快適なトレランのために!シューズの選び方と各ブランドの代表モデルをまとめて紹介

トレランを快適にするためには自分に合ったシューズ選びが不可欠です。ロード用シューズと違いトレランシューズにはさまざまな特徴があるため、走るシチュエーションや走り方などでシューズを使い分ける場合もあります。そんなトレランシューズを選ぶ際のポイントを、各ブランドのシューズの特徴から解説していきます。

記事の目次

  • 普通のランニングシューズとは違うの?トレランのシューズの特徴
  • どれを選べばいい?自分に合ったシューズを選ぶポイント
  • 各ブランドの特徴とおすすめ商品!
  • トレランシューズはブランドによって履き心地&性能は様々!

 アイキャッチ画像出典:PIXTA

普通のランニングシューズとは違うの?トレランのシューズの特徴

出典:PIXTA

トレイルランニングは、未舗装の道や登山道を走る近年人気のアウトドアアクティビティです。未舗装の道や岩、土の上などを走ることが多いため、トレランシューズは通常のランニングシューズと違いクッション性が高く、悪路でも地面にしっかり食い込むようなトレッド(アウトソールのでこぼこ)が特徴です。また、木の枝や突き出た岩から足を保護するための柔軟かつ丈夫なアッパーや、つま先を守るトゥ・ガードなどの機能もあります。

 

不安定で足場の悪い場所を快適に走るためにはシューズの特徴を知り、自分に合ったシューズを履くことがなにより重要です。

どれを選べばいい?自分に合ったシューズを選ぶポイント

まずは自分に合ったシューズ知ることが大切です。トレランを楽しむためにシューズが負担になっては楽しさも半減してしまいますよね。また、自分にぴったりのシューズを履くことがパフォーマンスの向上にも直結します。

 

各ブランドが特徴的なシューズを出していますが、種類が多いと選ぶのも大変です…。シューズ選びに迷ったら、下記のポイントから選んでみましょう。

サイズが合っているか

出典:PIXTA

まずはシューズのサイズですが、つま先の0.5から1cm大きめのサイズを選ぶことをおすすめします。トレイルは起伏が激しく、ぴったりすぎるサイズのシューズだと下りでつま先に多くの負担がかかり、爪先や足の指を痛めてしまうことがあるからです。足を入れた時にすでに痛みがあったり、当たっている部分があるものはやめておきましょう。

 

特にトレイルランニングは山を走ることもあるため、シティランのようにすぐに中断することができません。山を下りるまでは痛みと戦わなければならなくなってしまうので、サイズ選びはかなり重要です。

重さが負担にならないか

出典:PIXTA

防水素材を使用しているものやアウトソールが厚手のものだと、機能としては優れていますがシューズが重くなってしまいます。記録やスピード重視のランナーや、ロングトレイルを想定している場合は余分な機能を削った軽いシューズのほうが結果に繋げやすいこともあります。

ソールはクッション型か感覚型か

シューズのアウトソールは主にクッション型と感覚型の2つに分けられます。クッション型のシューズはアウトソールのかかと部分が厚めで、不安定な足場での着地の衝撃を吸収してくれるというメリットがあり、初心者ランナーにおすすめです。感覚型のシューズはアウトソールが薄く、地面の感覚をより感じやすいのでスピード重視の上級者ランナーにおすすめです。

アッパーは防水機能付きか

出典:PIXTA

アッパーが防水機能に優れたゴアテックスか否かもランナーにとって重要なポイントです。ゴアテックス採用のシューズは防水性が非常に高く、靴に水が浸透するのを防ぐことができますが、その反面靴の内部に水が入ると抜けにくいのが難点です。ゴアテックス不採用のシューズは水に弱いですが、水が抜けやすくもあります。

 

これは個人の好みと、どのような路面をどのくらい走るかにもよります。雨の日は走らず、仮に走ったとしても時間が短めという人はゴアテックス採用モデルを、雨の日も走ることがあり、日を跨ぐレースに出る場合はゴアテックス不採択のものを選ぶなど、経験と工夫も必要です。

 

また、ゴアテックス採用ではないタイプの防水シューズもあり、ゴアテックスと比べ防水性能は劣りますが、通気性が良く内部から水が抜けやすいため長距離の際などにおすすめです。

各ブランドの特徴とおすすめ商品!

現在各ブランドからトレランシューズが数多く出ているため、多すぎて選べないという方の参考になるように各ブランドの特徴とおすすめ商品を紹介していきます。

NIKE

ロードのランニングシューズといえば「NIKE」ですよね。実はトレランシューズもラインナップされています。NIKEのトレランシューズはシャープでデザイン性が高い上、優れた通気性と軽量性でスピード感溢れるトレランを実現させてくれます。

ITEM
NIKE エア ズーム ペガサス 36 トレイル
メイン素材:Synthetic Leather
重量:約265g(26.5cm)

「エアズームペガサス36トレイル」は約265gとトレランシューズとしてはかなり軽量なモデル。起伏や障害物の少ないトレイルでの軽快な走りが期待できるほか、トレラン上級者がレースで使用するのにおすすめです。

adidas

adidasのトレランシューズは、自動車やレース用自転車に採用されているラバーアウトソールを使用しており、あらゆるコンディション下でも高いグリップ性を発揮し、スリップによるエネルギーロスを軽減させることができます。

ITEM
adidas ウルトラブースト ガード
素材:合成繊維・合成皮革・ゴム底
重量:約312g(27.0cm)

「ウルトラブースト ガード」は足の細かな動きに合わせて屈曲する柔軟なソールと高い反発性を持つクッショニングで力強い走りを可能にするため足馴染みが良く、ロングトレイルでの使用におすすめです。

ASICS

ASICSのシューズは日本人の足型を使用した製品開発を行っているため、日本人の足にフィットするモデルが多いのが特徴です。ビギナー向けからエリートランナー向けまで幅広いシューズラインナップで、自分に合ったシューズを見つけることができます。

ITEM
ASICS GEL-FUJITRABUCO 7
素材:合成繊維・人工皮革・ゴム底
重量:約330g(27.0cm)

「GEL-FUJITRABUCO 7」は硬めのミッドソールが特徴。長時間のレースでも優れた反発性を持続させる構造で、ロングまたはウルトラトレイルの距離を走る方におすすめです。

THE NORTH FACE

ザ・ノース・フェイスのトレランシューズはクッション性の高いミッドソールを使用しており、包み込むようなフィット感と高い衝撃吸収性を発揮します。また、アウトソールは独自開発の「EXTSシステム」が搭載されていて、トレイルでの加速と減速に加え、屈曲性を高めたものが多くあります。

ITEM
THE NORTH FACE Ampezzo
素材:合成繊維・ゴム底
重量:約310g(27.0cm)

「Ampezzo」はアッパーが広めで通気性と耐久性が高く、足の動きに対して滑らかに動いてくれるため、足首まわりが自由に動かせます。ショートからロングレースまで幅広いレースにおすすめです。

SALOMON

SALOMONのトレランシューズは、エネルギーリターンが高く、優れたクッション性を誇るミッドソールと地面に力強く食い込むアウトソールを採用しており、高い耐久性とフィット感で長距離ランにも効果を発揮します。

ITEM
SALOMON SPEEDCROSS 5
素材:合成繊維・ゴム底
重量:約280g(27.0cm)

「SPEEDCROSS 5」はぬかるみや柔らかな路面にしっかり食い込むように、大きめのラグが広い間隔で配置されています。トレーニングや、足場の悪いショートレースでの使用におすすめです。

inov-8

inov-8のトレランシューズはアウトソールに世界初のノーベル賞素材であるグラフェンを配合したものがあります。グラフェン素材とは、鉄の200倍の強度がありながら、薄さと軽量性、屈曲性が高い素材です。グラフェン配合のソールは起伏の激しいトレイルを走る際、優れたグリップ力を発揮します。

ITEM
inov-8 TRAILTALON 290
素材:合成繊維・合成樹脂・人工皮革・ゴム底
重量:約300g(26.5cm)

「TRAILTALON 290」はアウトソールのかかと部分には硬め、足先には中程度の硬さ、全体に柔らかめと、部分によって硬度を変えているため疲れにくい構造になっています。初心者の方や、トレイルだけでなくロードとのミックス路面など様々なシチュエーションを走るレースにおすすめです。

Columbia montrail

コロンビア モントレイルのトレランシューズは、初心者から上級者ランナーまで幅広いラインナップが揃っています。独自の防水透湿技術であるアウトドライ、あらゆるトレイルにも耐えるグリプトナイトを含む9つのテクノロジーから、自分のランニングスタイルに合った機能を持つシューズを選ぶことができます。

ITEM
montrail CALDORADO 3
素材:合成繊維・ゴム底
重量:約290g(26.5cm)

「CALDORADO 3」はアウトソールの耐久性が高く、長距離レースでもクッションがへたりにくい構造になっています。インソールもしっかりした作りで、激しいアップダウンや悪路の多いレース、ロングトレイルなどにおすすめです。

 

▼他のコロンビア モントレイルのトレランシューズを詳しく知りたい方はこちらの記事もチェック!

LA SPORTIVA

LA SPORTIVAのトレランシューズは路面の衝撃を吸収し、ランナーの負担を軽減する「インパクトブレーキシステム」を搭載しており、体力の温存と安定した走りを可能にします。

ITEM
LA SPORTIVA MUTANT
素材:合成繊維・ゴム底
重量:約303g(27.0cm)

「MUTANT」は足裏から全体を包むようなシューレースと、どんな路面にも対応するアウトソールが走りを安定させます。ロングまたはウルトラトレイルなどにおすすめです。

ALTRA

ALTRAのトレランシューズは足の形状、動きを阻害しないように柔らかく地面になじむナチュラル・ライド・システムのアウトソールを採用しており、足底の感覚を最大限に高め、スムーズな走りを可能にします。

ITEM
ALTRA KING MT2
素材:合成繊維・人工皮革・ゴム底
重量:約246g(26.5cm)

「KING MT2」は剛性に優れたアウトソールと、独自のストーンガードを搭載することで高い耐久性を発揮します。トレラン初心者の方や、ぬかるみや岩場が多い悪路の短距離トレイルを走る際におすすめです。

MERRELL

MERRELLのトレランシューズは防水・撥水加工に優れている上、内部のムレも逃がす構造になっているためシューズの内部をドライに保つことができます。また、解剖学に基づいたデザインで、足の自然な屈曲を助けてくれます。日本ではあまりトレラン=メレルのイメージがないのですが、海外ではかなり人気となっているようです。

ITEM
MERRELL FLUXION
素材:合成繊維・合成樹脂・ゴム底
重量:約200g(26.5cm)

「FLUXION」は他のシューズと比べ超軽量な上、着地の衝撃吸収性に優れています。トレラン初心者の方のトレーニングや比較的悪路の少ないショートトレイルでの使用におすすめです。

HOKA ONE ONE

抜群のクッション性と軽量性で、ストレスフリーな走りを可能にするHOKA ONE ONEのトレランシューズ。また、柔らかく弾力のあるアウトソールが悪路での重心移動を正しく導いてくれるため、走りをスムーズかつ快適にしてくれます。トレラン初心者の方にもおすすめなブランドです。

ITEM
HOKA ONE ONE TORRENT
素材:合成繊維・ゴム底
重量:約254g(27.0cm)

「TORRENT」は衝撃を吸収しつつ推進力を生むミッドソールと、粘着性の高いアウトソールが急なアップダウンやさまざまな悪路に対応します。短距離から長距離のレースまで、幅広いシチュエーションで活躍してくれます!

トレランシューズはブランドによって履き心地&性能は様々!

出典:PIXTA

トレランシューズは上記以外にもたくさんの種類があります。自分の現在のレベルや走るトレイルのシチュエーションで複数のシューズを使い分けるのも良いと思います。ぜひ自分にぴったりのシューズを見つけてトレランを楽しんでください。

この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめ!

あわせて読みたい

出典:PIXTA
下半身を引き締めたい!レッグプレスの効果や正しい使い方
レッグプレスの使い方が今一つ分からないという方もいるのではないでしょうか。レッグプレスとは、専用のマシンを使用して下半身を引き締め...
kaz.hira
Active Tank White 2
人気沸騰中の「On」から2020春夏シーズンの新アパレルが登場!
ランニングやフィットネスで人気のブランド「On」から新アパレル発売のニュースが届きました!今回のコレクションでは、女性向けのトップ...
RUN HACK編集部
豚肉はダイエット中でも食べてOK?ダイエット向けレシピも紹介
ダイエット中は、できれば鶏のささみなど、脂質が少ないお肉を食べた方がいいとよく言われます。ところで、鶏のささみ以外のお肉は食べても...
kaz.hira
ナイキのランニングシューズを徹底解説!自分に合ったシューズを選ぼう
最近、ランニングシューズの中でも特に人気がある「ナイキ」。厚底シューズで有名な「ヴェイパーフライ」は値段が高いということもあって、...
記助
【膝が痛いランナー必見!】痛くなる前or後どちらで対処する?膝トラブルの対策法とおすすめのサポーター紹介
多くのランナーにとって最大のお悩みは「膝の痛み」ではないでしょうか。スポーツの中でもランニングは膝への負担が大きく、初心者から上級...
Tommy
ke2t4
ke2t4

中・高・大学から現在まで続けているハンドボールのために、日々ランニングや筋トレをしています。家でできるトレーニングやジムでのトレーニングなども研究中です。どうぞよろしくお願いします。