【2020最新】レベル別!モデル豊富なアシックスのランニングシューズを比較紹介

「ランニングシューズといえばアシックス」というイメージの方も多いでしょう。アシックスは日本発のメーカーで、日本国内・国外問わず人気があり、シューズのモデルも多いです。では、どのようなシューズを選べば良いのでしょうか。今回はアシックスのランニングシューズについてまとめました。アシックスのシューズ全般の特徴から、マラソン完走を目指すもの、軽量なもの、話題の厚底シューズまで、おすすめシューズについて紹介します。

記事の目次

  • アシックスとはどんなメーカー?
  • アシックスの長距離シューズに使われている主な技術
  • ランニングシューズを選ぶときのチェックポイント
  • 【ビギナー向け】初めて履くのにおすすめのシューズ
  • 【慣れてきたランナー向け】軽やかに走るのにおすすめのシューズ
  • 【タイムを出したい方向け】マラソン本番でタイムを追い求めるのにおすすめのシューズ
  • 【中級者~上級者モデル】マラソン4時間以内を目指す方向けシューズ
  • 自分にピッタリなシューズを選んでパフォーマンスをアップさせよう!

アイキャッチ画像出典:facebook/アシックス

アシックスとはどんなメーカー?

アシックスはランニングシューズの中でも、世界的に人気があるメーカーです。まずは、アシックスがどのようなメーカーなのか紹介します。

日本発のシューズメーカー『アシックス』

アシックス ランニングシューズ オニツカタイガー

アイキャッチ画像出典:Flickr/Kazuhiro Keino

近年のランニングシューズ事情では、海外メーカーであるナイキやアディダスが目立っていますが、日本のメーカーであるアシックスは長く日本の陸上界を支えています。アシックスのシューズを履いている有名なマラソン選手には、瀬古利彦さん・高橋尚子さん・野口みずきさん・川内優輝選手などがいます。

 

元は「オニツカタイガー」というブランドであり、スポーツ用具メーカーやニットウェアメーカーと統合したことで現在の「アシックス」になりました。オニツカタイガーブランドは現在でも日本だけでなくアメリカなどで人気があります。

世界のトップ選手も認めるランニングギアの『技術力』

アシックス メタレーサー

現在では世界のトップ選手がアシックスのランニングシューズを使っています。マラソン用のランニングシューズでは、ナイキに追随するようにカーボンプレートを内蔵した厚底シューズも開発。エリートランナー向けカーボン内蔵シューズの中では耐久性も高く、陸上・マラソン界に革命を起こすような技術を生み出しています。

アシックスの長距離シューズに使われている主な技術

アシックスの長距離シューズには、独自開発の素材や技術が使われています。シューズ選びの参考になるよう、具体的にどのような技術が使われていることが多いのか見ていきましょう。

衝撃吸収力が優れた「GEL(ゲル)」

アシックス ランニングシューズ GEL

独自で開発された「GEL」はクッション性が高い素材で、ランニングの衝撃を吸収し身体にかかる負担を軽減できます。初心者の方でも、長距離を快適に走ることができるのでロングジョグ用のシューズとしておすすめ。シューズのモデルによってGELが使われている位置が変わるので、目的に合わせてシューズを選びやすいのも特徴です。

接地の衝撃を反発力に繋げる「SpEVA(スピーバ)」

アシックス ランニングシューズ SpEVA(スピーバ)

「SpEVA」はクッション性と反発力が高い素材です。脚を衝撃から守り衝撃の力を推進力に変換できる技術であり、レース用のシューズに使われていることが多いです。GELが使われたシューズよりも軽量で比較的薄型のシューズに使われており、効率良くランニングできます。

軽量性と弾性を併せ持つ「FLYTEFOAM(フライトフォーム)」

アシックス ランニングシューズ FLYTEFOAM(フライトフォーム)

「FLYTEFOAM」はクッション性が高く軽い素材です。初心者用のジョギングシューズからトップ選手が履く軽量なシューズまで、幅広く使われています。クッション性を高めるために厚底にしても、シューズを軽くできるのが最大の特徴です。

ランニングシューズを選ぶときのチェックポイント

アシックスはランニングシューズのメーカーの中でも、特に商品数が多いのも特徴の1つです。自分にピッタリなシューズを選ぶためにも、どのようなポイントに注目すれば良いのが紹介します。

ランニングのレベルに合わせて選ぼう!

ランニング レベル

出典:PIXTA

ランニングシューズを選ぶときは、マラソンのタイム(自己ベスト・予想タイム)ランニング歴に合わせてシューズを選ぶことが大切です。例えば、初心者は脚ができていないので、シューズが重く感じてもクッション性が高く脚を守れるものが適しています。

 

反対に、ランニングに慣れて脚ができてきたら、軽量で衝撃に耐えられるシューズを履いてもしっかり走れるようになります。

 

アシックスの場合は「GEL」を使ったシリーズを最初に履き、慣れてきたら「FLYTEFOAM」を使ったシューズを試してみるのがおすすめです。

サイズ選びはきつすぎないものを!

アシックス ランニングシューズ サイズ

ランニングシューズのサイズを選ぶときは、きつすぎるものより少し余裕があるものの方がおすすめです。人の足は時間帯によって足の大きさが異なります。これは、起きてから時間が経過すると足に血液などが溜まるからであり、0.5cm~1.0cmほどの差が出ます。

 

足の大きさピッタリのものを購入してしまうと、シューズがきつく感じてしまうことがあるので、自分の足に合ったもの(0.5cmほど大きいもの)を選ぶと良いでしょう。

 

特にアシックスの場合、ワイドモデルのシューズも多く展開しているので、足の長さだけでなく足幅の広さもチェックしましょう。

できれば試し履きをしよう

アシックス ランニングシューズ 試し履き

シューズ選びで失敗したくない場合は、できるだけ試し履きをするのがおすすめです。モデルによってアッパー(足の甲の部分)の硬さが変わってくるので、同じサイズでも履き心地は違ってきます。

 

試し履きをするときは、次のポイントをチェックしてみましょう。

 

●足の甲がフィットしているか?

きついと血行が悪くなり、ゆるいとマメができる原因になります。

 

●つま先は自由に動くか?

足の指が動かせないほどきついと、足を痛めたり骨に悪影響を及ぼすこともあります。

 

●アーチの部分に違和感はないか?

土踏まずの部分がフィットしていないと、ズレてマメができる原因になります。

 

●かかとが浮かないか?

シューズを履いたときにかかとが浮いてしまうと、接地時に不安定でバランスを崩しやすく危険です。

アシックスストアで自分に合うシューズを見つけよう

アシックス プロネーションテスト

自分でランニングシューズを選ぶ自信がない方や、自分にピッタリなシューズが欲しい方は、アシックスストアを利用してみるのもおすすめです。一部のアシックスストアでは、足の計測を無料で実施しており、シューズ選びのアドバイスやランニング能力測定なども受けられます。

 

脚の計測を行えるのは以下の店舗です。近くに実施店があれば是非活用してみてください。

 

【アシックスストア】

●東京

●原宿

●丸の内

●大阪

●心斎橋

●神戸

脚の計測(プロネーション判定)ができるストア一覧はこちら

【ビギナー向け】初めて履くのにおすすめのシューズ

初心者の方やマラソン完走~4時間までの方は、クッション性が高いシューズを選ぶのがおすすめです。ここからはビギナー向けのおすすめシューズを紹介します。

川内優輝選手が練習で愛用している『GEL-KAYANO』

『GEL-KAYANO』はクッション性と安定性を高めたシューズで、初心者でも履きやすく、一歩ずつ踏みしめて走れれるのが特徴です。脚をしっかり守れるので、初心者のジョギングから、レースと同じペースで走る練習に適しています。川内選手などトップ選手も、普段のジョグなど練習用としても愛用している人気モデルです。

ITEM
アシックス GEL-KAYANO 26【メンズ】
●サイズ:24.5~32.0cm
●素材:
インナーソール:合成樹脂、アッパー素材:合成繊維、アウター素材:ゴム底
ITEM
アシックス GEL-KAYANO 26【レディース】
サイズ:22.5~26.5cm
●素材:
インナーソール:合成樹脂、アッパー素材:合成繊維、アウター素材:ゴム底

日本人の足に合わせて作られた『GT-1000 9』

『GEL-KAYANO』と同様に、クッション性が高く安心して走れる『GT-1000 9』。GELを地面に近い下層に配置することで、クッション性が高くなり弾むように走れます。初心者の方であれば練習全般からレースまで、上級者の方でもジョグ用のシューズとしておすすめです。

ITEM
アシックス GT-1000 9【メンズ】
●サイズ:24.5~32.0cm
●素材:
インナーソール:合成樹脂、アッパー素材:合成繊維・人工皮革、アウター素材:ゴム底
ITEM
アシックス GT-1000 9【レディース】
●サイズ:22.5~26.5cm
●素材:
インナーソール:合成樹脂、アッパー素材:合成繊維・人工皮革、アウター素材:ゴム底

汎用性が高いロングセラーモデル『GT-2000 8』

『GT-2000 8』も『GT-1000 9』と同じようにクッション性が高いモデル。脚にかかる負担を軽減するため、ロングジョグにおすすめ。軽量性とクッション性に優れたFLYTEFOAMを搭載しているので軽やかに走れるのも特徴です。『GT-1000 9』と比較すると、足幅が広いモデルも展開しています。

 

ITEM
アシックス GT-2000 8【メンズ】
●サイズ:24.5~30.0cm
●素材:
インナーソール:合成樹脂、アッパー素材:合成繊維・人工皮革、アウター素材:ゴム底
ITEM
アシックス GT-2000 8【レディース】
●サイズ:22.5~26.0cm
●素材:
インナーソール:合成樹脂、アッパー素材:合成繊維・人工皮革、アウター素材:ゴム底

【慣れてきたランナー向け】軽やかに走るのにおすすめのシューズ

ランニングに慣れてきた方であれば、脚を守るクッション性能と弾むような反発力があるシューズを選ぶのがおすすめです。ここからは軽やかに走るのにおすすめのシューズを紹介します。

雲の上で走っているような履き心地の『GEL-NIMBUS22』

アシックスの「GEL」と「FLYTEFOAM」を融合させて、衝撃を和らげるクッション性と弾む反発性を兼ね備えたシューズです。コンセプトは「雲の上で走っているような履き心地」で、厚底のガッチリとした作りですが軽やかに走れます。初心者の方の普段のジョグからレースにまで対応し、走るのが楽しくなるようなシューズです。

ITEM
アシックス GEL-NIMBUS22【メンズ】
●サイズ:24.5~32.0cm
●素材:
インナーソール:合成樹脂、アッパー素材:合成繊維・人工皮革、アウター素材:ゴム底
ITEM
アシックス GEL-NIMBUS22【レディース】
●サイズ:22.5~26.0cm
●素材:
インナーソール:合成樹脂、アッパー素材:合成繊維・人工皮革、アウター素材:ゴム底

「はずむ、楽しい」新感覚シューズ『NOVABLAST』

『NOVABLAST』はFLYTEFOAMを全面に採用したモデル。トランポリンから着想を得たシューズでありクッション性・弾性が高いのが特徴です。コンセプトは「いつもの道をはずませよう。」なので、楽しくランニングしたい方、脚の負担を抑えて怪我を予防したい方におすすめ。

ITEM
NOVABLAST メンズ
●サイズ:24.5~32.0cm
●素材:
インナーソール:合成樹脂、アッパー素材:合成繊維、アウター素材:ゴム底
ITEM
NOVABLAST レディース
●サイズ:22.5~26.0cm
●素材:
インナーソール:合成樹脂、アッパー素材:合成繊維、アウター素材:ゴム底

普段のランニングでも使える厚底シューズ『メタライド』

『メタライド』はアシックスの先進技術を集約した厚底シューズ。屈曲したソールによって効率良い走りを実現&優れたクッション性により快適にランニングできます。前に進んでくれる感覚が新しく、楽しく走れるでしょう。サブ5~完走レベルのランナー向けですが、サブ3を狙うようなランナーのジョグ用としてもおすすめです。

ITEM
メタライド メンズ
●サイズ:25.5~32.0cm
●素材:
インナーソール:合成樹脂、アッパー素材:合成繊維、アウター素材:合成底
ITEM
メタライド レディース
●サイズ:23.0~26.5cm
●素材:
インナーソール:合成樹脂、アッパー素材:合成繊維、アウター素材:ポリウレタン

走行効率とクッション性のバランスが良い『グライドライド』

『メタライド』の走行性能をそのままに、より軽さやクッション性を重視して設計されたモデルです。ソールはカーブしていて、まるで転がるような感覚で走れます。サブ4~サブ5レベルのランナーに適していて、ロングジョグやマラソン本番のレースに向いています。

ITEM
グライドライド メンズ
●サイズ:25.5~32.0cm
●素材:
インナーソール:合成樹脂、アッパー素材:合成繊維、アウター素材:ゴム底
ITEM
グライドライド レディース
●サイズ:23.0~26.5cm
●素材:
インナーソール:合成樹脂、アッパー素材:合成繊維、アウター素材:ゴム底

【タイムを出したい方向け】マラソン本番でタイムを追い求めるのにおすすめのシューズ

マラソンでタイムを追い求めるならシューズ自体の軽量さも重要です。ここからは軽量で走りやすいおすすめシューズを紹介します。

厚底&軽量さを追求した『エヴォライド』

『メタライド』・『グライドライド』と同じ着想を得たシリーズであり、同シリーズの中では最軽量のモデルです。同シリーズの中では脚を守る性能は低くなりますが、軽量である分スピードを出しやすくなっています。初心者レベルを卒業して、マラソン本番でタイムを追い求めたい方におすすめ。ロングジョグからマラソン本番にも対応しています。

ITEM
エヴォライド メンズ
●サイズ:25.5~32.0cm
●素材:
インナーソール:合成樹脂、アッパー素材:合成繊維、アウター素材:ゴム底
ITEM
エヴォライド レディース
●サイズ:22.5~26.5cm
●素材:
インナーソール:合成樹脂、アッパー素材:合成繊維、アウター素材:ゴム底

スピード性能とクッション性、フィット感を両立した『GEL-DSトレーナー25』

走るのに慣れてきて「初心者卒業」というランナーにおすすめなのが『GEL-DSトレーナー25』。クッション性が高く安全に走れるだけでなく、フィット感も高いので履き心地も良いでしょう。FLYTEFOAMを使用することで軽くなり、スピードを出しやすい設計になっています。上級者のランナーもジョグ用のシューズとして適しています。

ITEM
GEL-DSトレーナー25 メンズ
●サイズ:24.5~32.0cm
●素材:
インナーソール:合成樹脂、アッパー素材:合成繊維、アウター素材:ゴム底
ITEM
GEL-DSトレーナー25 レディース
●サイズ:22.5~26.0cm
●素材:
インナーソール:合成樹脂、アッパー素材:合成繊維、アウター素材:ゴム底

【中級者~上級者モデル】マラソン4時間以内を目指す方向けシューズ

マラソンでタイムを追求しサブ3を狙う方であれば、軽量さを追求した走行性能が高いシューズを選ぶのがおすすめです。ここからはマラソンで4時間以内を目指す方向けのシューズを紹介します。

グリップ力が高く走りやすい『ターサージール』

ソールにはグリップが多く配置しているので、地面を掴むような感覚で走れるシューズ。FLYTEFOAMを使用しているので、軽量で反発性も高くほど良いクッション性があるので長距離のランニングにも適しています。マラソン本番と同じペースで走る練習でも感覚を掴みやすいのでおすすめです。

ITEM
ターサージール【メンズ】
●サイズ:24.5~32.0cm
●素材:
インナーソール:合成樹脂、アッパー素材:合成繊維、アウター素材:ゴム底
ITEM
ターサージール【レディース】
●サイズ:22.5~26.0cm
●色:5色
●素材:
インナーソール:合成樹脂(SpEVA)、アッパー素材:合成繊維・合成皮革、アウター素材:合成底(ウレタン)+ゴム底

 

サブスリーを狙うならコレ!『ターサーエッジ』

サブ3レベルの日本人の足型を追求し、スピードを出せるように作られたシューズです。軽くて反発力が高く、フラットなソールなのでエネルギーロスを抑えてしっかりと前に進めます。中足部全体にグリップが広がっているので、地面を捉えられるので走りやすいです。レース本番だけでなく、長い距離を走る練習全般で使えます。

 

ITEM
ターサーエッジ【メンズ】
●サイズ:24.5~32.0cm
●素材:
インナーソール:合成樹脂、アッパー素材:合成繊維、アウター素材:ゴム底
ITEM
ターサーエッジ【レディース】
●サイズ:22.5~26.0cm
●素材:
インナーソール:合成樹脂、アッパー素材:合成繊維、アウター素材:ゴム底

上級者用!軽さを追求した『ソーティマジックLT』

『ソーティマジック』は駅伝からロードレース、マラソンなどトップ選手が履くアシックスの軽量シューズです。SpEVAとFLYTEFOAMを採用しており、軽量で反発力が高くスピードを出しやすいのが特徴で、ハイスピードにも対応できます。その分、ソールが薄いので履きこなすためには強靭な脚の筋肉が求められるなど、上級者向けでもあります。

ITEM
ソーティマジック LT 2【ユニセックス】
●サイズ:22.5~32.0cm
●素材:
インナーソール:合成樹脂、アッパー素材:合成繊維、アウター素材:ゴム底

 

 

ここまで紹介したシューズをクッション性と反発力、目標とするフルマラソンのタイムで分けてまとめてみました。

 

アシックス ランニングシューズ チャート

作成:記助

クッション性が高いシューズは、脚ができていない方や普段から長い距離を走る方にとっては、脚の負担を軽減できるので怪我をしにくくなりますが、その分重くなる傾向があります。

 

反発力が高いとクッション性を重視したモデルより負担を軽減できる力は減りますが、推進力を得やすく快適に前進できます。各シューズのバランスを考えて自分に合ったシューズを選んでみてくださいね。

自分にピッタリなシューズを選んでパフォーマンスをアップさせよう!

アシックス ランニングシューズ

アシックスは日本が世界に誇る最先端の技術を使ったシューズメーカーです。展開しているシューズの種類は多いので、特徴や選び方を把握して自分に合ったものを選ぶことが大切です。自分に合ったシューズを選べば、パフォーマンスアップに繋がるだけでなく怪我予防にもなります。気になる方は一度試しばきをし、アシックスのランニングシューズについて知り、ランニングの質を追い求めましょう。

ランニングシューズ選びに迷ったら…こちらの記事も参考に!

紹介されたアイテム

アシックス GEL-KAYANO 26【…
アシックス GEL-KAYANO 26【…
サイトを見る
アシックス GT-1000 9【メンズ】
アシックス GT-1000 9【レディー…
サイトを見る
アシックス GT-2000 8【メンズ】
アシックス GT-2000 8【レディー…
サイトを見る
アシックス GEL-NIMBUS22【メ…
アシックス GEL-NIMBUS22【レ…
NOVABLAST メンズ
NOVABLAST レディース
メタライド メンズ
サイトを見る
メタライド レディース
サイトを見る
グライドライド メンズ
グライドライド レディース
エヴォライド メンズ
サイトを見る
エヴォライド レディース
サイトを見る
GEL-DSトレーナー25 メンズ
GEL-DSトレーナー25 レディース
ターサージール【メンズ】
ターサージール【レディース】
ターサーエッジ【メンズ】
ターサーエッジ【レディース】
ソーティマジック LT 2【ユニセックス…
   

あわせて読みたい

坂道を走る男性
「坂道ダッシュ」で勝負強い体に!効果を最大限に高める方法や意識したいポイントも
短距離からマラソンまで、さまざまな種目の定番トレーニングである「坂道ダッシュ」。坂道ダッシュはかなりハードですが、キツい分、効果が...
記助
体幹トレーニングをする女性
「インナーマッスル」を鍛えてカラダ改革!自宅でできる部位別トレーニング5選
「インナーマッスル」って何のこと?どうやって鍛えるの・・・?よく耳にすることでも、いざ自分以外の誰かに説明しようとすると難しいもの...
m_fitness
R×L アールエル
トレイルランニングでは、シューズと同じくらい「靴下」にもこだわるべし!走りが快適になる靴下の選びかた
トレイルランニングに最適なソックスの選び方や、おすすめの靴下を紹介している記事です。トレランは未舗装の路面を走るため、コース上には...
ke2t4
1日たった20分でみるみる体が変わる!「サーキットトレーニング」は自宅でできる手軽さが魅力
運動といってもマシンを使ったものやランニング、ヨガなど様々なものがありますが、その中でも日本人の生活スタイルにあった運動が「サーキ...
natsumi0316
短距離走のレース
悩めるスプリンター必見!短距離に使えるランニングシューズはこれだ!
ランニングシューズというと、マラソンなどの長距離をイメージする方が多いかもしれません。しかし、軽量で反発力が高いモデルは短距離向け...
記助
記助
記助

元800mランナー。100mからマラソンまで、観戦するのも走るのも好きです。楽しく走る方法や速く走るためのトレーニングを主に公開するので、お役に立てたら幸いです。