テーピングで怪我予防!ランナーが覚えておきたい部位別のテーピングの仕方

テーピングというと「怪我をした時に巻くもの」というイメージを持っている方が多いのでは?テーピングには、筋肉を補強して怪我を予防し、楽に走るための使い方もあります。今回はランニング時の怪我防止に役立つテーピング方法や、オススメの商品について紹介していきます。

記事の目次

  • テーピングは怪我の前にするもの。どんな効果があるの?
  • ランナー向け!部位別テーピングの貼り方
  • スポーツテーピングには種類がある!
  • ランニング中に怪我を予防!不安があるならしっかりテーピングしよう

アイキャッチ画像出典:PIXTA

テーピングは怪我の前にするもの。どんな効果があるの?

ランニングで絶対に避けたいのはなんといっても「怪我で走れなくなってしまうこと」ではないでしょうか。とはいえ、記録を狙うためにはある程度距離を伸ばしてハードな練習も行う必要があります。そうすると怪我をするリスクも高くなる、といった悩みをかかえている方もいらっしゃるでしょう。そんな悩みを解決する方法の一つにテーピングがあります。テーピングをうまく活用すれば怪我のリスクを減らすことができるのです。

可動範囲が制限されるので怪我の予防になる

出典:PIXTA

テーピングを行うと可動範囲が制限されます。そう言うと、「動きにくくなってしまうのでは?」と思うかもしれませんが、怪我につながるような不必要な動きが抑えられるため、怪我防止になります。無駄な動きや身体のブレも抑えられるのでフォームが安定するという効果もあるでしょう。

怪我や障害の再発を防止する

出典:PIXTA

一度怪我や障害を発生させるとクセになる、とよく言われます。怪我や障害が発生した部分はどうしても他の部分に比べて弱くなっているので、同じ負荷がかかっても他の部分よりも故障する確率が高くなるからです。あらかじめ患部にテーピングして補強しておくことで負荷を軽減することができます。「また故障したらどうしよう…」という気持ちがあると、フォームに偏りが出てしまい、別の部分に負担がかかり、今度はそこが故障するといった悪循環に陥ってしまうことも。そうならないためにも、テーピングは有効です。

ランナー向け!部位別テーピングの貼り方

スポーツによって負荷のかかる部分はさまざまです。ランニングにおいて特に負荷がかかるのは膝、足首、足裏及び足の甲になります。これらの部位へのテーピング方法について紹介していきます。

膝テーピングの貼り方

出典:PIXTA

特に下り坂が多く、膝への負荷が高いトレイルランナーの方がよく行っているテーピングを紹介します。

1、貼る時に膝を45度ほど曲げておく

2、テープは適度な長さで切り、真ん中から割き膝内側の即副靱帯に沿ってテープを置くようなイメージで貼る

3、もう一枚、同じテープを切り、膝外側にある即副靱帯に沿ってまっすぐに貼る

膝こぞうの下にもう一枚、補強で横に貼るのもおすすめです。テープはあまりきつくひっぱって貼らないようにしましょう。少しシワができる程度で十分です。

足首テーピングの貼り方

出典:PIXTA
足首の不安定さが気になる方や、捻挫の予防のためのテーピングを紹介します。

1、外側のくるぶしから足の甲に向かってテープを巻いて行く

2、そのまま内側から足裏を巻いて外側へもっていき、足の甲でテープをクロスし、足の後ろに回す

3、アキレス腱からスタートした外側くるぶしに戻ってテープを切る

 

足裏・足の甲テーピングの貼り方

出典:PIXTA

地面からの衝撃を一番最初に受け止める足裏は、距離を伸ばすほど疲労がたまってくる場所です。ここにテーピングをすることで、レース後半でのペースダウンを防ぎます。

1、親指の付け根からかかとまでの長さを計る

2、親指の付け根あたりからテープを貼り、足の裏を少し丸めながらかかとまでテープを伸ばして貼る

3、土踏まずとテープの間にできた隙間を手のひらで軽く抑えてなじませる

 

出典:PIXTA
足の甲は、テープを横に伸ばし、足の甲をつつむように貼ります。足の甲に不安があればもう一枚、最初の一枚に平行になるように足の指の付け根あたりにも貼っておくとよいでしょう。

スポーツテーピングには種類がある!

テーピング用のテープには

 

1、伸縮タイプ

2、非伸縮タイプ

3、キネシオロジーテープ

 

の3種類があります。

伸縮タイプは可動範囲を制限しながらもテープの伸縮性を活かして筋肉や関節のサポートを行うのが特徴です。伸縮タイプにはさらに包帯ぐらいの柔らかさの「ライト」、非伸縮性に近い硬さの「ハード」及びその中間の「ソフト」の3タイプがあります。

ITEM
ニチバン バトルウィン テーピングテープ 伸縮 50mm×4m

非伸縮タイプは布製で、その名の通り完全な固定用となっています。怪我をした時によく使用されています。

 

キネシオロジーテープは筋肉の機能に近い特性で、筋肉をサポートする他、血行をよくして痛みを軽減するといった使い方もあります。

ITEM
モルテン キネシオテープ ニトリート キネロジEX 50mm×31.5m 1巻 molten NKEX-50L
撥水加工済で長く密着するのに楽にはがせるキネシオロジーテープです。汗や水に濡れても粘着性を維持できるため長時間の貼付や重ね貼りが可能です。通気性に優れているので長く貼っていても快適です。

また、テーピングは難しくて、という方のために膝や足裏など、特定部位のためにカットされたタイプのものもあります。

怪我の予防であれば、伸縮タイプかキネシオロジーテープがオススメです。

時短or自信がない人には…

どうしてもテーピングに自信がない…という人には、テーピング用のテープなどもあります。

ITEM
3M/膝用 テーピング イージーフィットテープ ベージュ
●色:ベージュ
●サイズ:181mm×267mm

ランニング中に怪我を予防!不安があるならしっかりテーピングしよう

出典:PIXTA

テーピングはランニング中の怪我予防に役立知ます。不安をかかえているとレース本番でも完全に力を出し切るのは難しいものです。テーピングを行うことは安心感にもつながりメンタルの面からもランナーをサポートします。少しでも不安があればしっかりテーピングを行い、万全の体制で走りましょう。

あわせて読みたい

出典:PIXTA
下半身を引き締めたい!レッグプレスの効果や正しい使い方
レッグプレスの使い方が今一つ分からないという方もいるのではないでしょうか。レッグプレスとは、専用のマシンを使用して下半身を引き締め...
kaz.hira
Active Tank White 2
人気沸騰中の「On」から2020春夏シーズンの新アパレルが登場!
ランニングやフィットネスで人気のブランド「On」から新アパレル発売のニュースが届きました!今回のコレクションでは、女性向けのトップ...
RUN HACK編集部
豚肉はダイエット中でも食べてOK?ダイエット向けレシピも紹介
ダイエット中は、できれば鶏のささみなど、脂質が少ないお肉を食べた方がいいとよく言われます。ところで、鶏のささみ以外のお肉は食べても...
kaz.hira
ナイキのランニングシューズを徹底解説!自分に合ったシューズを選ぼう
最近、ランニングシューズの中でも特に人気がある「ナイキ」。厚底シューズで有名な「ヴェイパーフライ」は値段が高いということもあって、...
記助
【膝が痛いランナー必見!】痛くなる前or後どちらで対処する?膝トラブルの対策法とおすすめのサポーター紹介
多くのランナーにとって最大のお悩みは「膝の痛み」ではないでしょうか。スポーツの中でもランニングは膝への負担が大きく、初心者から上級...
Tommy
Morotsuka 51
Morotsuka 51

40歳を目前に陸上未経験で走り始めました。フルマラソンからウルトラマラソン、トレイルまでさまざまな大会にチャレンジしていますが、記録更新よりも楽しくいつまでも走り続けられるライフスタイルを目指しています。