アシックスのランニングシューズどう選ぶ?【2021年】おすすめシューズ

軽量さやクッション性、高い機能性に定評のある<asics(アシックス)>のランニングシューズを大特集します。初心者向けからサブ4を目指すランナーや中上級者レベルまで、おすすめのシューズをメンズ・レディース別にご紹介!ターサーやゲルカヤノ、ゲルフェザーグライドなどの代表作をはじめ、話題の厚底モデル、東京マラソン記念モデル、新作の靴も勢ぞろい。数ある種類の中から「実際どう選ぶの?」という疑問を、チャートを元に解消して、自分に合った一足を探してみましょう!

記事の目次

  • アシックスとはどんなメーカー?
  • アシックスの長距離シューズに使われている主な技術
  • アシックスのランニングシューズの選び方
  • 【初心者~中級者向け】アシックスのランニングシューズ
  • 【中級者~上級者向け】アシックスのランニングシューズ
  • 走行効率を追求! 旬デザインの“厚底”モデル
  • 【あらゆる志向のランナー向け】東京マラソン2020記念モデル
  • 本格的なアシックスのランニングシューズ

アイキャッチ画像出典:楽天市場/札幌スポーツ館

アシックスとはどんなメーカー?

アシックスはランニングシューズの中でも、世界的に人気があるメーカーです。まずは、アシックスがどのようなメーカーなのか紹介します。

日本発のシューズメーカー「アシックス」

アシックス ランニングシューズ

近年のランニングシューズ事情では、海外メーカーであるナイキやアディダスが目立っていますが、日本のメーカーであるアシックスは長く日本の陸上界を支えています。アシックスのシューズを履いている有名なマラソン選手には、瀬古利彦さん・高橋尚子さん・野口みずきさん・川内優輝選手などがいます。

 

元は「オニツカタイガー」というブランドであり、スポーツ用具メーカーやニットウェアメーカーと統合したことで現在の「アシックス」になりました。オニツカタイガーブランドは現在でも日本だけでなくアメリカなどで人気があります。

世界のトップ選手も認めるランニングギアの「技術力」

アシックス メタレーサー

現在では世界のトップ選手がアシックスのランニングシューズを使っています。マラソン用のランニングシューズでは、ナイキに追随するようにカーボンプレートを内蔵した厚底シューズも開発。エリートランナー向けカーボン内蔵シューズの中では耐久性も高く、陸上・マラソン界に革命を起こすような技術を生み出しています。

アシックスの長距離シューズに使われている主な技術

アシックスの長距離シューズには、独自開発の素材や技術が使われています。シューズ選びの参考になるよう、具体的にどのような技術が使われていることが多いのか見ていきましょう。

衝撃吸収力が優れた「GEL(ゲル)」

アシックス ランニングシューズ GEL

独自で開発された「GEL」はクッション性が高い素材で、ランニングの衝撃を吸収し身体にかかる負担を軽減できます。初心者の方でも、長距離を快適に走ることができるのでロングジョグ用のシューズとしておすすめ。シューズのモデルによってGELが使われている位置が変わるので、目的に合わせてシューズを選びやすいのも特徴です。

接地の衝撃を反発力に繋げる「SpEVA(スピーバ)」

アシックス ランニングシューズ SpEVA(スピーバ)

「SpEVA」はクッション性と反発力が高い素材です。脚を衝撃から守り衝撃の力を推進力に変換できる技術であり、レース用のシューズに使われていることが多いです。GELが使われたシューズよりも軽量で比較的薄型のシューズに使われており、効率良くランニングできます。

軽量性と弾性を併せ持つ「FLYTEFOAM(フライトフォーム)」

アシックス ランニングシューズ FLYTEFOAM(フライトフォーム)

「FLYTEFOAM」はクッション性が高く軽い素材です。初心者用のジョギングシューズからトップ選手が履く軽量なシューズまで、幅広く使われています。クッション性を高めるために厚底にしても、シューズを軽くできるのが最大の特徴です。

アシックスのランニングシューズの選び方

アシックスのランニングシューズは、一般的な日本人の足の幅に合う作りになっています。また、趣味で始めたい初心者向けから本格的ランナーまで幅広いシリーズを展開。足幅の種類も「ナロー」「スタンダード」「ワイド」「エクストラワイド」があるので、自分に合ったモデルを選ぶことができます。

 

チャートを見て左側に移るほど、初心者向けモデルとなるので、参考にしてみてください。

初心者は「ソールが厚い」ものを

ソールの厚いランニングシューズ

これからランニングを始めたいという人は、ソールが厚いものを選びましょう。クッション性や安定性を重視して作られているため、脚を守ってくれます。

逆に、上級者はより早く走ることを目標にするため、軽量性やグリップ力重視の薄いソールのものがおすすめです。

必ず試し履きをする

アシックスのランニングシューズ

 

ランニングシューズは必ず自分の足のサイズ・形に合ったものにしましょう。そのため、必ず試着してから購入するのがおすすめです。以下4点について確認してみてください!

1.甲と靴の上の部分の隙間・きつさ
甲とあたる靴の上部分がゆるいとマメができやすく、きつすぎると血行が悪くなり疲れやすくなってしまいます。

2.履いて立った時につま先が動くか
履いて立った時に足の指を動かしてみましょう。自由に動かないと骨の異常をきたす場合があります。1~1.5cm程の余裕が必要です。

3.アーチクッションと土踏まずの位置が合うか
アーチクッションと土踏まずの位置がズレていると、疲労を招いてしまいます。特に偏平足の人は注意しましょう。

4.かかとが浮かないか
かかとを浮かしてシューズが足から外れてしまうと着地時に不安定になり危険です。その場合はワンサイズ下をおすすめします。

アシックスストアで自分に合うシューズを見つけよう

アシックス プロネーションテスト

自分でランニングシューズを選ぶ自信がない方や、自分にピッタリなシューズが欲しい方は、アシックスストアを利用してみるのもおすすめです。一部のアシックスストアでは、足の計測を無料で実施しており、シューズ選びのアドバイスやランニング能力測定なども受けられます。

 

脚の計測を行えるのは以下の店舗です。近くに実施店があれば是非活用してみてください。

 

【アシックスストア】

●東京

●原宿

●丸の内

●大阪

●心斎橋

●神戸

脚の計測(プロネーション判定)ができるストア一覧はこちら

【初心者~中級者向け】アシックスのランニングシューズ

初心者向けのアシックスのランニングシューズ

 

まずは、初心者におすすめのランニングシューズを紹介します。

『はずむ、楽しい』新感覚シューズ「NOVABLAST(ノバブラスト)」

「NOVABLAST」は、FLYTEFOAMを全面に採用したモデル。トランポリンから着想を得たシューズでありクッション性・弾性が高いのが特徴です。コンセプトは「いつもの道をはずませよう。」なので、楽しくランニングしたい方、脚の負担を抑えて怪我を予防したい方におすすめ。

ITEM
アシックス NOVABLAST【メンズ】
●サイズ:24.5~32.0cm
●素材:
インナーソール:合成樹脂、アッパー素材:合成繊維、アウター素材:ゴム底
ITEM
アシックス NOVABLAST【レディース】
●サイズ:22.5~26.0cm
●素材:
インナーソール:合成樹脂、アッパー素材:合成繊維、アウター素材:ゴム底

 

▼NOVABLAST(ノバブラスト)について詳細なレビューはこちら!

雲の上で走っているような履き心地の「GEL-NIMBUS 22(ゲルニンバス 22)

ミッドソールにアシックス独自開発の“FLYTEFOAM”素材を採用し、かかとには衝撃緩衝性の高いゲルを内蔵しています。ラテン語で「雲」を意味する“NIMBUS”の名の通り、ソール、メッシュアッパー共に柔らかく、高いクッション性を発揮するモデルです。

ITEM
アシックス GEL-NIMBUS 22【メンズ】
●サイズ:24.5~32.0cm
●素材:
インナーソール:合成樹脂、アッパー素材:合成繊維・人工皮革、アウター素材:ゴム底
ITEM
アシックス GEL-NIMBUS 22【レディース】
●サイズ:22.5~26.0cm
●素材:
インナーソール:合成樹脂、アッパー素材:合成繊維・人工皮革、アウター素材:ゴム底

▼最新型の「ゲルニンバス23」についての詳しいレビューはこちらの記事も参考に!

川内優輝選手が練習で愛用している「GEL-KAYANO(ゲルカヤノ 26)

長距離のランニングでも頼れる優れたクッション性と軽量さがポイントです。ゲルニンバス同様に、ミッドソールにアシックス独自開発の“FLYTEFOAM”素材を採用し、前足部分とかかとには衝撃緩衝性の高いゲルを内蔵しています。さらに、着地時の足への負担を軽減するために開発された“DUOMAX”を中足部に搭載。脚をしっかり守れるので、初心者のジョギングから、レースと同じペースで走る練習に適しています。川内選手などトップ選手も、普段のジョグなど練習用としても愛用している人気モデルです。

ITEM
アシックス GEL-KAYANO 26【メンズ】
●サイズ:24.5~32.0cm
●素材:
インナーソール:合成樹脂、アッパー素材:合成繊維、アウター素材:ゴム底
ITEM
アシックス GEL-KAYANO 26【レディース】
サイズ:22.5~26.5cm
●素材:
インナーソール:合成樹脂、アッパー素材:合成繊維、アウター素材:ゴム底

 

▼ゲルカヤノについて詳しく知りたい人は、こちらの記事もおすすめ!

日本人の足に合わせて作られた「GT-1000 9」

様々なランナーにおすすめできる汎用性の高いモデル。GELを地面に近い下層に配置することで、クッション性が高くなり弾むように走れます。初心者の方であれば練習全般からレースまで、上級者の方でもジョグ用のシューズとしておすすめです。

ITEM
アシックス GT-1000 9【メンズ】
●サイズ:24.5~32.0cm
●素材:
インナーソール:合成樹脂、アッパー素材:合成繊維・人工皮革、アウター素材:ゴム底
ITEM
アシックス GT-1000 9【レディース】
●サイズ:22.5~26.5cm
●素材:
インナーソール:合成樹脂、アッパー素材:合成繊維・人工皮革、アウター素材:ゴム底

汎用性が高いロングセラーモデル「GT-2000 8」

優れたクッション性と反発性、軽量さの三拍子そろったアシックスのロングセラーモデルです。脚にかかる負担を軽減するため、ロングジョグにおすすめ。軽量性とクッション性に優れたFLYTEFOAMを搭載しているので軽やかに走れるのも特徴です。「GT-1000 9」と比較すると、足幅が広いモデルも展開しています。

 

ITEM
アシックス GT-2000 8【メンズ】
●サイズ:24.5~30.0cm
●素材:
インナーソール:合成樹脂、アッパー素材:合成繊維・人工皮革、アウター素材:ゴム底
ITEM
アシックス GT-2000 8【レディース】
●サイズ:22.5~26.0cm
●素材:
インナーソール:合成樹脂、アッパー素材:合成繊維・人工皮革、アウター素材:ゴム底

 

▼GT-2000シリーズについて詳しく知りたい人は、こちらの記事もおすすめ

【中級者~上級者向け】アシックスのランニングシューズ

中・上級者向けのアシックスのランニングシューズ

続いて、中級者~上級者におすすめのアシックスのランニングシューズをご紹介します。初心者向けより少しソールの薄めのランニングシューズがおすすめ。より足の裏で路面をしっかりを捉え、力強い走りを実現します。

サブ3を狙うならコレ!「TARTHEREDGE(ターサーエッジ)」

接地時のクッション性と安定性を高め、力強く蹴りだせるサブ3を狙うランナー向けのモデルです。軽くて反発力が高く、フラットなソールなのでエネルギーロスを抑えてしっかりと前に進めます。靴底の前部分のデュオソールによる、グリップ性の高さにも注目。レース本番だけでなく、長い距離を走る練習全般で使えます。

ITEM
アシックス ターサーエッジ【メンズ】
●サイズ:24.5~32.0cm
●素材:
インナーソール:合成樹脂、アッパー素材:合成繊維、アウター素材:ゴム底
ITEM
アシックス ターサーエッジ【レディース】
●サイズ:22.5~26.0cm
●素材:
インナーソール:合成樹脂、アッパー素材:合成繊維、アウター素材:ゴム底

 

▼ターサーエッジについて詳しく知りたい人は、こちらの記事もおすすめ!

▼最新モデル・ターサーRPについてもチェック!

スピード性能とクッション性を両立した「GEL-DS TRAINER 25(ゲルDSトレーナー 25)」

走るのに慣れてきて「初心者卒業」というランナーにおすすめなのが「GEL-DS TRAINER 25」です。風合い豊かなニットアッパーはフィット感があり、通気性も抜群です。優れたクッション性を備えた“FLYTEFOAM”を採用しています。トレーニングからレースまで対応する、スピードランナーにおすすめの軽量モデル。

ITEM
アシックス GEL-DS TRAINER 25【メンズ】
●サイズ:24.5~32.0cm
●素材:
インナーソール:合成樹脂、アッパー素材:合成繊維、アウター素材:ゴム底
ITEM
GEL-DS TRAINER 25【レディース】
●サイズ:22.5~26.0cm
●素材:
インナーソール:合成樹脂、アッパー素材:合成繊維、アウター素材:ゴム底

上級者用!軽さを追求した「SORTIEMAGIC LT2(ソーティマジック LT2)」

「ソーティマジック」は、駅伝からロードレース、マラソンなどトップ選手が履くアシックスの軽量シューズです。SpEVAとFLYTEFOAMを採用しており、軽量で反発力が高くスピードを出しやすいのが特徴で、ハイスピードにも対応できます。その分、ソールが薄いので履きこなすためには強靭な脚の筋肉が求められるなど、上級者向けでもあります。

ITEM
アシックス ソーティマジック LT 2【ユニセックス】
●サイズ:22.5~32.0cm
●素材:
インナーソール:合成樹脂、アッパー素材:合成繊維、アウター素材:ゴム底

 

▼ソーティーマジックシリーズの特徴や違いについて詳細な記事はこちら!

走行効率を追求! 旬デザインの“厚底”モデル

アシックスの厚底モデル

衝撃緩和と推進力アップを叶えてくれるシリーズ。走行効率上げたい方は要チェックです!

普段のランニングでも使える厚底シューズ「METARIDE(メタライド)」

「メタライド」は、アシックスの先進技術を集約した厚底シューズ。屈曲したソールによって効率良い走りを実現&優れたクッション性により快適にランニングできます。前に進んでくれる感覚が新しく、楽しく走れるでしょう。サブ5~完走レベルのランナー向けですが、サブ3を狙うようなランナーのジョグ用としてもおすすめです。

ITEM
アシックス メタライド 【メンズ】
●サイズ:25.5~32.0cm
●素材:
インナーソール:合成樹脂、アッパー素材:合成繊維、アウター素材:合成底
ITEM
アシックス メタライド【レディース】
●サイズ:23.0~26.5cm
●素材:
インナーソール:合成樹脂、アッパー素材:合成繊維、アウター素材:ポリウレタン

▼「メタライド」について、詳しいレビュー記事はこちら!

走行効率とクッション性のバランスが良い「GLIDERIDE(グライドライド)」

クッション性の高さはもちろんのこと、靴底の前部分にカーブを設けることで、効率的に足を前に運ぶ構造に設計されたモデルです。走行時のエネルギー消費を抑えてくれます。サブ4~サブ5レベルのランナーに適していて、ロングジョグやマラソン本番のレースに向いています。

ITEM
アシックス グライドライド【メンズ】
●サイズ:25.5~32.0cm
●素材:
インナーソール:合成樹脂、アッパー素材:合成繊維、アウター素材:ゴム底
ITEM
アシックス グライドライド【レディース】
●サイズ:23.0~26.5cm
●素材:
インナーソール:合成樹脂、アッパー素材:合成繊維、アウター素材:ゴム底

▼アップデートした「グライドライド2」についてはこちら!

厚底&軽量さを追求した「EVORIDE(エヴォライド)」

「メタライド」「グライドライド」と同じ着想を得たシューズで、同シリーズの中では最軽量のモデルです。他2足と比較すると、脚を守る性能は少し低くなりますが、軽量である分スピードを出しやすくなっています。初心者レベルを卒業して、マラソン本番でタイムを追い求めたい方におすすめ。ロングジョグからマラソン本番にも対応しています。

ITEM
アシックス エヴォライド【メンズ】
●サイズ:25.5~32.0cm
●素材:
インナーソール:合成樹脂、アッパー素材:合成繊維、アウター素材:ゴム底
ITEM
アシックス エヴォライド【レディース】
●サイズ:22.5~26.5cm
●素材:
インナーソール:合成樹脂、アッパー素材:合成繊維、アウター素材:ゴム底

リニューアルした「エボライド2」についてはこちら!

カーボン入りのレーシングシューズ「METARACER(メタレーサー)」

「メタレーサー」はアシックス待望のカーボン入り厚底レーシングシューズ。薄いソールのシューズに比べクッション性が高く、マラソンで自己ベストを狙っているランナーに試してほしい1足です。他社のカーボン入り厚底シューズと履き比べてみるのもおすすめ!

ITEM
アシックス メタレーサー メンズ
ITEM
アシックス メタレーサー レディース

 

▼「メタレーサー」について詳しく解説した記事はこちら!

ストライド走法のランナーにおすすめ!メタスピードスカイ

靴に走法を合わせるのではなく、走法で靴を選ぶという全く新しい発想のもと生まれたシューズ。「メタスピードスカイ」は、ストライド走法のランナーに合わせたカーボン入りシューズです。サブ3より早いタイムを狙うランナーにおすすめです。自然とストライドが伸びていくのを感じられるはず。

ITEM
アシックス メタスピード スカイ レディース

ピッチ走法のランナーにおすすめ!メタスピードエッジ

ピッチ走法のサブ3狙いランナーには「メタスピードエッジ」がおすすめ。ピッチを増やしても終盤のダメージが少なくなるように衝撃吸収に優れたソールで走りやすい1足です。

発売は2021年6月を予定しています。

 

▼メタスピードスカイ&エッジについてはこちらの記事もおすすめ!

【あらゆる志向のランナー向け】東京マラソン2020記念モデル

東京マラソン2020の開催を記念し、クッション性と反発性を兼ね備えた3モデルが登場しました。“日本の伝統芸能”をコンセプトにしたシューズは、「ゴールや目標に向かってひたむきに走るランナーの迫力ある姿」をイメージしたもの。ホワイト、レッド、ブラックの3色を大胆に配し、”昂る感情、刻む鼓動”を足元から表現しています。

 

サイドにあしらわれた“TOKYO”のオリジナルロゴがポイントになっています。

GEL-KAYANO 26 TOKYO

GEL-KAYANO 26 TOKYO

GLIDERIDE TOKYO

GLIDERIDE TOKYO

TARTHER JAPAN TOKYO

TARTHER JAPAN TOKYO

本格的なアシックスのランニングシューズ

アシックスのランニングシューズ

出典:Amazon

アシックスのランニングシューズは、初心者から上級者まで幅広くあり、どれも本格的なつくりです。ランニングシューズは足に合っていないと体の故障の原因になるので、試し履きをしてから合うシューズを選んでくださいね!

ランニングシューズ選びに迷ったら…こちらの記事も参考に!

1
   

あわせて読みたい

Cloudflow
Onから3代目Cloudflowが7月8日に発売開始!日本初となるワイドサイズも
スイス発の人気パフォーマンスブランド「On(オン)」から、Cloudflowの3代目モデルが登場し、7月8日から発売開始となります...
RUN HACK編集部
ランニングマシン
アルインコのおすすめランニングマシン5選!お手軽なものから高機能なモデルまで比較紹介
フィットネス器具で有名なアルインコのランニング本格マシンを紹介しています。運動不足が気になっている方や天候を気にせず運動をしたい方...
Nissy
ナイキ フレックス プラス
ナイキのジュニア・キッズ用ランニングシューズ7選!子供の激しい動きにもしっかり対応するモデルを紹介
ナイキのジュニア・キッズ用ランニングシューズを紹介します。成長真っ只中の子供の足には、正しいサイズや優れた機能性で遊びや走りをサポ...
ke2t4
スノーターサー
アシックスのスノーランニングシューズ「スノーターサー」は雪国ランナーの必需品!口コミも紹介
アシックスの雪用ランニングシューズ「スノーターサー」について紹介します。スノーターサーは、雪上でのランニングやマラソン、ジョギング...
bluesnewton
ナイキ フリー ラン フライニット 3.0
ナイキの紐なしシューズならランニングも快適!普段使いにもおすすめなモデルを紹介
ナイキの紐なしランニングシューズを紹介する記事です。紐なしのシューズと言えば、ちょっとした買い物やお出かけなどで使う、サンダル感覚...
ke2t4
RUN HACK編集部
RUN HACK編集部

RUNHACK編集部です。ランニングを始めトレイルラン、フィットネス、筋トレ、ヨガなど、健康な体作りに関する情報を配信しています。