターローディング」を実践してマラソンのパフォーマンスを高めよう
マラソンを走るとき糖質を体内に溜め込むカーボローディングという言葉を耳にする機会も多いと思いますが、水分を体内に貯めておく「ウォー...
gyunyu
【画像で解説】初心者でも身につく!ランニング基本の走り方入門
必要な道具が少なく、気軽に始められるスポーツであるランニング。一方で、ランニングは体への負荷が大きく、自己流で続けていると、体にゆ...
Midori
速いペースで走る人
「クルーズインターバル」って何?ランナーのレベルに適した効果的なやり方を解説
マラソンなどの持久系種目のトレーニングとして効果が高い「閾値走」。この閾値走は心身ともに負担が大きいものなので、同じペースで短い休...
記助
ウーフォス
スポーツ後に履きたい「ウーフォス」のリカバリーサンダルおすすめ9選!サイズ感や使い分け方も紹介
スポーツした後にスニーカーや普通のサンダルを履いていませんか?ウーフォスのリカバリーサンダルは疲れた足を優しく保護してくれ、スムー...
Nissy
エリートランナー
サブエガ(2時間50分切り)をマラソンで達成するための方法を徹底解説!
この記事では、マラソンでサブエガを目指すランナーに、その難易度や練習法をご紹介します。サブ4やサブ3を達成したランナーにとって、次...
かずじぃ
natsumi0316

ライター×トレーナー。趣味はランニング、サイクリング、トレーニング、ピラティス。トレイルランにも挑戦中。トレーナー経験を活かした内容、女性のならではの目線からの情報を発信していきます。