厚底シューズはなぜ速い?目的に合わせた使い分け方法やおすすめモデルを紹介

近年のランニングシューズにはミッドソールが分厚いタイプが増え、「厚底ブーム」とも言われています。では厚底シューズを履くと誰でも速く走れるのでしょうか。実際には、厚底シューズと言っても全て同じではなく、初心者向けモデルから、レースでタイムアップを目指すモデルまで様々です。そこで今回は、厚底シューズでパフォーマンスアップが狙える理由や目的別の使い分け方法、おすすめシューズを紹介します。

記事の目次

  • 「厚底シューズ」は使い分けが大切!
  • 「厚底のレーシングシューズ」でパフォーマンスが上がる理由
  • 【初心者向け・ジョグ用】厚底セーフティシューズ9選
  • 【大会でタイムアップしたい方向け】厚底レーシングシューズ8選
  • 目的に合った厚底シューズでパフォーマンスをアップしよう!

アイキャッチ画像出典:Unsplash/Flo Karr

「厚底シューズ」は使い分けが大切!

厚底シューズは大きく2種類に分けられます。マラソンのレースでタイムを出しやすいと話題になっている「レーシングシューズ」だけでなく、安定性が高い「セーフティシューズ」もあり、それぞれ特徴と役割が違うので使い分けることが大切です。

 

ここでは厚底シューズの種類について紹介します。

初心者&ジョグには厚底の「セーフティシューズ」

ジョギングをするランナー

出典:PIXTA

セーフティシューズはクッション性が高く、サポート力を高める機能が備わっているため、脚を着地時の衝撃から守りながら走ることができます。脚の筋肉ができていない初心者や練習で長い距離を走るときの怪我予防として適切なシューズです。

 

サポート機能や耐久性を加える為にシューズ自体が比較的重くなっていますが、その分脚を守ることができるので、初心者はクッション重視のセーフティシューズを選ぶことが大切です。

大会で記録を狙うなら厚底の「レーシングシューズ」

レースに出るランナー

出典:PIXTA

近年、マラソンなどのロードレースで注目を集めているのが厚底のレーシングシューズです。ナイキが2017年に開催したフルマラソンの2時間切りチャレンジ「breaking2」がきっかけで、厚底シューズブームが生まれました。

 

レーシングシューズは厚底ながら非常に軽量で、「カーボンプレート」を内蔵しているタイプが多いのが特徴です。カーボンプレートがしなることで反発力を高めて推進力を生み出し、パフォーマンスアップに貢献しています。

 

ただし、高いパフォーマンスを生み出すには強い脚力が必要になります。まだ脚のできていない初心者の方は、レーシングタイプではなくセーフティシューズから試してみると良いでしょう。ブランドによってはフルマラソンでサブ4(4時間切り)くらいの方でも活用できるレーシングシューズも用意されていますが、基本的にはサブ3〜サブ3.5(3時間〜3時間半切り)程度の走力の方に適したモデルが多いです。

「厚底のレーシングシューズ」でパフォーマンスが上がる理由

では、なぜ厚底のレーシングシューズを履くと、パフォーマンスが上がるのか理由を詳しく見ていきましょう。

エリートランナーもクッション性を求めていた?

マラソンのエリートランナー

出典:PIXTA

従来のマラソンのレーシングシューズは、反発力が得られてスピードを出しやすい薄底タイプが一般的でした。しかし、薄底のシューズはクッション性が低く、レース終盤の脚への負担も大きくなります。たとえトップ選手であっても、脚のダメージを抑えて最後までスピードを持続できるように、シューズにクッション性を求める声もありました。

 

しかし、クッション性を高めるとシューズの重量が増し、反発力も少なくなる為、スピードが出しにくいという課題があります。もしクッション性が高い厚底シューズで、軽量さと反発性を兼ね備えることができれば、さらなるパフォーマンスアップが見込めると考えられていました。

「軽量なミッドソール素材」と「カーボンプレート」がクッション性と反発性を両立!

ナイキ ヴェイパーフライ4%

撮影:記助

 

クッション性を高めた厚底シューズでも軽量性を維持するため、ミッドソール用の軽量な素材が開発されます。

 

しかし、ただ軽いだけでは反発力が少なく、さらに厚底だと足が沈んでしまいエネルギーのロスが生まれてしまいます。そこで、沈み込みを防ぎ反発力を高めるために、ソールに「カーボンプレート」が内蔵されるようになりました。

衝撃を和らげながら推進力を落とさない「高反発フォーム」

ナイキ アルファフライ

出典:Amazon

厚底にすると着地時の衝撃を和らげられるものの、地面から得られる反発力が失われる欠点がありました。そのままではカーボンプレートの推進力が落ちてしまうため、ミッドソールには軽いだけでなく「反発力が高い」素材が開発されるようになったのです。

 

現在では、各メーカーが軽量で高反発な素材の開発に成功しており、薄底シューズよりも反発力があり、軽くてクッション性がある「厚底レーシングシューズ」が生まれています。

 

薄底のレーシングシューズと違い、脚が受けるダメージを抑えられるため、マラソンなどの長い距離でも終盤の失速を防ぎパフォーマンスを高められるのです。

【初心者向け・ジョグ用】厚底セーフティシューズ9選

ここからは、脚に優しい「セーフティシューズ」と大会向けの「レーシングシューズ」のおすすめモデルをそれぞれ紹介していきます。まずは、初心者向け厚底のセーフティシューズをピックアップします。中・上級者の方のジョグ用としても活躍しますよ。

NIKE(ナイキ)/ エア ズーム ペガサス 37

初心者の方であれば、普段のトレーニングからレースまで幅広く使えるモデルです。クッション性が高く弾むように走れる「リアクトフォーム」に加え、「Airユニット」を搭載したことで、さらに反発力が高くなっています。

ITEM
ナイキ エアズームペガサス37 メンズ
●重量:285g
●素材:合成繊維、ゴム底
●サイズ:24.0~30.0cm
●カラー:ホワイト、ブラック、レッド
ITEM
ナイキ エアズームペガサス37 レディース
●重量:238g
●素材:合成繊維、ゴム底
●サイズ:22.5~26.5cm
●カラー:ホワイト、ブラック、グレー、ピンク

 

▼「エア ズーム ペガサス 37」についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事もおすすめ!

NIKE(ナイキ)/ ズーム X インヴィンシブル ラン

「怪我ゼロを目指す」というコンセプトで開発されたシューズです。厚底のレーシングシューズで使われているミッドソール素材「ズームX」を使用し、軽さ・柔らかさ・反発さを兼ね備えています。

 

安定感が高いので長く走るときに適したシューズといえるでしょう。

ITEM
ナイキ ズームX インヴィンシブル ラン メンズ
●重量:314g
●素材:合成繊維、ゴム底
●サイズ:24.0~30.0cm
●カラー:ブラック、ホワイト
ITEM
ナイキ ズームX インヴィンシブル ラン レディース
●重量:253g
●素材:合成繊維、ゴム底
●サイズ:22.5~26.5cm
●カラー:ホワイト、ピンク

adidas(アディダス)/ ウルトラブースト 21

アディダスの中でもロングセラーの人気シリーズ。クッション性・反発力が高いブーストフォームを多く使っているシューズです。重量は300gを超えるので少し重いですが、柔らかく弾むように走れます。

ITEM
アディダス ウルトラブースト21 メンズ
●重量:340g
●素材:合成繊維、ゴム底
●サイズ:24.5~31.0cm
●カラー:ホワイト、ブラック、グレー、ネイビー、イエロー、レッド
ITEM
アディダス ウルトラブースト21 レディース
●重量:340g
●素材:合成繊維、ゴム底
●サイズ:22.0~26.5cm
●カラー:ホワイト、ブラック、グレー、ネイビー、イエロー、レッド

 

▼「ウルトラブースト 21」についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事もおすすめ!

HOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)/ クリフトン 7

厚底でお馴染みのホカ オネオネの中でも、重さ・クッション・反発のバランスが良い万能なシューズです。見た目以上に軽く弾むような反発力もあるので、長い距離でも快適に走れます。

ITEM
HOKA ONE ONE クリフトン7 メンズ
●重量:247g
●素材:合成繊維、ゴム底
●サイズ:25.0~30.0cm
●カラー:ブラック、グレー、レッド、ネイビー、ホワイト
ITEM
HOKA ONE ONE クリフトン7 レディース
●重量:201g
●素材:合成繊維、ゴム底
●サイズ:22.0~25.0cm
●カラー:ブラック、グレー、レッド、ネイビー、ホワイト

 

▼「クリフトン 7」についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事もおすすめ!

HOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)/ リンコン 2

クリフトンと同程度の厚底ですが、軽さがあるため足回しが良く快適に走れるシューズです。クリフトンのような弾むクッション性はありませんが、その分スピードを出しやすいのが特徴です。

ITEM
HOKA ONE ONE リンコン2 メンズ
●重量:218g
●素材:合成繊維、ゴム底
●サイズ:25.0~30.0cm
●カラー:ブラック、グレー、レッド、ブルー、イエロー
ITEM
HOKA ONE ONE リンコン2 レディース
●重量:184g
●素材:合成繊維、ゴム底
●サイズ:22.0~25.0cm
●カラー:ブラック、グレー、レッド、ブルー、イエロー

BROOKS(ブルックス)/ ハイペリオン テンポ

「ハイペリオン テンポ」は軽量性、クッション性、反発性の3つをバランス良く兼ね備えたシューズです。初心者のレースや上級者のスピード練習にも対応している万能なシューズです。

ITEM
ブルックス ハイペリオンテンポ メンズ
●重量:207g
●素材:合成繊維、ゴム底
●サイズ:25.0~29.0cm
●カラー:ブラック、ホワイト、グレー
ITEM
ブルックス ハイペリオンテンポ レディース
●重量:189g
●素材:合成繊維、ゴム底
●サイズ:22.0~25.0cm
●カラー:ブラック、ホワイト、グレー

ASICS(アシックス)/ メタライド

「メタライド」は少ない力でも長く楽に走れるように設計された厚底シューズです。弓形のソールデザインによって着地が柔らかく、効率的な走りを実現しています。

ITEM
アシックス メタライド メンズ
●重量:315g
●素材:合成繊維、ゴム底
●サイズ:25.5~32.0cm
●カラー:ブラック、ピンク、ブルー、グレー
ITEM
アシックス メタライド レディース
●重量:315g
●素材:合成繊維、ゴム底
●サイズ:23.0~26.5cm
●カラー:ブラック、ピンク、ブルー、グレー

ASICS(アシックス)/ GT-2000 9

アシックスの「GT-2000」は、クッション性と安定性を高めたモデルで、初心者や長距離ランニングを頻繁に行う方に適しています。安定感を重視しているモデルなので、怪我を予防しながら着実に走りたい方にピッタリでしょう。

ITEM
アシックス GT-2000 9 メンズ
●重量:281g
●素材:合成繊維、ゴム底
●サイズ:24.5~30.0cm
●カラー:ブラック、ブルー、グレー、イエロー
ITEM
アシックス GT-2000 9 レディース
●重量:221g
●素材:合成繊維、ゴム底
●サイズ:22.5~26.0cm
●カラー:ブラック、ブルー、ピンク

MIZUNO(ミズノ)/ ウェーブライダー 24

ミズノで24代続く人気シリーズである「ウェーブライダー」。クッション性と反発力が高く快適に走れるので、初心者から上級者まで幅広く愛用されています。

ITEM
ミズノ ウェーブライダー24(ユニセックス)
●重量:275g
●素材:合成繊維、ゴム底
●サイズ:22.5~30.0cm
●カラー:ブラック、ブルー、グレー、レッド

【大会でタイムアップしたい方向け】厚底レーシングシューズ8選

大会本番でタイムを出したい方であれば、厚底のレーシングシューズを履くと良いでしょう。ここからは厚底レーシングシューズを紹介します。

NIKE(ナイキ)/ エア ズーム アルファフライ ネクスト%

2021年2月28日にマラソンの日本記録が更新されました。その時に鈴木健吾選手が履いていたシューズがこのアルファフライです。アルファフライは、カーボンプレートと軽量・高反発なフォーム(ズームX)だけでなく、「エアポッド」という新しい技術が使われており、エネルギーリターン、クッショニング、安定性がさらに高められています。

ITEM
ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト% メンズ
●重量:210g
●素材:合成繊維、ゴム底
●サイズ:24.0~30.0cm
●カラー:イエロー、ブルー、オレンジ、ホワイト
ITEM
ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト% レディース
●重量:210g
●素材:合成繊維、ゴム底
●サイズ:22.0~26.5cm
●カラー:イエロー、ブルー、オレンジ、ホワイト

NIKE(ナイキ)/ ズーム X ヴェイパーフライ ネクスト%

ナイキの厚底を代表するモデルであり、軽量性・クッション性・反発性のバランスが良く記録更新をサポートしてくれます。アルファフライよりも軽量で、スピードを出しやすいです。

ITEM
ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%
●重量:186g
●素材:合成繊維、ゴム底
●サイズ:23.0~30.0cm
●カラー:ホワイト、オレンジ

adidas(アディダス)/ アディゼロ アディオス プロ

アディダスの「アディゼロ アディオス プロ」は他のシューズと違い、前足部に5本の骨状のカーボンロッドが内蔵されており、爆発的な推進力が生まれます。スピードを出しやすいだけでなく、クッション性も高いためマラソンなどのレース終盤もしっかり走れるでしょう。

ITEM
アディダス アディゼロアディオスプロ
●重量:225g
●素材:合成繊維、ゴム底
●サイズ:22.0~31.0cm
●カラー:オレンジ、イエロー
ITEM
アディダス アディゼロアディオスプロ
●重量:225g
●素材:合成繊維、ゴム底
●サイズ:22.0~31.0cm
●カラー:オレンジ、イエロー

HOKA ONE ONE(ホカ オネオネ) カーボン X 2

ホカ オネオネの「カーボン X 2」は、反発性と安定性が高いモデルで、マラソンやウルトラマラソンなどの長い距離のレースで活躍します。クッション性も高いためトレーニングとレースの両方に適しており、前モデルと同様に高い推進力を発揮します。

ITEM
HOKA ONE ONE カーボン X 2 メンズ
●重量:239g
●素材:合成繊維、ゴム底
●サイズ:25.0~30.0cm
●カラー:グレー、ブルー、レッド、ブラック
ITEM
HOKA ONE ONE カーボンX2 レディース
●重量:198g
●素材:合成繊維、ゴム底
●サイズ:25.0~30.0cm
●カラー:グレー、ブルー、レッド、ネイビー

 

▼「カーボン X 2」についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事もおすすめ!

HOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)/ ロケット X

「ロケット X」はエリートアスリートのレース向けのシューズで、軽量で非常に反応と反発性が良いのが特徴です。「カーボン X」と同じカーボンファイバープレートを使用しており、効率的で推進力がある走りを実現しています。

ITEM
HOKA ONE ONE ロケットX
●重量:210g
●素材:合成繊維、ゴム底
●サイズ:23.0~30.0cm
●カラー:ブルー、レッド

BROOKS(ブルックス)/ ハイペリオン エリート 2

「ハイペリオン エリート 2」は軽量・反発力が高い素材を使用してエリートランナー向けのモデルです。ミッドソールには液化窒素ガスを混ぜて臨界発泡して成型した第3のミッドソール新素材「DNA FLASH」を採用しています。

ITEM
ブルックス ハイペリオン エリート2
●重量:215g
●素材:合成繊維、ゴム底
●サイズ:24.0~29.0cm
●カラー:グレー、ホワイト

ASICS(アシックス)/ メタレーサー

「メタレーサー」はレース本番やペースの速いトレーニングで効果を発揮するシューズです。弓状の形をしたアウトソールが効率的なランニングを実現し、カーボンプレートによって足を前に押し出します。

ITEM
アシックス メタレーサー レディース
●重量:156g
●素材:合成繊維、ゴム底
●サイズ:22.5~26.0cm
●カラー:ピンク、ホワイト、オレンジ

MIZUNO(ミズノ)/ ウエーブ デュエル ネオ SP

「ウエーブ デュエル ネオ SP」は「本気の反発」をコンセプトに設計された厚底レーシングシューズです。ミズノ史上最高のエネルギーリターン素材を使用しており、厚底のクッションが気にならない反発を実現しています。

ITEM
ミズノ WAVE DUEL NEO SP
●重量:240g
●素材:合成繊維、ゴム底
●サイズ:25.0~27.5cm
●カラー:レッド

目的に合った厚底シューズでパフォーマンスをアップしよう!

マラソンレースに出場するランナー

出典:PIXTA

「厚底シューズ」と一言で表現しても、その種類はさまざまで役割は違ってきます。そのため、厚底シューズを選ぶときはランニングの経験や練習用・レース用などの目的に合わせて選ぶことが大切です。シューズの特徴も変わってくるため、自分の特性に合ったピッタリなものを選びましょう。

 

1
   

あわせて読みたい

【2021年版】最新のランニングシューズおすすめ21選!初心者から上級者まで今履きたいシューズを紹介します
2021年版最新ランニングシューズを紹介する記事です。ランニングを始めたい人から今楽しんでいる人まで、新しいシューズを探している人...
Nissy
アシックス メタライド
アシックス「メタライド」ならランがもっとラクに!シリーズの特徴や3モデルの使い分けも解説
アシックスの技術が全て詰め込まれたランニングシューズ「メタライド」について解説します。機能性の高さから注目され、販売直後は売り切れ...
gyunyu
ホカオネオネの超人気シューズ「ボンダイ」の特徴は?最新から限定モデルまでを一挙紹介!
ホカ オネオの人気シューズ「ボンダイ(BONDI)」シリーズについて特徴などを解説します。優れた機能性とデザイン性からランナーだけ...
のだぺん
ナイキ エア ズーム ペガサス 38
【レビューあり】ナイキ エア ズーム ペガサス 38が登場!アッパーの変更で快適性が大幅アップ
「あらゆるランナーのためのシューズ」として1983年に登場したナイキ ペガサス。最新作となる「ナイキ エア ズーム ペガサス 38...
RUN HACK編集部 青木
目指すは怪我ゼロ!ナイキ リアクト インフィニティラン フライニットを徹底レビュー
ナイキの「リアクト インフィニティラン フライニット」をレビューします。ナイキといえば厚底シューズで注目を集め、トップアスリートが...
Morotsuka 51
記助
記助

元800mランナー。100mからマラソンまで、観戦するのも走るのも好きです。楽しく走る方法や速く走るためのトレーニングを主に公開するので、お役に立てたら幸いです。